cotta column

カスタードの作り方いろいろ

date
2017/02/27
writer
よーちんママ
category
お菓子作り

カスタードクリーム、フランス語でいうとクレーム・パティシエール。

バニラが香るとろ〜りと甘いクリームは大好きな人も多いのでは。材料も卵黄、砂糖、牛乳、薄力粉、と家にあるものでできます。

だけど、カスタードクリームを作るのってなぜか敷居が高く感じちゃうんですよね。失敗しがちだから?手間がかかるから?卵黄しか使わなくて卵白が余っちゃうから?

そこで、今回は「基本の作り方」、「レンジ使用」、「全卵使用」の3つの方法で作ってみました。ぜひ自分にあった作り方を見つけて下さい。
20170224_yochinmama_13

基本のカスタードクリーム

材料

・卵黄・・・2個
・グラニュー糖・・・50g
・薄力粉・・・20g
・牛乳・・・200cc
・バニラビーンズ・・・1/2本

作り方

1.小鍋に牛乳とさやからだしたバニラビーンズを入れ、沸騰直前まで温めます。
20170224_yochinmama_2
 
 
2.ボウルに卵黄を入れてときほぐし、砂糖を一度に加えて白っぽくなるまですり混ぜます。
【Point1】卵黄にグラニュー糖を混ぜると、卵の凝固を遅らせるのと、しっかり混ぜて空気を含ませることで卵黄の火のあたりをやわらかくするそうです。
20170224_yochinmama_3
 
 
3.薄力粉をふるい入れて混ぜ合わせ、1の牛乳を入れて混ぜます。
20170224_yochinmama_4
 
 
4.小鍋にこしながら戻します。
20170224_yochinmama_5
 
 
5.中火にかけて焦がさないようにゴムべらで絶えず動かしながら混ぜます。(泡立て器でも、ゴムべらでも使いやすい方でよいと思います。)
【Point2】加熱するときは鍋底の方から火が回るので、焦げないように絶えず力強く混ぜます。とろみがでてすぐに火をとめてしまうと薄力粉に火が通らないので、しっかりとツヤがでるまで混ぜていきます。
20170224_yochinmama_6
 
 
6.ふつふつと沸いてから2〜3分かき混ぜ続け、ツヤが出てタラタラと落ちるようになったら出来上がり。
20170224_yochinmama_7
 
 
7.バットなどにうつし、空気が入らないようにラップをして下から氷水、上から保冷剤をのせて急速に冷やします。冷えたら冷蔵庫へ。
(バットがなければ少量のカスタードならボウルでも大丈夫です。)
20170224_yochinmama_8

レンジで時短のカスタードクリーム

材料

「基本のカスタードクリーム」と同じです。

作り方

1.牛乳にバニラビーンズを入れてレンジ600wで1分温める。
20170224_yochinmama_9
 
 
2.ボウルに卵黄を入れてときほぐし、砂糖を一度に加えて白っぽくなるまですり混ぜます。薄力粉をふるい入れて混ぜ合わせ、1の牛乳を入れて混ぜます。
20170224_yochinmama_10
 
 
3.ラップをふんわりかけて600wで3分加熱。1分ごとに取り出して泡立て器で混ぜます。2分経過、まだ固まってきていません
20170224_yochinmama_11
 
 
4.3分経過。固まってきてます。とろりとするまで泡立て器でよく混ぜます。ここでよく混ぜないと食感が悪くなります。
20170224_yochinmama_12
 
 
5.バットなどにうつし、空気が入らないようにラップをして下から氷水、上から保冷剤をのせて急速に冷やします。冷えたら冷蔵庫へ。

全卵使用のカスタードクリーム

材料

・卵・・・1個
・グラニュー糖・・・50g
・薄力粉・・・20g
・牛乳・・・200cc
・バニラビーンズ・・・1/2本

卵黄2個を卵1個に置きかえました。

作り方

「基本のカスタードクリーム」と同じです。

食べ比べてみました

3種類作ったので、食べ比べてみました。どれもそんなに変わらないのでしょうか?それとも全然違うのでしょうか?
20170224_yochinmama_13

見た目

「基本のカスタード」と「レンジ使用」はほとんど変わりません。

「全卵使用」は卵白が入っている分、白っぽく、見た目からも“とろり”というよりは、“ぷるん”と弾力のある感じがわかります。

これまた「基本のカスタード」と「レンジ使用」はほとんど変わりませんでした。
レンジ加熱後にしっかりと混ぜないとなめらかさが足りないですが、鍋でかき混ぜたようにたくさんかき混ぜれば食感も同じになってきます。

「全卵使用」はコクがなくあっさりしています。卵白に固まる力があるため、牛乳、薄力粉も同じ分量にするとかなり弾力のある食感になってしまい、とろりとしたなめらかなカスタードクリームではありませんでした。「全卵使用」でもおいしいことはおいしいのですが、食べ比べてみると全然違うことがわかりました。

どれを選ぶ?

「基本のカスタード」だとかき混ぜるのが難しくて失敗しがちという方は、「レンジ使用」がおすすめです。またレンジで3分と、時短でできるところも嬉しいです。
ただ、レンジだと量によって加熱時間が変わってくるので、加熱しすぎてしまったり加熱が足りなかったりと加減が難しいかもしれません。

慣れている方は、鍋をかき混ぜてとろりとするタイミングがわかる「基本のカスタード」のほうが、失敗が少ないのかなと思いました。

そして、「全卵使用」はやはり味が違うのですが、卵白を余らせたくないというときには良いかと思います。

まとめ

20170224_yochinmama_1
覚えてしまえば意外と簡単なカスタードクリーム。
自分に合った作り方を選んでぜひ作ってみてください。

カスタードのお菓子&パンレシピはこちらからチェック♪

date
2017/02/27
writer
よーちんママ
category
お菓子作り

お菓子作りが大好きな二児の母。家族がおいしそうに食べてくれるのが一番の幸せ。子どもと一緒に作れる簡単なお菓子を作ることが多いです。 

この記事にコメントを書く

コメントを残す

豆腐を使ったヘルシーお菓子レシピ

ヘルシーに豆腐を使ってお菓子作り! 気温が上がって暖かくなり、そろそろ薄着になってくるこの季節。 お菓子を食べたいけど、ちょっぴりヘルシーなものがいい!と思ったりしてきませんか? 今回は栄養も豊富で、安価・おいしい・ヘル ...

旬の味!すもものお菓子レシピ

すももを使いこなそう 甘酸っぱくてジューシーなすもも。 完熟するとあっという間に傷んでしまうので、たくさんあったら、ぜひお菓子作りにも活用したいフルーツです。 今回はそんなすももについて詳しくお話し、おいしいお菓子レシピ ...