cotta column

クリップシーラーの使い方とメンテナンス方法

date
2020/07/08
writer
わかな
category
お菓子作り

クリップシーラーを使いこなそう♪

手作りのお菓子・パンのラッピングや、食材の保存に便利なクリップシーラー。
cottaでも人気のアイテムのひとつです。

今回は、クリップシーラーの詳しい使い方と、メンテナンス方法をご紹介。
ご購入を検討中の方にも、すでにお持ちの方にも、便利に長く使っていただける情報をお届けします。

クリップシーラーとは

クリップシーラーとは、お菓子や食材の入った袋を熱で圧着して密封できる電気製品。

使い方は簡単。
シーラーで袋の開け口を挟み、ボタンを押すだけ。

手軽に使えるので、お菓子やパンのラッピングだけでなく、開封済みの食品の保存などにも◎

おすすめのアイテム
クリップシーラー Z-1

クリップシーラーのおすすめポイント

2wayで使える

クリップシーラーは手で持って使っても、置いて使ってもOK!
使う場所や留める個数によって、より作業効率の良いほうを選ぶことができます。

時間調整できるタイマー付き

クリップシーラーはタイマー付き。
圧着する袋の厚さによって、熱する時間を調整できます。

通常の厚さのガス袋なら、3~4秒間くらいを目安に。
OPPなどの薄い袋は、1秒間程度でもOK。長い時間行うと袋が溶けてしまいます。
様子を見て調整してくださいね。

クリップシーラーの使い方

手で持って使う方法

  1. バネを写真の位置に設置する。
  2. 片手でクリップ部分を握り、クリップシーラーを開いて袋を挟む。
  3. ボタンを押しっぱなしにし、赤いランプが消えればOK。

日常使いでは、手で持って使うのが場所も取らず、素早くできて便利です。

台に置いて使う方法

  1. バネを外して、写真の位置に設置する。
  2. 作業台に置くと、クリップシーラーが開いたまま固定される。
  3. 袋を置き、クリップシーラーを押して閉じる。
  4. ボタンを押しっぱなしにし、赤いランプが消えればOK。

お菓子のラッピングなど、ある程度の数を留めるときは、置いて作業すると効率よく進めることができます。

きれいに仕上げるコツ

袋をきちんとのばして挟む

シーラーする袋は、しわが寄らないように整えて挟みましょう。

しわがあると袋が重なってしまい、きちんと圧着することができません。

ランプが消えてもすぐに触らない

ボタンを押して赤いランプが消えたら、2秒くらい待ってから触りましょう。
すぐに触ると、熱で接着された部分がずれてしまうかもしれません。

クリップシーラーのメンテナンス方法

クリップシーラーは、ヒーターとヒーター線を覆うテープを交換することができます。

特に、ヒーター線をカバーするテフロンテープは、熱で袋がこびりつくのを防ぐ役割のある消耗品。本体を購入した際に2本付属しています。

使っていると焦げてくるので、下の写真のように黒くなっていたら交換してくださいね。

交換用テープは別売りのものもあります。

テフロンテープの交換方法

  1. 本体からテフロンテープを剥がす。
  2. *普通のテープのように簡単に剥がすことができます。

  3. ヒーター部分を覆う長さにテープをカットして、本体に貼り付ければ交換完了。

メンテナンスしながら長く使おう!

クリップシーラーの使い方とメンテナンス方法、いかがでしたか?

持っていると、毎日の生活に欠かせなくなるクリップシーラー。
簡単に使える便利なアイテムなので、メンテナンスしながら長く使ってくださいね。

【おすすめの特集】クリップシーラークリップシーラーの特集はこちら
date
2020/07/08
writer
わかな
category
お菓子作り

お菓子作りと猫と写真が大好きです!趣味でお菓子作りをしています。
美味しく可愛く笑顔になれるお菓子を目指しています。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

スコーンとの違いは?ビスケットのレシピ

違いはあるの?ビスケットとスコーン スコーンとよく似たお菓子、ビスケット。「ホットビスケット」と呼ばれることもありますね。 この2つのお菓子は、どこが違うのかご存じでしょうか? 今回は、いろいろなビスケットとスコーンのレ...