cotta column

お菓子の焼きムラをなくすには?オーブンの癖を知ろう

date
2020/01/15
writer
misa
category
お菓子作り

自宅のオーブンをちゃんと知ろう!

皆さんのおうちのオーブンは、どんな「癖」がありますか?
癖が全くない…というオーブンはほとんどないと思います。

今回は、オーブンの癖を知って上手に焼く方法を探っていきましょう!

オーブンの癖って?

  • 一部分だけ焼き色が濃い(または薄い)
  • レシピ通りに焼くと、いつもかなり早い段階で焼き色が濃くなる(逆に焼き色が付かない)
  • 表面は焼けているのに、裏面があまり焼けない(その逆パターン)

などなど、出来上がり具合に何かしら気になる部分ができるのが、オーブンの癖。
焼きムラができてしまう原因のひとつです。

オーブンの癖を知ろう!

焼きムラをなくすには、オーブンの癖を知る必要があります。
よくわからないという方は、まずいつも使っているオーブンの癖を確認しましょう。

わかりやすいのはスポンジのシート生地を焼くこと。
ですが、生地を天板に均一にのばさなくてはならないので、ちょっとハードルが高いかな…と思います。

おすすめなのは型抜きクッキー。
確認時のポイントは4つ。

  1. 同じ生地を使うこと
  2. 必ずルーラーを使って生地を均一にのばすこと
  3. オーブンに入れるときの生地温をそろえること
  4. 最初から最後まで天板の向きを変えることなく焼くこと

我が家のオーブンで試してみた

ガスオーブンの上・中・下段に生地を入れて焼いてみました。
各画像の上が庫内奥、下が庫内手前。

ガスオーブンは熱風が対流するオーブンなので、焼きムラは少ないと思いきや、やっぱりありました。

上段

中段

下段

全体的に庫内手前の右側の焼き色が濃いですよね。
そして、下段より上段のほうが濃く焼けています。

つまり、我が家のオーブンの癖は「右手前の熱の当たりが強く、上段に行くほど強くなる」ということになります。

もっと手軽に調べたい場合は…

クッキーを作って確認するのも大変という方は、もっと手軽に食パンで焼き色を確認することもできます。

ただ、それぞれの角が焼けやすいので判別しづらいというデメリットも。
食パンで試す場合は、小さくカットし過ぎないように注意して!

オーブンでの焼成 基本の「き」

焼きムラをなくすための調整の前に、まず基本からおさらいしましょう。

必ず予熱を

オーブンは扉の開閉により温度がかなり下がります。
焼成温度より10~20℃高く設定しておくのがおすすめです。

焼成時に温度を設定しなおしてください。

扉の開閉は急いで

オーブンの扉の開閉による温度の低下は、激しいのが現実。
しかも電気オーブンだと、なかなか元に戻りません。

生地をオーブンに入れるときや途中で開け閉めする際は、とにかく手早く行いましょう。

基本的には下段でOK

2段のオーブンなら下段、3段あれば中段か下段を使用するといいでしょう。
また、高温でさっと火を通したいものは、上段に入れたほうが良いときもあります。

ご家庭のオーブンの癖に合わせて調整してくださいね。

可能であればオーブン用温度計の活用を

予熱完了のアラームが鳴っても、温度が全然上がってない…なんてこと、実はよくある話。
焼成中も設定温度より常に10℃低かったということもありました。

何かしら焼成がうまくいかないときは、オーブン用温度計で庫内温度を確認するのをおすすめします。

おすすめのアイテム
温度計 オーブンサーモ 5493

焼きムラをなくすには?

せっかくがんばって作ったお菓子。焼きムラは極力減らしたいですよね。
オーブンの癖がわかれば、ある程度対応することができます。

対策1.焼成中に天板の向きを変える

前後左右で色の付き方が違うのなら、焼成中に天板の向きを変えればOK。
上でもお話したように温度が下がり過ぎるのを防ぐため、扉の開閉も入れ替えも手早く行いましょう!!

ただし、この方法を行うならタイミングに気をつけて。
どんな生地でも、早い段階で扉を開けるのは避けてください。

ある程度火が入り(膨らむお菓子ならしっかり膨らんで)、焼き色が付き始めるまで入れ替えは我慢。
焼き色が軽く付いたら、天板の向きを変えましょう。

大体、焼成時間の2/3が過ぎたくらいを目安にするとよいのではないでしょうか。
入れ替えは、できれば1回だけ。何度もしません。

下の画像は、「レモン天板8P」をオーブンの上・中・下段にそれぞれ入れて焼いたもの。
我が家のオーブンはしっかり膨らみきった後、全ての前後と上・下段を入れ替えて焼くと、焼き色がばっちりそろいます。

対策2.天板を重ねる
予熱時に天板を入れておく

生地の裏側(天板に触れている部分)の焼き色が強くなってしまう場合は、天板を2枚重ねるとよいでしょう。

逆に、表面はちょうどいいのに裏側の色付きが悪いという場合は、予熱時から天板を入れておいてそこにのせて焼く、などしてみてください。

上段下段を変えてみるのも、試す価値ありです。

対策3.アルミホイルで覆う

これ以上表面に色が付いてほしくないというときは、アルミホイルで覆う方法がおすすめ。

ただ、あまりにも焼き色が早く付き、中が全然焼けていないということであれば、次回から設定温度を10℃ほど下げたほうがいいですね。

たくさん焼いてメモを残そう


いかがでしたでしょうか。
オーブンはそれぞれ個性があるので、とにかく焼いて仲良くなっていくしかありません。

そのためにもメモは必須。
温度と時間だけではなく、どんなふうに焼いたのか、焼き上がりがどうだったのか記録していくことによって、いろいろとわかってきます。

ぜひたくさん記録を残していってくださいね!!

date
2020/01/15
writer
misa
category
お菓子作り

スイーツ好き、おしゃべり好き♡お菓子教室の講師は天職だと最近感じています(笑)少しでもお役に立てるお話が出来たら嬉しいです♪

この記事にコメントを書く

コメントを残す

バナナでアレンジ!タルトタタンレシピ

タルトタタンをアレンジしてみよう 香りのよい、果肉のしっかりしたりんごが出回る季節になったら、ついつい作りたくなるタルトタタン。 今季はお作りになりましたか? 名前は知っているし見たことはあるけど、食べたことない!!って ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。