cotta column

桜あんを無駄なく楽しむ♪桜スイーツのアイデアレシピ

date
2019/04/02
writer
an
category
お菓子作り

春といえば桜スイーツ

春、桜のお菓子を作るための材料をそろえている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
とはいえ、桜の季節は短いですし、なにかと慌ただしい時期。

今回は、複雑な工程が少なく時間がない中でも作れる、桜あんを使ったスイーツレシピを3種類ご紹介します。
おやつにぴったりな、桜あんを使ったアイデアが満載です♪

春スイーツを彩る桜あん

桜あんは、白あんに桜葉ミンチをたっぷり練り込んだ、あっさりとした甘みが特徴。
桜の葉のさわやかな香りを楽しめます。

春らしいきれいな桜色をしたあんは、あんぱんやムースなどさまざまなパンやお菓子におすすめです。

cottaさんでは一度使ってみるのにちょうど良い250g入りのものや、たっぷり使える1kg入りのものが販売されていますよ。

桜あんのごま団子

そのまま食べてもおいしい桜あん。
大福やたい焼きなどのあんを桜あんにすれば、たちまち春向けのスイーツに。

包むだけで桜味にできるこの方法は、いちばん手軽なアイデアです。
その中でも私のおすすめは、お茶請けにぴったりなごま団子。
揚げたてを食べられるのは、手作りならではですね。

材料(約4cmサイズ10個分)

  • 白玉粉…100g
  • 水…85g
  • 上白糖…20g
  • 桜あん…100g
  • 白ごま…約40g
  • 揚げ油…適量

作り方

  1. 桜あんを10等分して丸める。

    *もしベタついて丸めにくく感じる場合は、先に冷凍庫で冷やしておくと扱いやすくなります。
  2. 白玉粉と上白糖をよく混ぜ合わせてから、水を加えてなめらかになるまで練る。
  3. 2を10等分する。
  4. 3の白玉生地で1の桜あんを包み、白ごまを表面にまんべんなく付ける。
  5. 低温(150℃前後)に熱した揚げ油に生地を入れ、優しく転がしながら5分間ほど揚げる。

    揚げ油は、少なくとも生地を入れたときにかぶるくらいの量が必要です。
    生地が膨らんで浮いてくるまで油の中で転がすことで、ごまにまんべんなく色が付き、形も丸く整います。

    揚げ上がりの目安

    • 油から団子が浮いてきて、表面のごまが薄く色付く。
    • 団子がしっかりと丸く膨らむ。
    • ごまの間から見える団子が真っ白ではなくやや半透明になる。

    *油が高温だと底が焦げ付いたり生地が割れて破裂したりする場合があります。
    もし温度が上がりすぎた場合は、火を止めるなどして調整してください。

    *揚げ加減が足りないと、生地を引き上げたあとでしぼみやすくなります。

  6. 完成!

桜のマドレーヌ

焼き菓子の生地に混ぜ込んで、桜の風味を付けるのもおすすめです。
ここではシンプルなマドレーヌの作り方をご紹介。
マドレーヌ生地に桜あんを加えて焼くと、しっとりと仕上がります。

桜の葉や花びらの塩漬けを塩抜きして刻んだものや、桜リキュールを加えると、より桜の風味を強く楽しむことができますよ。

材料(35ml容量の型7個分)

  • 卵…Mサイズ1個
  • グラニュー糖…30g
  • 桜あん…65g
  • 薄力粉…50g
  • ベーキングパウダー…1g
  • 無塩バター…50g
  • 食紅…好みで少量

準備

  • バターを小鍋やレンジなどで溶かす。
  • 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。
  • 型に分量外の油ややわらかく練ったバターを薄く塗っておく。

作り方

  1. 泡立て器で卵をほぐしてグラニュー糖を加え、よくすり混ぜてなじませる。
  2. 桜あんとふるっておいた粉類を加え、さらに混ぜる。
  3. 粉気がなくなってきたら溶かしバターを加えて混ぜ込む。

    食紅を数滴の水で溶き、様子を見ながら少しずつ加えて好みの濃さに着色する。
  4. 3のボウルにラップをして、1時間冷蔵庫に入れて休ませる。
    冷蔵庫から出す前にオーブンを180℃に予熱する。
  5. 生地を絞り袋に入れて、型に絞り出す。
  6. 予熱が終了したオーブンで15分間ほど焼く。
    *オーブンや型により、焼成時間や温度を調整してください。
  7. 生地が膨らんで表面や縁に焼き色が付き、竹串をさしてみて生地が付いて来なければOK。
    中央まで火が通っているのでオーブンから取り出す。
  8. 型から外して完成!

桜のロールケーキモンブラン

ロールケーキに一工夫して、春のモンブランを作ってみませんか。
ロールケーキは市販のものでも、手作りでもOK。

クリームの分量は目安ですので、ロールケーキの大きさに合わせて量を調整してください。

今回はプレーンタイプのロールケーキを使いましたが、抹茶味のものを使えば和風に仕上げることもできます。

材料(5個分)

  • ロールケーキ…5切れ
  • 桜あん(中に入れる用)…70g
  • 生クリーム…50g
  • グラニュー糖…5g
  • 桜あん(モンブランクリーム用)…45g
  • 生クリーム(モンブランクリーム用)…60g
  • リキュール…3g
  • 食紅…微量

作り方

  1. 中に入れる用の桜あんを5等分して丸める。
  2. 生クリームとグラニュー糖を8分立てにして、1cmの丸口金を付けた絞り袋に入れる。
  3. モンブランクリーム用の桜あん・生クリーム・リキュールを合わせる。

    *リキュールは入れなくても作ることができますが、加えたほうが色と風味が増します。
  4. 食紅を数滴の水で溶き、様子を見ながら3に加え、好みのピンク色に着色する。

    8分立てに泡立てる。
  5. モンブラン用の口金を付けた絞り袋に4のクリームを入れる。
  6. ロールケーキは横に倒した状態で、トレーや盛り付ける皿などにのせる。

    中央に1の丸めた桜あんをのせる。
  7. 2で作ったクリームを桜あんの周りに絞り出す。
  8. 7のクリームの周りに5のモンブランクリームを絞り出す。
  9. 完成!
    断面は画像のようになります。

桜あんで気軽に桜スイーツを楽しもう

桜あんは、桜味のお菓子を作りたいときに取り入れやすい材料です。
少し疲れやすい季節の変わり目も、華やかな桜色のスイーツで一息ついて乗り切りたいですね。

【おすすめの特集】桜のお菓子桜のお菓子特集はこちら
date
2019/04/02
writer
an
category
お菓子作り

自家焙煎珈琲専門店にて、焼き菓子作りやレシピ作成等を担当中。コツやポイントの理由を明確にしたレシピ作成を心がけています。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

紫陽花の練り切りで梅雨を楽しもう

練り切りで季節を作ろう 練り切りは、日本の美しい四季を表すのにピッタリです。 もうすぐやってくる『梅雨』。 といえば…『紫陽花』。 今回は、梅雨の時期に作りたい、紫陽花の練り切りの成形方法をご紹介します。 練り切りあんの ...

関西風桜餅、道明寺の作り方

春の和菓子、桜餅 春めいてくると食べたくなる和菓子といえば、桜餅ではないでしょうか。 桜餅には、関西風の「道明寺」と関東風の「長命寺」があります。 どちらもそれぞれにおいしいですが、今回は、もっちりとしたお餅とあんの組み ...

かため?やわらかめ?おすすめプリンの作り方

どんなプリンが好きですか? 今も昔もプリンはおやつの王道。シンプルだからこそ、こだわりのある人は多いのではないでしょうか。 あなたはかため派ですか?やわらかめ派ですか? 今回は、かためプリンとやわらかめプリンのレシピと、 ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。