5,500円以上ご購入で送料無料! - 3/4(月)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

ガトーショコラとブラウニーの違い

date
2022/01/18
writer
みのすけ
category
お菓子作り

違いはあるの?ガトーショコラとブラウニー

ガトーショコラとブラウニーは、どちらもチョコレートを使ったお菓子。手軽に作れておいしいので、手作りスイーツとしても大人気です。

ガトーショコラとブラウニーには、どんな違いがあるのか改めて比べてみませんか?

さまざまな食感が楽しめるレシピがありますが、今回は比較的シンプルなレシピを使って解説します。

ひと目でわかる!2つの違いを表で確認

まずは表にしたものでざっくりと違いを確認してから、それぞれのお菓子について詳しく見ていきましょう!

ガトーショコラ


ガトーショコラは、メレンゲ(もしくは泡立てた全卵)を使うことが大きな特徴といえます。

作り方を確認してみましょう。

材料(15cm丸型1台分)

  • スイートチョコレート…80g
  • バター…50g
  • 卵黄(Mサイズ)…2個
  • グラニュー糖…40g
  • 牛乳…20g
  • ココア…30g
  • 薄力粉…20g
  • 卵白(Mサイズ)…2個分
  • グラニュー糖(メレンゲ用)…30g

作り方

  1. チョコレートとバターをボウルに入れて溶かす。
  2. 卵黄・グラニュー糖40g・牛乳を加え、都度均一に混ぜる。
  3. 別のボウルに卵白を入れ、グラニュー糖30gと合わせてメレンゲを作る。
  4. 2と3、粉類を合わせて型に流し、170℃のオーブンで約35分間焼く。
  5. 中心まで火が通ったらショックを与え、型から出す。
  6. 完全に冷めたら、好みで粉糖を振りかけて出来上がり。

ガトーショコラは、粉・油脂(チョコも含む)・水分がブラウニーより少なめ。空気を含ませたメレンゲの効果もあり、ブラウニーと比べるとやわらかく、ふわっとした軽い食感に仕上がります。

ブラウニー


ブラウニーはホイッパーを使い、材料を順番にぐるぐると混ぜていきます。
卵に空気を含ませて膨らませるのではなく、チョコレートや油分、水分が多く入った生地をベーキングパウダーの力を借りて膨らませているのが特徴です。

作り方を確認してみましょう。

材料(20cm角型1台分)

  • スイートチョコレート…150g
  • バター…50g
  • グラニュー糖…80g
  • 全卵(Mサイズ)…2個
  • 牛乳…40g
  • 薄力粉…50g
  • ココア…20g
  • ベーキングパウダー…1g
  • くるみ(ローストして刻む)…30g

作り方

  1. チョコレートとバターをボウルに入れて溶かす。
  2. グラニュー糖・全卵・牛乳・粉類・くるみを順番に加え、都度均一に混ぜる。
  3. 型に流し、180℃のオーブンで約20分間焼く。
  4. 火が通ったらショックを与え、型から出す。
  5. 冷めたら、四角くカットして出来上がり。

ブラウニーは、ベーキングパウダーの力のみで膨らませており、粉・油脂(チョコも含む)・水分を多く含むぶん生地に重みがあって、チョコが強く感じられます。目が詰まっており、中はねっとり、外はクッキーに近い食感。

ガトーショコラとブラウニーの焼き方に違いはあるの?

今回のレシピでは、ガトーショコラは170℃で35分間、ブラウニーは180℃で20分間焼成しました。

型に流す生地の量にもよりますが、厚みがあるガトーショコラは、低めの温度で中まで熱が入るように少し長く焼くと考えられます。

両者とも、焼き上がりにショックを与えるレシピが多く、これは中の熱い水蒸気を外に逃がして、生地がつぶれるのを防ぐために行います。

真ん中がへこんだクラシカルなガトーショコラを作りたいときは、ショックを与えずにおくと、その形に近づきやすくなりますね。

進化し続けるガトーショコラとブラウニー

今回の比較のために多くのガトーショコラとブラウニーのレシピを見ていくうち、定義はあるものの、境界線がだんだんあいまいになってきている印象を受けました。

ガトーショコラに近いブラウニーの作り方もあれば、逆もしかり。ガトーショコラといえば丸型、ブラウニーといえば角型が定番のように感じていましたが、今はさまざまな形で作られています。

広く愛されるレシピになったぶん、両者が混じりあい、時代のニーズに合った独自の進化を遂げているといえそうです。

まとめ


どっしり・ねっとり・ふんわりなどなど。ガトーショコラとブラウニーの食感を表す言葉は本当にさまざま。

自分好みのガトーショコラとブラウニーはどんな材料の比率なのか、作り方なのか、意識してみてみると面白そうですね!

【おすすめの特集】チョコレートケーキレシピチョコレートケーキレシピの特集はこちら

date
2022/01/18
writer
みのすけ
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

お菓子作りがなにより楽しく、食べることも大好きです。菓子製造技能士2級(洋菓子)取得済。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

材料4つ!マコロンのレシピ・作り方

落花生の風味満点!マコロンを作ろう「マコロン」というお菓子をご存じですか?「マカロン」なら知っているけれど、という方も多いのではないでしょうか。落花生の風味が香ばしく、サクサクした食感の素朴なお菓子・マコロン。材料も少な...

沈まない方法教えます!チョコチップシフォンケーキのレシピ

失敗しないチョコチップシフォンケーキを作りませんか♪ふんわり軽い食感の中にもチョコの風味がしっかり感じられ、人気のチョコチップ入りのチョコシフォンケーキ♪でもチョコシフォンには、うまく膨らまなかったり、チョコチップを入れ...

しっとりもっちり♪かわいい黒糖くままんじゅうの作り方

簡単成形でかわいい黒糖まんじゅうを作ろう!黒糖風味のもっちり生地に、あんこの甘みが心地いい黒糖まんじゅう。どこか懐かしくほっこりとする味わいはお茶うけにもぴったりで、お好きな方も多いのではないでしょうか。今回は扱いやすい...

余った卵白の活用にも◎食感が楽しいメレンゲ菓子レシピ4選

メレンゲを主役にしたお菓子を作ろう卵白を泡立てて作るメレンゲ。メレンゲを主役にしたお菓子は、レシピによってさまざまな食感を楽しめるのが魅力です。そこで今回は、メレンゲを主役にしたスイーツのレシピをまとめてみました。1.サ...

フランスの伝統菓子 サンマルクのレシピ

サンマルクを作ってみませんか?フランスの伝統菓子「サンマルク」をご存じでしょうか。伝統菓子と聞くと難しそうなイメージがありますが、ご家庭でも作れるお菓子なんですよ。今回は、サンマルクのレシピをご紹介します。サンマルクとは...

おすすめ PICK UP!

ガトーショコラとブラウニーの違い