4,900円以上ご購入で送料無料! - 7/16(火)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

リンツァートルテのレシピ、オーストリアの伝統菓子の作り方

date
2023/05/17
writer
shizuka
category
お菓子作り

世界最古のトルテともいわれる「リンツァートルテ」

タルト型を使って焼きっぱなしで作る、滋味深い味わいのお菓子・リンツァートルテをご存じでしょうか。

格子状に絞った生地の間から見えるジャムの赤色が映える、クラシカルな見た目の伝統菓子です。

今回はリンツァートルテの由来や、市販のジャムを使って作る簡単レシピをご紹介します!

リンツァートルテとは

リンツァートルテとは、タルト型にスパイス入りの生地を敷き込み、ラズベリーやレッドカラントなどの赤い実のジャムをのせたお菓子。

名前の通りオーストリア・リンツ地方が発祥といわれています。
1653年の文献にはすでに登場しており、世界最古のトルテという説も。

ジャムをのせて焼き上げることで、クッキー生地とケーキ生地の中間のような、しっとりとした口当たりの仕上がりに。

スパイス香る生地と甘酸っぱいラズベリージャムの組み合わせは、今や世界中で愛されています。

スパイス香る♪リンツァートルテのレシピ(18cmタルト型1台分)

スパイスたっぷりの生地と、甘酸っぱいラズベリージャムの組み合わせがおいしいお菓子です。

ラズベリージャムの下準備

材料

  • ラズベリージャム…225g
  • 砂糖(グラニュー糖)…20g
  • レモン汁…5g

作り方

  1. ラズベリージャム・グラニュー糖・レモン汁を手鍋に入れて中火にかける。

    ぶくぶくしだしたら弱火に切り替えて5〜10分間絶えず混ぜながら煮詰め、ある程度水分を飛ばしておく。

  2. 煮詰めたジャムを完全に冷ます(急ぐ場合は冷蔵庫へ)。

生地を作る

材料

  • 無塩バター…70g
  • 砂糖(きび砂糖)…50g
  • 塩…ひとつまみ
  • 全卵…50g
  • 薄力粉…100g
  • アーモンドプードル…60g
  • シナモンパウダー…1g
  • クローブパウダー…0.5g
  • オールスパイス…0.5g

下準備

  • バターと卵を常温に戻しておく。

  • 薄力粉・アーモンドプードル・スパイス類をあわせてふるっておく。

  • タルト型に薄くバターを塗り、薄力粉をふるってから冷蔵庫で冷やしておく。

作り方

  1. 無塩バター・きび砂糖・塩をボウルに入れ、白っぽくなるまですり混ぜる。

  2. 卵を2回に分けて入れ、その都度よくすり混ぜる。

  3. ふるっておいた粉類を入れ、ゴムベラでさっくり混ぜ合わせる。
    このタイミングでオーブンを190℃に予熱する。

  4. 生地の1/3程度を細めの星口金(12切 #7)をつけた絞り袋に入れる。

    残りの生地を型に入れ、ゴムベラで手早くのばして敷き込む。

  5. やわらかく敷き込みづらいので、型の縁ですり切るようにすると良い。

  6. 縁の生地は指を使って少し下げておく。

  7. 敷き込んだ生地の上に冷ましておいたラズベリージャムを広げる。

  8. 絞り袋に入れた生地を、ジャムの上から格子状に絞り出す。

  9. タルト型の縁にも、囲むように絞り出す。

  10. 190℃に予熱したオーブンで10分間、170℃に下げて約20分間焼成する。
    途中で天板の前後を入れ替える。

  11. 焼き上がったら型のまま完全に冷ます。

  12. 型から取り出せば完成。
    スパイスの香りと甘酸っぱいラズベリージャム。外側はさっくり、中はしっとりのコントラストがおいしい♪

スパイス香る♪リンツァートルテ」の詳しいレシピページはこちら。

お好みのスパイスでアレンジも

スパイスの量や種類を調整して、自分好みの風味に仕上げてみて。

今回はシナモン・クローブ・オールスパイスの3種を使用しましたが、ジンジャーやナツメグなどお好きなスパイスを使用しても◎

レシピのポイント

リンツァートルテをおいしく作るためのポイントを確認しましょう。

ジャムは煮詰めて使用する

市販のジャムは火が入ると水っぽくなってしまい、焼き上がってしばらくすると生地に水分が移行し、崩れてしまう原因に。

ジャムの水分をある程度飛ばすことで、しっとりかつさっくりとした焼き上がりにできます。

型の下準備はきちんと

きれいなタルトに仕上げるためには、型の下準備が必須。

樹脂加工された型離れの良いものでも、使い続けるとうまく型から取り出せなくなることがあります。

バター+薄力粉で、しっかり下準備しましょう。

ミニタルト型で小さく仕上げるのも◎

小さな型で作るリンツァートルテも、かわいらしくておすすめです♪

レシピはそのままに「cotta タルト型(6個取)」を使って、ミニサイズにしてみました。

作り方

  1. 出来上がった生地を30gずつ型に入れ、スプーンですり切って広げ、縁は指でなぞって少し下げる。

  2. スプーンでジャムをのせて軽く広げる。

  3. 星口金(8切 #5)で格子状に模様を描き、縁にもぐるっと絞り出す。
    190℃で5分間、170℃に下げて15分間焼成する。

  4. 完全に冷めてから型から取り出す。
    仕上げに「トッピング用粉砂糖」を振ってもすてき。

ミニサイズのリンツァートルテは、袋に入れてシールを貼れば、あっという間におしゃれな手土産に♪

世界最古のお菓子に思いを馳せて

オーストリアの歴史ある焼き菓子・リンツァートルテのレシピ、いかがでしたか?

香り高いスパイスと甘酸っぱいラズベリージャムの組み合わせは、長く愛されるにふさわしい一品です。

生地の敷き込みも簡単で、市販のジャムを使えばあっという間に出来上がるので、ぜひ作ってみてくださいね♪

date
2023/05/17
writer
shizuka
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

お菓子作りが大好きな、三人姉妹の母です。 おうちのキッチンでも美味しく本格的なお菓子が作れるよう日々奮闘しています。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

ボストンクリームパイのレシピ、アメリカの人気スイーツの作り方

アメリカ生まれの不思議なお菓子♪パイという名前なのにパイじゃない?そんな不思議なお菓子、ボストンクリームパイのレシピをご紹介します。ふわふわに焼き上げたスポンジケーキに、カスタードクリームと生クリームを合わせた濃厚なディ...

うさぎ形のお月見スイーツレシピ♪

かわいいうさぎスイーツでお月見を猛暑も和らぎ、秋の楽しみが増えてきましたね!秋の楽しみといえば、お月見!伝統的な品を準備するのもよいですが、ご家庭で楽しむならもっと気軽に、それでいてお月見気分が盛り上がるスイーツを!今回...

【シフォンケーキで簡単!】ピニャータケーキの作り方

ピニャータケーキをご存じですか?ケーキの中にお菓子や果物が入っていて、切ると溢れ出てくるピニャータケーキ。かわいくて驚きに満ちたスイーツは、パーティにぴったり!今回は、ピニャータケーキをシフォンケーキで作るレシピをご紹介...

余った卵白で作るおしゃれスイーツ♪パブロバのレシピ

余った卵白でパブロバを作ろうSNSを中心に「映えておいしいお菓子」として注目されている、「パブロバ」というスイーツをご存じですか?パブロバは、簡単に作れる華やかなメレンゲのケーキ。軽やかな食感が夏にぴったりのスイーツです...

ピザカッターの使い道、クッキー生地・パイ生地・パン生地もらくらく切れる!

ピザカッターは、お菓子・パン作りに大活躍!イタリアンレストランなどで、ピザを切る際に活躍するピザカッター。おうちピザにお使いの方もいらっしゃるかもしれませんね。実はピザカッターには、ピザだけでなくお菓子やパン作りの工程で...

おすすめ PICK UP!

リンツァートルテのレシピ、オーストリアの伝統菓子の作り方