cotta column

割れずにふんわり♪ビスキュイロールケーキのレシピ

date
2020/12/11
writer
shizuka
category
お菓子作り

見た目も華やか♪ビスキュイロールケーキ

メレンゲと卵黄を混ぜ合わせて作るビスキュイ生地で作るロールケーキは、サクッとした表面とふんわり軽い食感が魅力。

シンプルな材料で作ることができるビスキュイ生地ですが、薄く焼き上がったり、巻くと割れてしまったりというお悩みも多いのでは?

今回は、ビスキュイロールケーキのレシピと共に、よくあるビスキュイ生地の失敗の原因を解説します。

ビスキュイロールケーキのレシピ

ビスキュイ生地を焼く

材料(27cm×27cmの天板一枚分)

  • 卵白(Lサイズ)…2個分
  • 卵白用グラニュー糖…45g
  • 乾燥卵白(なくても可)…0.5g
  • 卵黄(Lサイズ)…2個分
  • 卵黄用グラニュー糖…10g
  • 薄力粉…55g
  • 粉糖(上掛け用)…適量

下準備

  • 卵白用グラニュー糖に乾燥卵白を合わせて、よく混ぜておく。
  • 卵白は使う直前までしっかり冷やしておく。
  • 薄力粉はふるっておく。
  • オーブンを190℃に予熱する。
  • 絞り袋に10mmの丸口金をセットしておく。
  • ロールケーキ天板にオーブンシートをセットしておく。
  • *写真のように一度シートを三角形に折って、折り目をつけておくと絞り出しの際の目安になるので◎

作り方

  1. ボウルに卵黄と卵黄用グラニュー糖を入れ、ハンドミキサー中速で白っぽくマヨネーズ状になるまで混ぜる。
  2. 別のボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーを低速で20秒間ほど回し、卵白のコシを切る。
  3. 中高速に切り替え、全体的にふんわり泡立つまで混ぜる。

  4. 卵白にボリュームが出たら卵白用グラニュー糖を3回に分けて加え、しっかりしたメレンゲを作る。
  5. 卵黄のボウルにメレンゲの半分を加え、ゴムベラでしっかりと混ぜ合わせる。
  6. 4のボウルに薄力粉を2回に分けて加え、その都度底から返すようにしっかり、粉気がなくなるまで混ぜ合わせる。
  7. メレンゲのボウルに卵黄生地を入れ、ゴムベラを底から大きく返しながら、手早く優しく混ぜ合わせる。
  8. 絞り袋に生地を入れ、オーブンシートに絞っていく。
  9. 1本目をシートの折り目に沿って絞り、それを基準に均等な力加減で絞っていく。

  10. 粉糖を茶こしでふるい、水分で粉糖が溶けたらもう一度満遍なくふるう。
  11. 190℃に予熱したオーブンで13分間焼成する。
  12. 焼き上がったらすぐ、別のオーブンシートの上にひっくり返して底のシートを剥がす。
  13. 再度上下を返し、上からオーブンシートをかぶせて完全に冷ます。

仕上げ

材料

  • 生クリーム…120g
  • 砂糖…15~20g

作り方

  1. 生クリームに砂糖を入れ、かために泡立てる(9分立て)。
  2. 焼き目を裏にし、クリームを塗る。
  3.  
    クリームのみ巻く場合
    手前にクリームを盛るようにし、巻き終わりのほうを薄めに塗る。
    *手前に盛ったクリームを巻くときの芯にする。

    フルーツを巻き込む場合
    巻き終わりのほうのクリームを薄めに塗り、断面がきれいに出るようにフルーツを配置する。
    *手前に置いたフルーツを巻くときの芯にする。

  4. 芯がしっかり作れたら、オーブンシートを奥へスライドさせるようにして巻いていく。
  5.  
    オーブンシートで包んだまま、定規などを使ってキュッと締め、テープで留めて冷蔵庫に入れ2時間ほど冷やす。

  6. カットしたら出来上がり♪

「サクふわ♪少ない材料で基本のビスキュイロール」の詳しいレシピページはこちら

ビスキュイ生地が失敗する理由

少ない材料で作ることができるビスキュイ生地。
よくある失敗の理由を解説します。

ボリュームが出ないのはなぜ?

ビスキュイ生地のボリューム不足の主な原因は、「混ぜすぎ」です。

しっかり混ぜなければと思うほど混ぜすぎてしまい、どんどんメレンゲがつぶれてしまいます。
こうなった生地を絞り出すと横に広がり、焼いてもボリュームがでません。

下の画像、右の生地に比べると左はボリュームが少ないのがわかりますね。

混ぜ合わせる際は、生地をボウルの底からゴムベラで大きく返し、手早くしっかり、だけど優しく混ぜ合わせるようにしましょう。

生地が割れるのはなぜ?

ビスキュイ生地をいざ巻こうとしたら、割れてしまった…!なんてことありませんか?
生地が割れる主な原因は、「焼きすぎ」です。

粉糖を振りかけて焼くビスキュイ生地は、表面に細かな“ちりめん割れ”が起きることがあります。ですが、画像のように生地自体がばっくり割れてしまう場合は、焼きすぎが原因。

ビスキュイ生地は、適度にしっとりとしていて柔軟性があり、かつ表面はべたついていないのが理想。
レシピの焼成時間はあくまで目安に。お持ちのオーブンに合った時間を探ってみて。

ビスキュイロールを作ってみよう

少ない材料で思い立ったらすぐに作ることができるビスキュイロールケーキ。
巻き込むフルーツでアレンジもでき、見た目もかわいらしいのでお持たせにも喜ばれそう♪

ポイントを押さえて、ぜひチャレンジしてみてください!

【おすすめの特集】ロールケーキレシピロールケーキレシピの特集はこちら
date
2020/12/11
writer
shizuka
category
お菓子作り
shizuka

お菓子作りが大好きな、三人姉妹の母です。
おうちのキッチンでも美味しく本格的なお菓子が作れるよう日々奮闘しています。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

七夕の練り切りに願いを込めて☆

もうすぐ七夕! 梅雨から夏に向かうこの時期も、ご紹介したい練り切りがたくさんあります♪ 今回、悩んだ末に七夕をイメージして織姫と彦星、変わり種でスイカの練り切りの成形方法をご紹介することにしました! 「基本の練り切りあん...

マリトッツォ風♪生シフォンケーキのレシピ

生シフォンをマリトッツォ風に仕上げよう! たっぷりのクリームをサンドした見た目のインパクトと、コロンとしたかわいらしいフォルムが魅力のマリトッツォ。今や大人気のおやつのひとつです。 マリトッツォは、バターと卵たっぷりのリ...