cotta column

ふんわり生地でクリームをサンド♪ティラミスブッセのレシピ

date
2021/04/20
writer
chiyo
category
お菓子作り

人気スイーツ風に仕上げたブッセ

丸く焼いたビスキュイ生地の間にクリームをサンドしたブッセは、さまざまなアレンジが楽しめるお菓子。

今回はティラミス風に仕上げたブッセのレシピをご紹介。
コーヒー味のふんわり軽い生地とマスカルポーネを使ったクリームの組み合わせは、ついつい手が伸びてしまうおいしさです。

ティラミスブッセのレシピ(直径約6cmのもの8個分)

「ブッセ」はフランス語で、「ひとくち」という意味。
今回私が作るレシピは、ひとくちよりちょっと大きめ。ですが、思わずひとくちで頬張りたくなるレシピに仕上げました♪

ブッセ生地を作る

生地作りのポイントは、メレンゲの泡を消さないように丁寧にゆっくり混ぜること。

材料

  • 卵白…75g(卵2個分)
  • グラニュー糖…30g
  • 卵黄…40g(卵2個分)
  • グラニュー糖…15g
  • 牛乳…15g
  • 薄力粉…50g
  • インスタントコーヒー…5g
  • 粉糖…適量

下準備

  • オーブンは焼成温度より20℃高い温度で予熱しておく。

作り方

  1. ボウルに卵黄とグラニュー糖15gを入れ、もったりとして白っぽくなるまでハンドミキサーで泡立てる。
  2. 牛乳を加えてハンドミキサーで混ぜる。
  3. 別のボウルに卵白を入れ、グラニュー糖30gを2回に分けて加えながらメレンゲを作る。
  4. *ピンとしっかりツノが立つまで泡立てましょう。

  5. メレンゲのボウルに2を一度に加え、ゴムベラで軽く混ぜる。
  6. *メレンゲが残っている状態でも大丈夫です。

  7. 薄力粉とインスタントコーヒーをふるいながら3回に分けて加える。
  8. 粉を入れるたびに、ゴムベラで底からすくい上げるように混ぜる。

    ここがポイント
    先に入れた粉気が残っている状態で、次の粉を入れてください。
    粉が見えなくなるまで混ぜてからでは混ぜすぎになり、メレンゲの泡がつぶれてしまうので注意!

    混ぜ終わったときに、少し粉やメレンゲが残っていても問題ありません。この後、絞り袋に入れたり絞ったりする作業で混ざっていきます。

  9. 口径1cmの丸口金をセットした絞り袋に生地を入れる。
  10. 直径6cmぐらいになるように絞る。
  11. 粉糖を2回振りかける。
  12. 1回目の粉糖を振りかけたら、1分弱置く。粉糖が少し溶けてきたら、2回目の粉糖を振りかける。

    *粉糖が溶け切るまで待たなくてもOK。半分ぐらい溶けてきたら2回目へ。

  13. 焼成する。
  14. ガスオーブン、170~180℃で12~13分間。
    電気オーブン、180~190℃で13~14分間。

    *オーブンによって火力が違うので、焼成時間・温度は調整してください。

クリームを作って仕上げる

生地さえできたら、クリームは混ぜるだけと簡単!
マスカルポーネやクリームチーズを加えることで、生クリームだけより扱いやすく失敗も少ないうれしいクリームに♪

材料

  • マスカルポーネ…100g
  • クリームチーズ…30g
  • グラニュー糖…20g
  • 生クリーム…100g

下準備

  • マスカルポーネ、クリームチーズは常温に戻しておく。

作り方

  1. マスカルポーネ・クリームチーズ・グラニュー糖をボウルに入れ、なめらかになるまでゴムベラで混ぜる。
  2. 生クリームを入れ、ホイッパーまたはハンドミキサーで混ぜる。
  3. 口径1cmの丸口金をセットした絞り袋にクリームを入れる。
  4. ブッセ生地を2枚一組にして並べ、1枚を裏向ける。
  5. 裏向けた生地にクリームを絞る(1つ約25g)。
  6. もう1枚の生地をかぶせ、ココアパウダーを振って出来上がり。

「ティラミスブッセ」の詳しいレシピページはこちら

ティラミスをイメージした極上レシピ♪

生地に加えたコーヒーの風味が口いっぱいに広がり、たっぷりのクリームを包み込んで、抜群のおいしさに◎

ティラミスを思わせるブッセのレシピ、ぜひお試しください。

【おすすめの特集】ブッセレシピブッセレシピの特集はこちら
date
2021/04/20
writer
chiyo
category
お菓子作り

口に入れた瞬間に笑顔いっぱい広がるようなお菓子やパン作りまたそれを伝えていきたいと思ってます。不定期にお菓子教室開催。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

世界のお菓子 番外編 ~寒い国の温かいお菓子

寒い国の温かいお菓子 寒さもいよいよ本番を迎え、おうちでゆっくり過ごす機会も増えてきたのではないでしょうか。 日本の冬もかなり底冷えしますが、世界各国を見回してみると日本とは比べものにならないぐらい冷え込む国もあります。...