4,900円以上ご購入で送料無料! - 5/27(月)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

簡単!イタリアンプリンのレシピ【混ぜて焼くだけ】

date
2023/03/17
writer
sara
category
お菓子作り

マスカルポーネの味わいが楽しめるかためプリン

今回ご紹介するのは、チーズの風味が特徴のイタリアンプリンのレシピ。

「名前は聞いたことがあるけど、食べたことがない!」という方にこそ、味わってほしい一品です。

むっちりしていて手でつかめるほどのかたさがあるのに、なめらかな口どけのプリンはクセになりますよ♪

イタリアンプリンとは

イタリアンプリンとは、材料にクリームチーズやマスカルポーネが入っている、むっちりとしたかための食感のお菓子。

名前からイタリア発祥と思われがちですが、実は日本生まれといわれています。

名前の由来や発祥は不明ですが、2019年頃に発売されたコンビニスイーツから大ブームになり、一躍有名になりました。

イタリアには「ボネ」というかための濃厚プリンがありますが、イタリアンプリンとは別物です。

イタリアンプリンのレシピ(20cmパウンド型1台分)

クリームチーズを入れるレシピもありますが、今回はよりクリーミーで濃厚な味わいが楽しめるマスカルポーネで作りました。

材料

カラメルソース

  • グラニュー糖…50g
  • 水…大さじ1
  • 湯…大さじ1

プリン生地

  • マスカルポーネ…100g
  • コンデンスミルク…大さじ3(63g)
  • 卵…3個
  • 牛乳…100ml
  • 生クリーム…100ml
  • グラニュー糖…15g
  • バニラビーンズペースト…小さじ1/2

下準備

  • お湯を沸かしておく。
  • オーブンを150℃に予熱する。

作り方

  1. にグラニュー糖と水を入れて中火にかけ、カラメルソースを作ります。
    鍋をゆすって、全体が焦げ茶色になったら火を止めます。

    *砂糖が結晶化して固まってしまうので、絶対にゴムベラなどでかき混ぜないでください。

  2. お湯を加えて鍋をゆすり、固まる前に手早く型に流し入れます。
  3. ボウルにマスカルポーネとコンデンスミルクを加え、泡立て器でなめらかになるまで混ぜます。
  4. 卵を1個ずつ加え、その都度よく混ぜます。
    *泡立たないようにボウルの底に泡立て器をつけ、静かに混ぜるのがポイント!
  5. 鍋に牛乳・生クリーム・グラニュー糖を入れ、鍋のふちがフツフツするまで温めます。
  6. 工程2のボウルに少しずつ加えて混ぜます。
  7. バニラビーンズペーストも入れて混ぜます。
  8. 裏ごしして型に注ぎます。
    型よりひと回り大きいサイズの型やバットに置き、40~50℃のお湯を3cmほど注ぎ入れます。
  9. 150℃のオーブンで45~55分間湯せん焼きします。
    粗熱が取れたら冷蔵庫でひと晩冷やします。

    *表面の中心を触ってみて固まっていればOK。
    まだ液体状の場合は、固まるまで追加で焼きましょう。

  10. 型の周りをパレットナイフで一周し、皿を上にかぶせます。

    ひっくり返して型を押さえたまま上下に何回かやさしく振ると、型からきれいに取り出せます。

  11. 完成!
    お好みのサイズに切って召し上がってください。

むっちり濃厚!イタリアンプリン」の詳しいレシピページはこちら。

プリンにスが入らないようにするポイント

プリンでよくある困りごとが「ス」が入ってしまうこと。
スとは、プリンの生地にあるボコボコとした小さな穴です。

スが入ったプリンは食感が悪くなってしまうので、なるべく防ぎたいですよね。

スは高温で加熱することによって起こります。
プリン液にやさしく火を入れてあげるのが成功の秘けつです♪

ここでは、スが入らないようにするためのポイントを3つご紹介します。

ポイント1.オーブンの温度を守る

プリンのレシピによっては160~170℃で焼くものもありますが、今回使うのはパウンド型。
焼き時間が長いからと温度を上げると、スができてしまいます。

低温のオーブンでじっくり焼くことで、なめらかな食感の仕上がりになりますよ。

ポイント2.湯せんの温度は40~50℃で

湯せん焼きのお湯に熱湯を使ってしまうと、急激にプリン液の温度が上がり、スが入ってしまいます。

40~50℃のお湯を型の半分くらいの高さまで入れて、やさしく熱を入れましょう。

ポイント3.下火が強いオーブンは布巾を敷く

150℃の温度でも、オーブンのクセによってはスが入ることがあります。
プリンの上部(型の底部分)にスがある場合は、オーブンの下火が強い証拠。

その場合は、バットの中に布巾を敷いて焼くと成功率がアップしますよ。

濃厚でなめらか!人気のイタリアンプリンを味わおう

マスカルポーネを加えて焼き上げたイタリアンプリンは、通常のプリンとくらべてもむっちり食感!
かためプリンが大好きという方には、特におすすめですよ。

濃厚なマスカルポーネの味わいとなめらかな口当たりは、イタリアンプリンじゃないと味わえません。
ぜひおうちで作って楽しんでください♪

【おすすめの特集】かためプリンレシピかためプリンレシピの特集はこちら

date
2023/03/17
writer
sara
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

元パティシエで3児の母してます♡ お菓子作り大好き!おうちにあるもので簡単・手軽にがモットーです(*´ω`)

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

シュガーペーストとは?シュガーペーストパウダーの使い方

シュガーペーストでケーキをデコレーション♪華やかなデコレーションケーキが街に溢れる季節。手作りのケーキをお店みたいに飾ってみたいけど、難しい細工はちょっと…。そんな方にぴったりの、シュガーペーストを使ったデコレーションパ...

スコーンとは?基本のスコーンのレシピ・作り方

覚えておくと便利!基本のスコーンスコーンは気軽に作れるお菓子のひとつ。手作りの焼きたてスコーンは格別ですよね。でもいざ作ろうとすると、いろいろなレシピがあって迷ってしまうのではないでしょうか。今回は、スコーンについて詳し...

ピザカッターの使い道、クッキー生地・パイ生地・パン生地もらくらく切れる!

ピザカッターは、お菓子・パン作りに大活躍!イタリアンレストランなどで、ピザを切る際に活躍するピザカッター。おうちピザにお使いの方もいらっしゃるかもしれませんね。実はピザカッターには、ピザだけでなくお菓子やパン作りの工程で...

2色の生地で作る水玉クッキーのレシピ

かわいい水玉クッキーを作ろう手軽な材料で思い立ったらすぐに作ることができるクッキー。いろんな形や味にできるのは、手作りならではですよね♪今回は2色の生地を使って作る、かわいい水玉模様のクッキーのレシピをご紹介。基本の生地...

【ココアパウダーとは】種類や特徴を徹底解説

ココアパウダーについて詳しく知ろうココア味のお菓子作りに欠かせないココアパウダー。「ココアパウダー」といっても、実はいろいろな種類があります。今回は、ココアパウダーについて詳しく解説。製菓材料として人気の高いココアパウダ...

おすすめ PICK UP!

簡単!イタリアンプリンのレシピ【混ぜて焼くだけ】