cotta column

ババ?サバラン?洋酒たっぷりの伝統菓子レシピ

date
2018/12/04
writer
森嶋マリ
category
お菓子作り

ババとサバランの違いをご存知ですか?

「ババとサバラン、どちらがお好き?」
そう聞かれても、違いが分からないという方がけっこういらっしゃるのではないでしょうか。

結論から言えば、味は同じです。

今回は、ババとサバランについて詳しく解説します。

ババとサバランは同じ?

ババ


ババの原型は、18世紀のロレーヌ公国(フランスのロレーヌ地方やドイツの一部などからなるかつての国)で誕生しました。

誕生秘話は諸説あります。

一説では、その国を治めていた公爵が、乾燥してかたくなったパンをお酒に浸して食べたところおいしかったので、それをもとにお菓子を作らせたといわれています。

公爵はそのお菓子をとても気に入って、愛読書『千夜一夜』の主人公の名を取って『アリ・ババ』と呼びました。それがやがて、パリやイタリアのナポリに伝わり、改良が重ねられて、ババとして人気を博すようになったのです。

サバラン


サバランはババをもとにして作られたケーキです。

19世紀半ばに、有名な美食家のブリア・サバランに捧げるお菓子として誕生して、やがてサバランと呼ばれるようになりました。

最も大きな違いは?

ババもサバランも発酵させた生地を焼き上げて、洋酒の効いたシロップに浸したケーキです。
違いを強いて言うなら、「定番の形」。

ババはコルク形で、サバランはリング形。

といっても、今はさまざまな形のババとサバランがありますから、違いはないと言えそうです。

基本のババレシピ

基本のババを作ってみましょう。
ラム酒をたっぷり使った香り高い大人のケーキです。

材料(プリンカップ5個分/直径55mm・高さ54mm・容量110ml)

  • 強力粉…85g
  • 砂糖…10g
  • 塩…3g(小さじ1/2)
  • ドライイースト…2g(小さじ1/2)
  • 卵1個と牛乳合わせて…80g(常温にしておく)
  • バター…25g(常温にしておく)
  • 水…200ml
  • レモン汁…大さじ1
  • 砂糖…90g
  • ラム酒…70ml
  • 生クリーム…少々
  • バター(型用)…適量

作り方

  1. 強力粉・砂糖・塩・ドライイーストをボウルに入れて、混ぜる。
  2. 卵と牛乳を加えて、よく混ぜる。
  3. 粉気がなくなったら、バターを加えて、つやが出るまで練る。
  4. 生地をまとめてボウルに入れ、ぬれ布巾をかけて、暖かい場所で発酵させる。
  5. 2倍に膨らんだら、発酵終了。
  6. *35℃で約90分間を目安に。

  7. 打ち粉をした台に生地を取り出し、5等分して丸める。
  8. バターを塗った型に入れ、暖かい場所で発酵させる。
  9. *生地が乾燥しないように、必要に応じて霧吹きで水をかける。

  10. 型の縁まで膨らんだら、発酵終了。
  11. *40℃で約60分間を目安に。

  12. 190℃に予熱したオーブンで15分間焼いて、型から外して冷ます。
  13. 鍋に水・レモン汁・砂糖を入れて沸騰させ、砂糖が溶けたら火を止める。
  14. ラム酒を加える。
  15. 冷ましておいた生地を温かいシロップに漬ける。
  16. *しばらく浸したら、上下を返して全体にシロップが染み込むようにする。

  17. 皿に盛りつけ、好みでホイップしたクリームを絞る。

生地をリング形に焼けば、サバランを作ることもできます。

「ババ」の詳しいレシピページはこちら

お酒に弱い人のためのシロップ

一口食べれば、芳醇なラム酒がじゅわっと口の中に広がるババ。
これほど香り高いケーキは他にはない、といってもいいぐらいです。

でも、お酒に弱い人にとっては油断ならないケーキ。

酔っ払ってしまいそうで食べられないということなら、シロップを変えてみましょう。
お酒は風味付け程度に少しだけ。
お子さま用なら、お酒を抜いてくださいね。

オレンジ風味のシロップ

材料

  • 水…250ml
  • 砂糖…80g
  • レモンスライス…5枚
  • オレンジ果汁…半個分
  • グランマルニエ…10ml

作り方

  1. 鍋に水・砂糖・レモンスライスを入れて沸騰させ、砂糖が溶けたら火を止める。
  2. オレンジ果汁とグランマルニエを加える。

小さなサバラン、大きなサバラン

サバランといえば、日本では一人分の小さなリング形が一般的です。

一方、海外のレシピを眺めると、大きなリング形に作って、切り分けて食べるサバランをよく見かけます。

中央にフルーツをたくさん飾れば、迫力満点のバースデーケーキにもなりそうです。

伝統菓子を自分好みに

洋酒入りシロップがじゅわっと口の中に広がるババとサバラン。
お好みのシロップでぜひ作ってみてくださいね。

date
2018/12/04
writer
森嶋マリ
category
お菓子作り

パンとお菓子作りが趣味の翻訳家。食べてくれた家族や友人が「おいしい」と笑顔になるのが、何よりも幸せ。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

ひんやり冷たい♪杏仁豆腐のアレンジレシピ

暑い季節にツルンとおいしい杏仁豆腐 杏仁豆腐は中国発祥のお菓子です。 実は、杏仁豆腐は薬膳料理の一種。ぜんそくや咳止めの効果があるといわれています。 ツルンと冷たい手作りの杏仁豆腐で喉を潤してみてはいかがでしょう。 今回 ...

うさぎ形のお月見スイーツレシピ♪

かわいいうさぎスイーツでお月見を 猛暑も和らぎ、秋の楽しみが増えてきましたね!秋の楽しみといえば、お月見! 伝統的な品を準備するのもよいですが、ご家庭で楽しむならもっと気軽に、それでいてお月見気分が盛り上がるスイーツを! ...

line

line

line

line

line

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。