cotta column

あの映画の味を再現!フィンランドのシナモンロールレシピ

date
2020/01/27
writer
森嶋マリ
category
パン作り

「フィーカ」で人気のシナモンロール

北欧には「フィーカ」という習慣があります。
フィーカとは、家族や友達・同僚とコーヒーや甘い物を楽しみ、おしゃべりしながら休憩するコミュニケーションの時間。

今回ご紹介するのは、フィーカによく登場するおやつ・シナモンロールのレシピ。

フィンランドの食堂を舞台にした「あの映画」に登場したといえば、思い出す方もいらっしゃるのでは?
登場人物たちも作っていた、人気の成形で作ってみましょう。

フィンランドのシナモンロールを作ってみよう

北欧のシナモンロールの特徴は、生地にカルダモンが入ること。
カルダモンをたくさん入れれば、本場の味に。
スパイスの味に慣れていなければ、控えめにして食べやすく。

カルダモンとシナモンの2種のスパイスを組み合わせて、香ばしく焼き上げましょう。

材料(10個分)

生地

  • 無塩バター…30g
  • 牛乳…160g
  • 卵…40g
  • 強力粉…200g
  • 薄力粉…100g
  • 砂糖…20g
  • 塩…4g
  • インスタントドライイースト…5g
  • カルダモンパウダー…適量(5ふりぐらい~)

フィリング

  • 無塩バター…15g
  • 砂糖…20gを目安にお好みで
  • シナモンパウダー…適量

トッピング

  • 卵…生地に使った残り
  • ざらめ…適量

下準備

  • 牛乳・卵・フィリングの無塩バターを常温に戻します。
  • 卵を溶いておきます。
  • 天板にオーブンシートを敷きます。
  • オーブンを190℃に予熱します。

作り方

  1. 小鍋に生地用の無塩バターを入れて弱火にかけて溶かしたら、火を止めます。
  2. 牛乳を加えます。
    *牛乳の温度が低く、バターが固まってしまう場合は、弱火にかけて人肌まで温めます。
  3. ボウルに強力粉からカルダモンパウダーまでを入れてざっと混ぜたら、2と卵を加えて混ぜます。
  4. 粉っぽさがなくなってまとまってきたら、台に取り出してこねます。
  5. 生地がなめらかになったら丸めてボウルに戻し、乾燥しないようにぬれ布巾などをかけて、一次発酵させます。
  6. 2倍に膨らんだら、一次発酵終了です。
  7. 丸め直してぬれ布巾をかけ、15分間休ませます。
  8. 生地を約20×50cmにのばします。
  9. 生地を横長に置きます。
    奥側の縁の部分2cmぐらいを残してフィリング用のバターを一面に塗り、砂糖とシナモンパウダーを散らします。
  10. 生地を手前から巻いていき、とじ目をしっかりとじます。
  11. 台形になるように、包丁で10等分します。
  12. 台形の狭い部分が上になるように置いて、指や菜箸などで中心を押さえつけます。
  13. オーブンシートを敷いた天板に並べ、ふっくらするまで二次発酵させます(40℃で20分間ぐらい)。
  14. 卵を塗って、ざらめを散らします。
  15. 190℃のオーブンで10分間焼いて、出来上がり。

「フィンランドのシナモンロール(かもめ食堂風)」の詳しいレシピページはこちら

成形のポイント

この形のシナモンロールは、フィンランド語で「コルヴァプースティ」と呼ばれます。
意味は「平手打ちされた耳」。

たたかれてつぶれた耳をイメージして、生地をギュッと押しつぶしましょう。
映画では両手の小指で押しつぶしていましたよね。
小指でやりにくければ、人差し指や菜箸を使う方法がおすすめです。

形いろいろ 北欧のシナモンロール

今回ご紹介したフィンランドのシナモンロールの他にも、北欧にはさまざまなシナモンロールがあります。

カタツムリのようなスネイル形や、ねじった生地を結んで作るノット形など、形もいろいろ。

フィンランドのお隣の国・スウェーデンでは、「毛糸玉」と呼ばれている形も人気。くしゃくしゃっとした形が愛らしいシナモンロールです。

アメリカのシナモンロールとの違いは?

北欧のおやつといえばシナモンロールとご紹介しましたが、シナモンロールはアメリカでも定番のおやつです。

アメリカのものはカルダモンを入れず、砂糖が多めの甘いパン生地。

成形は渦巻き形。生地をひとつずつ丸型に入れて焼くこともあれば、大きな型に並べてちぎりパン風に焼き上げているものも。

特徴はアイシングをたっぷりかけること。
粉糖と水で作るアイシングの他に、チーズクリームを加えたアイシングも、とても人気があります。

手作りならではのシナモンロールを楽しみましょう


日本では、アメリカ風のシナモンロールはよく見かけますが、北欧風のものはまだそこまで浸透していないよう。
ぜひ手作りしてみてください。

家族みんなで作って、誰が押しつぶしたシナモンロールが一番つぶれた耳に見えるか、なんてことを競うのも楽しそうですね。

【おすすめの特集】シナモンロールレシピシナモンロールレシピの特集はこちら
date
2020/01/27
writer
森嶋マリ
category
パン作り

パンとお菓子作りが趣味の翻訳家。食べてくれた家族や友人が「おいしい」と笑顔になるのが、何よりも幸せ。

のこぴかグランマ。さん

2020/09/24 11:29

シナモンロールのレシピと作り方が大変丁寧で、しかもわかりやすくありがとうございました。今、台所のオーブンでとてもいい香りがして成功の予感がします。2人の孫たちのために、何度も練習しようと思います。私は今は小さい孫のために、お婆ちゃまのレシピを残すためノート作りをしております。このシナモンロールはもちろん私の思い出のレシピに入れたいと思います。先生のご健康お祈りいたします。

marinさん

2020/10/04 07:45

のこぴかグランマ。さん、コメントありがとうございます!
作っていただけて、嬉しいです。
シナモンロールを焼くと、家中にいい匂いが漂って、幸せな気分になりますね。
お孫さんに渡すためのレシピノートを作られているんですね。素敵です。
このシナモンロールを愛情たっぷりのレシピノートにくわえていただけて、とても光栄です。

ぴんさん

2020/10/09 11:45

すごく素敵なシナモンロール!今初めて挑戦します。コーヒーが大好きなので出来上がりが待ち遠しいです。ゆったりと丁寧に作る様子が素敵でした!

marinさん

2020/10/11 18:18

ぴんさん、コメントありがとうございます!
初挑戦のシナモンロールを、このレシピで作ってくださるとは! とっても光栄です♪
おいしく焼き上がったことでしょうね。こちらにまで、シナモンとコーヒーの香りが漂ってくるかのようです。
作ってくださって、心から感謝です。

のりのりさん

2020/12/02 22:16

最近シナモンロールを何度か焼いています。
いつものレシピに飽きてきたので、カルダモンの入ったものも焼いてみます!
良く出来たらお友達にもおすそ分けしたいですね。
レシピありがとうございます♪

この記事にコメントを書く

コメントを残す

春が旬!乾燥よもぎを使ったよもぎパンレシピ

パン作りによもぎを使ってみよう♪ 私たちにとって、最も身近な野草であるよもぎ。 日本では昔から食用として、また万能薬として親しまれてきました。 今回は、春にぴったりのよもぎを使ったパンレシピを2種類ご紹介。 健康や美容に ...

かわいいお月見うさぎパンの作り方

十五夜にぴったりなうさぎパンを作りましょう ホワイトチョコ入りのいちごクリームを包んだ、うさぎパンを作りませんか? 仕上げの組み立ても楽しいうさぎパン。 さらに、マジパンとドッグ棒を使って、簡単なきねと臼も作り、十五夜の ...

食パンの保存方法、教えます!

食パンをおいしいまま保存したい! いつも食べている食パン、どうやって保存していますか? 冷凍か?冷蔵か?それとも常温保存?どのような保存方法が正しいのか悩みます。 食パンをおいしく食べるには、保存方法がとっても大切!! ...

かわいいうり坊パンの作り方

お正月にぴったりのパン 2019年の干支(えと)は、「亥(イノシシ)」です。 しま模様がかわいい、イノシシの赤ちゃん「うり坊」。 今回は、新年のスタートにもぴったりな干支パン、かわいいうり坊パンをご紹介します。 お正月の ...

バターの香りが広がる♪バタートップレシピ

バタートップってどんなパン? バタートップ。 名前からも想像できるようにパンの上部(トップ)に切り込みを入れて、そこにバターをのせて焼くパンです。 バターの香りが広がり、香ばしさも増し増しのおいしいパン。 食欲がわいてく ...