5,000円以上ご購入で送料無料! - 6/24(月)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

基本のクレープレシピ【もちもちおいしい】

date
2024/03/13
writer
nyonta
category
お菓子作り

おうちで楽しいクレープ作り♪

薄く焼いた生地に、クリームやフルーツなどをたっぷり包んだクレープ。
おうちで気軽に作れて、好きなフィリングを用意するのも楽しいですよね。

今回は基本のクレープのレシピはもちろん、おいしい食べ方など盛りだくさんの内容をご紹介します。

クレープとは

「クレープ(crêpe)」とは、小麦粉に牛乳や砂糖、卵などを合わせて薄く焼き上げた、フランス・ブルターニュ地方が発祥のお菓子。

クレープという言葉は、フランス語で「縮み・縮緬(ちりめん)」を意味し、焼き上がりのチリチリとした模様からその名が付けられたようです。

元々は、そば粉で作られたガレット(galette)という塩味の生地があり、これがクレープの原型となったのだとか。

のちに小麦粉でも作られるようになり、現在のクレープの形が広がっていったようです。

基本のクレープ生地のレシピ(直径20cmのフライパン使用で8枚分)

もちもち食感のおいしいクレープ生地が作れるレシピです。

材料

  • 強力粉…60g
  • グラニュー糖…20g
  • 塩…ひとつまみ
  • 牛乳…180g
  • 全卵…60g
  • 無塩バター…10g

  • 有塩バター…お好みで
  • トッピング用粉糖…お好みで

作り方

  1. ボウルに強力粉・グラニュー糖・塩を入れ、泡立て器で混ぜる。

  2. 牛乳を耐熱容器に入れて30秒間程度温め、半量を1のボウルに入れてグルグルとしっかり混ぜる。

    *牛乳が冷たすぎると溶かしバターを入れたときに冷え固まってしまうため、少し温めるのがコツ。

  3. 全卵と残りの牛乳を入れ、さらによく混ぜる。

  4. 無塩バターをレンジで溶かして加え、混ぜる。生地を一度網でこす。

  5. ラップをかけ、冷蔵庫で3時間以上休ませる。
    *一晩置いてもよい。

  6. 焼く前にもう一度しっかりと混ぜる。
    *底に粉が沈んでいるため、必ず行いましょう。

  7. フライパンを熱して油をごく薄く引き、レードルの8分目程度の生地を流し入れて焼く(中火)。

  8. 表面がポコポコとして端が焼けて色付いてきたら、菜箸で少し引っ掛けて手でひっくり返す。
    *熱ければフライ返しを使ってもOK。

  9. 裏面はサッと10秒間程度焼く。

  10. 1枚ずつ次々焼き、焼き上がった生地は重ねてお皿に積んでいく。

  11. 生地を折ってお皿に盛り付ける。
    お好みで有塩バターをのせ、トッピング用粉糖を軽く振って出来上がり。

焼きたての生地はもっちもち!そのままでもおいしく、メープルシロップやホイップクリームなど添えるのもおすすめです。

もちもち♪シュガーバタークレープ」の詳しいレシピページはこちら。

レシピのポイント

おいしいクレープを焼き上げるための3つのポイントをお教えします。

ポイント1.生地を休ませることでもちもち食感に

材料をよく混ぜた後、しっかりと休ませることで水分が全体になじみ、もちもち食感に仕上がります。

生地もなめらかになり、破れづらくなりますよ。

ポイント2.薄く油を引いてきれいな模様に

フライパンには、必ず薄く油を引くのがポイント!

コーティング加工されているフライパンで焼く場合、油を引かなくてもツルンときれいにはがれますが、焼き色が全面に付いてしまい、模様が付かなくなります。

サラダ油ではなくバターで焼くと、香り良く仕上がるのでお好みでどうぞ。

ポイント3.ひっくり返すタイミングは、端が全て色付いてきたら

端が焼けていない状態だとまだ生焼け。生地をひっくり返す際にその部分に亀裂が入って破れてしまう場合があります。
端全てに焼き色が付いた頃がひっくり返すタイミング!

フライパンは熱いですが、生地自体はそれほど熱くないので、菜箸で少し引っ掛けたら手で持ち上げて一気にひっくり返すやり方がおすすめです(やけどには気をつけて)。

おすすめの食べ方

シンプルなクレープはさまざまな食べ方ができます。
おすすめの食べ方をご紹介します。

nyontaイチオシ!クレープ包み

クレープ大好きな私のイチオシはクレープ包みです。
好きなフィリングを用意して春巻きのように包み、ワンハンドで食べられるように仕上げた一品。

一番のおすすめ、定番「もちもち♪チョコバナナクレープ」のレシピページはこちら。

生地にココアや抹茶を加えたり、フィリングをマロンやいちごに変えたりすれば、バリエーションが楽しめますよ。

ミルクレープやクレープロールなどのアレンジも

重ねたり巻いたり包んだり、いろいろな形にアレンジできるのがクレープの良いところ。
ミルクレープやクレープロール、カップに入れてかわいく仕上げるのも◎

基本の生地からたくさんのアレンジができます。

クレープに合う具材

クレープ生地はシンプルな味わいなので、基本的にどんな具材でも合います。

甘い系はもちろん、塩味系のおかずはお食事クレープにぴったり!
サンドイッチ感覚で、お好きな物をどうぞ。

下記は一例です。

甘い系で合う具材

  • 乳製品(生クリーム・チーズ・バターなど)
  • アイスクリーム
  • チョコレート
  • フルーツ全般
  • 抹茶や小豆、お餅などの和風系
  • 芋・栗・かぼちゃ
  • ナッツ類
  • シナモンなどのスパイス
  • ジャム・はちみつ・メープルシロップ

塩味系で合う具材

  • マヨネーズ・ケチャップ
  • スライスチーズ
  • 生ハム・ベーコン・ウインナーなどの加工肉
  • レタス・水菜など葉野菜
  • トマトやパプリカなど色味の良い野菜
  • ツナ缶・鯖缶など
  • スモークサーモン

おやつに、軽食に!人気のクレープはいかが?

もちもち食感の手作りクレープのレシピをご紹介しました。

フライパンでサッと焼けるので、生地だけ作って冷蔵庫に入れておけば、休日の朝食などにもおすすめです。

甘い系・塩味系と両方楽しめるクレープ、ぜひいろいろな食べ方でお楽しみください。

date
2024/03/13
writer
nyonta
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

製菓学校卒業後、ホテルやケーキ屋さんで働いていた経験を活かして、毎日楽しくお菓子作りしています。旬の食材で作る季節感のあるお菓子が大好きです!

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

基本のブッセのレシピ【ふわふわ食感で人気】

人気のブッセをおうちで作ってみようケーキ屋さんだけでなく、お土産でも見かける「ブッセ」。最近ではチーズやチョコレートなどいろいろな味のものもよく見かけますね。今回ご紹介するのは、ひと口サイズのサクふわ生地にミルク風味のバ...

抹茶のデコレーションケーキレシピ、風味豊かなホールケーキの作り方

抹茶ずくめのぜいたくなデコレーションケーキを作ろう今回ご紹介するのは、生地にもクリームにも抹茶を加えた風味豊かなデコレーションケーキのレシピ!抹茶のほろ苦さで、ケーキの後味はすっきり。緑茶にも合うので、ぜひ作ってみてくだ...

【南国気分】トロピカルスイーツレシピ5選

色鮮やかなトロピカルスイーツで夏を楽しもういよいよ夏!南国気分が味わえる、トロピカルフルーツを使ったスイーツが食べたくなる季節ですよね。トロピカルスイーツは、濃厚でジューシーな味わいと、黄色やオレンジなど色鮮やかな見た目...

旬のフルーツ・キウイを使ったスイーツレシピ4選

旬がおいしいキウイでスイーツを作ろう旬のキウイはそのまま食べてもおいしいですが、キウイをたっぷり使ったスイーツはいかがでしょうか?甘さと程よい酸味が絶妙なキウイは、スイーツの材料にぴったり。そこで今回はキウイスイーツレシ...

秋におすすめ。洋梨を使ったヴェリーヌレシピ

秋の味覚でヴェリーヌを作ろう食欲の秋はおいしいものが盛りだくさん!秋のお菓子作りに使う素材でいえば、芋・栗・かぼちゃ。フルーツだと柿・りんご・梨・ぶどうなどなど。涼しくなってくるとお菓子作りも一層楽しくなりますね。今回は...

おすすめ PICK UP!

基本のクレープレシピ【もちもちおいしい】