cotta column

無病息災を願って。水無月レシピ

date
2018/06/22
writer
森嶋マリ
category
お菓子作り

京都の和菓子・水無月

6月30日、京都の神社では「夏越の祓え(なごしのはらえ)」という神事が行われます。
そして、その神事に合わせて食べるお菓子があります。
それは「水無月」。
京都ではなじみ深いお菓子です。

京都の伝統ある和菓子を作るなんて難しそう…そんなふうに尻込みされる方もいらっしゃるかもしれません。
でも、意外に簡単に作れます。

夏本番を迎える前に食べておきたい、見た目も涼やかな和菓子、水無月の作り方をご紹介します。

水無月を作ってみましょう


水無月はモチッとした白いういろうの上に、甘く煮た小豆をのせたもの。

ういろう部分のレシピはさまざまで、小麦粉を使うもの、上用粉やくず粉を使うものなど、それぞれにおいしさがありますが、ここではスーパーマーケットでも手に入る米粉を使ったレシピをご紹介しましょう。

水無月の作り方

材料(140×110の流し缶1個分)

  • 上新粉…90g
  • 白玉粉…30g
  • 砂糖…80g
  • 水…200cc
  • 小豆の蜜煮(ゆで小豆や甘納豆でも)…100g
  • *砂糖がまぶされた甘納豆を使う場合は、湯をかけて砂糖を落としてから、水気を切ってください。

下準備

  • 蒸し器のお湯を沸騰させる。
  • 小豆の蜜煮の水気を切る。
  • 流し缶にオーブンシートを敷く。

作り方

  1. ボウルに上新粉と白玉粉、砂糖を入れて、混ぜる。
  2. 水を少しずつ加えて、その都度混ぜる。
  3. 生地をこしながら、流し缶に注ぐ。
  4. 大さじ1の生地を取り分けておく。
  5. 流し缶を蒸し器に入れ、強火で25分間蒸す。
  6. *蒸し器のふたから水滴が落ちるようなら、布巾をかませる。

  7. 流し缶をいったん取り出し、小豆の蜜煮を散らす。
  8. 取り分けておいた生地を注ぐ。
  9. 再度、強火で15分間蒸す。
  10. 蒸し器から取り出し、常温で冷ます。
  11. 流し缶から取り出し、水でぬらした包丁で三角形に切り分ける。

食べ頃は当日~翌日です。
冷蔵庫で長時間冷やすと硬くなるので、できれば常温での保存がおすすめです。
蒸し暑い季節に一晩保存する場合は、冷蔵庫の野菜室に入れ、常温に戻してから食べましょう。

「水無月」の詳しいレシピページはこちら

小豆の蜜煮も自家製で

ゆで小豆や甘納豆を使えば手軽に作れる水無月ですが、時間が取れるようなら、小豆の蜜煮から作ってみるのもいいかもしれません。

じっくりと時間をかけて小豆に蜜を吸わせれば、上品で奥深い味わいの蜜煮ができあがります。

小豆の蜜煮の作り方

材料(作りやすい分量)

  • 小豆…100g
  • みりん…50cc
  • 砂糖…90g
  • 水(シロップ用) …50cc~
  • *小豆がぎりぎり浸る量の水

作り方

  1. 小豆を流水で軽く洗う。
  2. 小豆を鍋に入れ、小豆が浸る量の水を入れ、火にかける。
  3. 沸騰したら、差し水をする。
    これを2回繰り返す。
  4. 3回沸騰したら、小豆をザルにあげる。
  5. 小豆を鍋に戻し、みりんとたっぷりの水を入れ、弱火で煮る。
  6. *小豆が踊らないぐらいのごく弱火。

  7. 小豆がやわらかくなったら、ザルにあげる。
  8. 鍋に砂糖とシロップ用の水を入れ、煮立たせて砂糖を溶かす。
    小豆を入れて、ひと煮立ちさせたら、すぐに火を止めて、そのまま冷ます。
  9. 冷めたら、またひと煮立ちさせて、すぐに火を止める。
  10. 工程8を2~3回繰り返したら、完成。

「小豆の蜜煮」の詳しいレシピページはこちら

水無月は由来あるお菓子

なぜ、夏越の祓に水無月を食べるようになったのでしょう?

室町時代の宮中では旧暦の6月1日(現在の7月末頃)の“氷の節句“に、氷室から取り寄せた氷を口にして、暑気払いをしていました。

でも当時、氷は貴重で庶民にはとうてい手の届かないものでした。
そこで、氷に似せて作ったお菓子を食べるようになったのです。
水無月が三角形なのは、氷を表現しているといわれています。

また、そもそも夏越の祓は1年の折り返しの日に、厄払いをして、残りの半年の無病息災を祈願する神事です。
水無月にちりばめられた小豆には、魔除けの意味があると考えられています。

水無月で元気な夏を!


関西以外では、このお菓子をまだ知らない方も多いかもしれません。

暑気払いと厄除けの両方に効く水無月は縁起のいいお菓子。

夏を元気に過ごせますようにと願いをこめながら水無月を食べて、一年の残り半分をすっきりした気分で迎えましょう。

date
2018/06/22
writer
森嶋マリ
category
お菓子作り

パンとお菓子作りが趣味の翻訳家。食べてくれた家族や友人が「おいしい」と笑顔になるのが、何よりも幸せ。

この記事にコメントを書く

コメントを残す