cotta column

ほろ苦い大人の味 ショコラバターサンドのレシピ

date
2021/02/05
writer
chiyo
category
お菓子作り

ちょっぴり大人なバターサンドクッキーを作りませんか?

クッキーとバタークリームを組み合わせたバターサンドクッキーは、そのおいしさに、つい手が伸びてしまうお菓子。

今回ご紹介するのは、スイートチョコレートを使ったショコラバターサンドのレシピ。
クッキー生地にもココアを加え、ちょっぴりビターな大人の味を目指しました。

ショコラバターサンドのレシピ(4cm四方の正方形12個分)

クッキー生地を作る

材料(4cm四方の正方形24枚分)

  • 薄力粉…100g
  • 無塩バター…50g
  • 粉糖…50g
  • ココアパウダー…10g
  • 全卵…15g

下準備

  • 無塩バターは1cm角にカットして、しっかり冷やしておく。
  • 材料は全て冷蔵庫で冷やしておく。
  • オーブンは焼成温度より20℃高い設定温度で予熱しておく。

作り方

  1. 薄力粉・無塩バター・粉糖・ココアパウダー・全卵をフードプロセッサーに入れて回す。
  2. 生地がひとかたまりになったら、フードプロセッサーを止める。
  3. 生地をオーブンシートで挟み、横16cm・縦24cm・厚さ3mmになるようにのばす。

    アクリルルーラーを使うのがおすすめ。仕上がりをきれいにするためにも、ここでできるだけ大きさと形を整えると◎

  4. のばすときにくりかえし使えるオーブンシートを使うと、クッキー生地にシワが付きにくい。

  5. 生地をオーブンシートで挟んだまま、冷凍庫で20分間以上(または冷蔵庫で半日)冷やす。
  6. 冷えた生地を4cm角の正方形にカットする。
  7. 天板にシルパンを敷き、カットしたクッキー生地をのせて焼成。

    電気オーブン、180~190℃で14~15分間。
    ガスオーブン、170~180℃で13~14分間。

    *オーブンによって火力が異なります。焼成時間、温度は調整してください。

  8. 焼き上がったら、クーラーの上で冷ましておく。

クリームを作る(縦131×横189×高さ28mmのバット1台分)

材料

  • 無塩バター…70g
  • チョコレート…120g
  • 生クリーム…30g
  • くるみ…40g
  • ラム酒(またはブランデー)…4g

下準備

  • 無塩バターは常温に戻しておく。
  • くるみは約170℃で7~8分間ローストし、粗く刻んでおく。
  • バットにクッキングシートを敷いておく。

作り方

  1. 常温に戻しておいたバターをボウルに入れて、ハンドミキサーで混ぜる。
  2. 別のボウルにチョコレート入れ、湯せんにかけて溶かす。
  3. 生クリームを小鍋に入れ、火にかけて温める(電子レンジで温めてもOK)。

    温めた生クリームを2のボウルに入れてよく混ぜる。

  4. 3を1のボウルに入れてよく混ぜる。
  5. くるみ・ラム酒を入れて混ぜる。
  6. クッキングシートを敷いたバットに流し入れ、ゴムベラで平らに整える。
    冷蔵庫または冷凍庫で冷やし固める。

組み立てる

  1. 冷えて固まったクリームをクッキングシートから外し、縦3分割・横4分割にカットする。
    *約4cm四方の正方形が12個取れます。
  2. クッキーで挟む。
    *はみ出たクリームは、包丁などでカットするときれいな仕上がりに。
  3. 出来上がり!

「ショコラバターサンド」の詳しいレシピページはこちら

ショコラバターサンドのアレンジ

今回ご紹介したショコラバターサンドは、クリームの材料を少し変えればさまざまなバリエーションが楽しめます。

くるみの代わりにピスタチオを入れたり、レーズンやイチジクなどのドライフルーツを入れたり。
お酒もそれに合わせて、ラム酒・ブランデー・オレンジリキュールなど好みのものに変えると◎

お酒を入れずに作れば、お子さまのおやつにも喜ばれますよ。

大人が楽しめるショコラバターサンド

スイートチョコレートを使ったほろ苦いショコラバターサンドは、バレンタインのプレゼントにもぴったり!

クリームに入れるナッツやリキュールを変えたり、ドライフルーツを加えたりすれば、アレンジも楽しめます。
ぜひ作ってみてください。

【おすすめの特集】バレンタインレシピバレンタインレシピの特集はこちら
date
2021/02/05
writer
chiyo
category
お菓子作り

口に入れた瞬間に笑顔いっぱい広がるようなお菓子やパン作りまたそれを伝えていきたいと思ってます。不定期にお菓子教室開催。

この記事にコメントを書く

コメントを残す