5,900円以上ご購入で送料無料! - 4/19(金)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

ワンボウルでできるお菓子レシピ

date
2018/01/19
writer
chiyo
category
お菓子作り

少ない道具でお菓子作り


腕まくりして「さー、作るぞ!」って意気込んでお菓子を作るのは、イベントっぽくて楽しいもの。できあがったお菓子を見て満足。そして、食べて大満足!これこそ、お菓子作りの醍醐味ですよねぇ。

でも、その達成感の後にあるのが洗い物の山。計量カップにボウルにゴムベラ、ホイッパーなどなど…。洗い物が面倒で、作るのが嫌になる事も多いはず。

今回は、ワンボウルで作れるお菓子をご紹介します!
使うのはボウルひとつ、混ぜる道具もゴムベラひとつ。少ない道具で作れたら最高に楽ですよね。

いちごのチーズケーキ

材料(ガラス容器18.6cm×9.3cm×5.5cm1台分)

  • クリームチーズ…100g
  • グラニュー糖…35g
  • 卵…1個
  • 薄力粉…20g
  • 生クリーム…50g
  • レモン汁…5g
  • いちご…5粒


*写真は分かりやすいように全て先に計量しカップに入れましたが、ボウルをはかりの上において計量しながら作っていっても大丈夫です。その際は入れ過ぎに注意してください。

*薄力粉ですが、ふるって使うのがベストです。でもふるうってかなりの手間。この量でしたらふるわなくても大丈夫。今回、ふるわないで加えましたが、出来上がりは滑らかでおいしかったです。

下準備

  1. ガラス容器にオーブンシートを敷き込んでおく。
  2. クリームチーズ・生クリーム・卵は常温に戻す。

作り方

  1. クリームチーズをボウルに入れ、ゴムベラで軟らかくする。この時まだ硬いようでしたら、電子レンジに少しかけてください。
  2. グラニュー糖を2回に分けて加えていく。加えるたびにゴムベラで混ぜる。
  3. 卵を加え、ゴムベラでしっかり混ぜる。
  4. 薄力粉を2回に分けて加える。加えるたびにゴムベラでしっかり混ぜる。
  5. 生クリームを2回に分けて加える。加えるたびに生クリームが見えなくなるまで混ぜる。
  6. いちごを手で潰しながら加える。
  7. レモン汁を加える。
  8. ゴムベラで全体を混ぜて滑らかにする。
  9. オーブンシートを敷き込んだガラス容器に生地を流し入れる。
  10. 170度から180度で予熱したオーブンに入れ、35分から40分間焼成。
  11. *ご家庭のオーブンによって焼き時間、温度は調整してください。

  12. 焼きあがったらオーブンから出して粗熱をとり、冷蔵庫で冷やす。
  13. お好みの大きさにカットして出来上がり。

  14. 今回は生のいちごを入れましたが、ドライフルーツもおいしいと思います。あんずやプルーンなど、お好みのフルーツで試してみてください。
    もちろん何も入れなくても、おいしくいただけますよ。

    オーブンでも使えるふた付きの耐熱ガラス容器はとっても便利ですので、何個か揃えておくのがおすすめです!
    型から取りだしたお菓子を保存するのって、結構頭を悩ませますよねぇ…。ラップをかけても表面にくっついて見た目が悪くなりますし、箱に入れても冷蔵庫をやたら占領してしまう。
    ふた付きの耐熱ガラス容器なら、オーブンシートを持って引き上げれば楽にケーキが取り出せて、食べたい分をカットしたら、またシートごと容器に戻し、ふたをして保存できます。

気軽に手作りおやつを楽しもう!

今回、このチーズケーキ作りが終わった後のシンクの中は、ボウルとゴムベラのみ!片付けも楽で、焼き時間と冷ます時間をのぞけば作るのにも30分かかりません。
半分食べて、残りをしまっておくのもふたつき容器なのでスムーズ。

パッパッと作れて片付けも楽なお菓子で、お子様に手作りおやつ。素敵ですよね。

【おすすめの特集】
iwakiの保存容器iwakiの保存容器の特集はこちら
date
2018/01/19
writer
chiyo
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

口に入れた瞬間に笑顔いっぱい広がるようなお菓子やパン作りまたそれを伝えていきたいと思ってます。不定期にお菓子教室開催。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

絞り袋とは?種類や使い方を詳しく知ろう!

絞り袋について学ぼうお菓子作りにおいて出番の多い“絞り”の作業。やはり気になるのは、「どうしたら上手に絞れるか」ではないでしょうか。でもそのためには、絞り袋の使い方が大事!今回は上手に絞るための第一歩でもある、「絞り袋の...

ゼラチン・アガー・寒天どれがお好み?3種の抹茶ゼリーのレシピ

大人のおやつにぴったり 抹茶ゼリー暑い日のおやつに、涼しげなゼリーはいかがでしょう。今回は、甘すぎず、ほろ苦さを堪能できる抹茶ゼリーのレシピをご紹介。ゼラチン・アガー・寒天と、3種類のゲル化剤で固める作り方をお教えします...

ヘクセンハウスを作ってみよう!

ヘクセンハウスとは?クリスマスシーズンに見かける「ヘクセンハウス(Hexenhaus)」。ドイツ語で、直訳すると「魔女の家」。そう、『ヘンゼルとグレーテル』に出てくる「魔女の家=お菓子の家」です♪子どもはもちろん、大人も...

余った生クリームの活用術

生クリーム、使ってますか?生クリームといえばお菓子作りには欠かせない材料のひとつ。スーパーなどで200mlのパックを購入される方が多いと思います。でも1パックすべてを使い切って出来上がり!ってレシピはあまりない気がします...

香り豊か♪よもぎを使ったスイーツレシピ4選

よもぎを使ったスイーツを手作りしてみませんか?春の訪れを感じさせてくれる食材のひとつ、よもぎ。そんなよもぎを使ったスイーツは、やさしい緑色と豊かな香り、そして上品な味わいが魅力。そこで今回は、よもぎを使ったとっておきのス...

おすすめ PICK UP!

ワンボウルでできるお菓子レシピ