cotta column

グラノーラの簡単レシピ、朝食やおやつに人気♪

date
2018/05/24
writer
chiyo
category
お菓子作り

グラノーラってどんなもの?


グラノーラはアメリカ発祥の保存食品。
オーツ麦などの穀物に、油脂や甘味料などを加えて乾燥させたものです。

ヘルシーでバランスよく栄養素が取れるところも人気のポイント。グラノーラ専門店もあり、手軽な朝食の代表的な存在にまでなっています。

そんなグラノーラ。実は驚くほど簡単に作れてしまうんです。

今回は、自分好みのグラノーラを作るためにおすすめの食材をご紹介。
これからの季節にぴったりの、爽やかな手作りグラノーラのレシピをご紹介します。

自分好みのグラノーラを作ろう

グラノーラは、ベースになる穀物にいろんな素材を合わせて作っていきます。

どんな構造なのかが分かっていれば、基本的には好みの味になるように混ぜるだけです。
アレンジも自由にできますよ。

ベースになる穀物

オートミール・大麦の押し麦など。

有機のものなど良質なものを選ぶと、味もおいしくなります。

つなぎ

ライ麦・全粒粉・グラハム・小麦粉・ココア・米粉など。

穀物とほかの具材をくっつけるつなぎになります。
米粉などを使うと、グルテンフリーのグラノーラが作れます。

油脂

太白ごま油・サラダ油・ココナッツオイル・アーモンドオイル・オリーブオイル・バター(溶かしバターにして使用)など。

油脂には食感を軽くする役割があります。
体に良い良質な油を使用するのをおすすめします。

甘味料

はちみつ・メープルシロップ・練乳・みりん・三温糖・きび砂糖・黒糖など。

食べるときにはちみつなどをかけて食べるのであれば、甘味料は少なめで作ってもいいかと思います。

おやつ代わりにそのまま食べるのでしたら、わずかでも甘みをつけておく方が食べやすく、風味も良くなるので、入れるのをおすすめします。

和食材のグラノーラの場合は、みりんなどもよく合います。

1種類の甘味料だけでなく、何種類かをブレンドするのもおいしいです。

トッピング

ごま・アーモンド・カシューナッツ・かぼちゃの種イチジク・レーズン・チョコレートなど。

ナッツ類やドライフルーツ類など、お気に入りの具材を好きなだけミックス♪

ごまは風味が出るだけでなく、栄養素も上がるのでおすすめです。

フレーバー

シナモン・ココア・豆乳・レモン・酒粕など。

ベースに味を付けたり、香りをプラス。
液体のものを使うと、ベースにしっかり味が染み込み、バラエテイ豊かにお好みの味が作りやすくなります。

コーヒーやミルクティーなどを染み込ませ、カフェオレグラノーラやチャイグラノーラなんかもとってもおいしそう。

レモンなどは果汁や皮を使います。

レモンのグラノーラレシピ


レモン果汁を使った、これからの季節にぴったりなグラノーラ。

材料

  • オートミール…150g
  • グラハム粉…50g
  • 太白ごま油…30g
  • はちみつ…50g
  • 豆乳…20g
  • レモンの果汁…60g

作り方

  1. オートミール、グラハム粉をボウルに入れて混ぜる。
  2. 別のボウルに太白ごま油・はちみつ・豆乳・レモン果汁を入れて混ぜる。
  3. 2を1のボウルに入れます。
  4. 全体に混ぜる。
  5. 混ざったら、クッキングシートを敷いた天板に広げる。
  6. 150℃~160℃で15分間焼く。
  7. 一度オーブンから出して全体を混ぜ、再度150℃~160℃で10分間、焼成。
  8. 粗熱がとれたら、お好みのナッツやドライフルーツを混ぜて、出来上がり。

フライパンでも作れます!

グラノーラは、フライパンで加熱することも可能です。
プライパンは火力が強い分、短時間で出来上がります。

作り方

  1. オーブンでの作り方と1~4の工程までは同じです。
  2. しっかり予熱して、熱くなったフライパンに入れます。
  3. 常にかき混ぜながら中火で焼きます。
  4. *炒るように焼くイメージで。

  5. 今回のレシピの量で15分~20分間炒めれば焼き上がり。

オーブンで焼いたものと比べると、パラパラとした仕上がりになります。

同じフレーバーでも食感が変わり面白いので、ぜひこちらも試してみてください。

自分好みのグラノーラで朝食を

組み合わせは無限!お好みの組み合わせでオリジナルのグラノーラを作ってみてください。

朝時間が楽しくなること間違いなしです!

グラノーラを使ったお菓子&パンレシピをチェック♪

date
2018/05/24
writer
chiyo
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

口に入れた瞬間に笑顔いっぱい広がるようなお菓子やパン作りまたそれを伝えていきたいと思ってます。不定期にお菓子教室開催。

この記事にコメントを書く

コメントを残す