4,900円以上ご購入で送料無料! - 5/27(月)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

カラフルなたまごボーロのレシピ

date
2019/08/13
writer
よーちんママ
category
お菓子作り

懐かしの味 たまごボーロ

小さい頃食べた懐かしの味のたまごボーロ。
まだ歯が生えそろっていない赤ちゃんでも楽しめる、優しい味のお菓子です。

ついつい買ってしまうたまごボーロですが、少ない材料で簡単に作れます。

野菜パウダーも入れて、栄養満点のカラフルでかわいいたまごボーロを作ってみませんか?

野菜パウダー入りたまごボーロのレシピ

材料(約60〜70個分)

  • 卵黄…Mサイズ1個
  • 粉糖…20g
  • 片栗粉…45g
  • 野菜パウダー…5g
  • スキムミルク…10g

*砂糖はお好みのもので構いませんが、粉糖だと口どけがよく生地の表面もきれいに仕上がります。

*野菜パウダーを入れないプレーンのたまごボーロを作る場合は、野菜パウダー5gを片栗粉5gに置き換えてください。

作り方

  1. ボウルに卵黄を入れ、粉糖を加えてよく混ぜる。

  2. 片栗粉・スキムミルク・野菜パウダーを加え、ゴムベラで混ぜる。
    *画像で使用している野菜パウダーは、むらさきいもパウダーです。

  3. 最初はぽろぽろしているが、だんだんしっとりしてくる。
    最後は手で押しながらぎゅっとまとめる。

    *卵黄の大きさによっては、うまくまとまらない場合もあるかもしれません。
    水分が足りない場合は水を数滴ずつ足し、べたつく場合は片栗粉を少量足してみてください。

  4. 生地がまとまったら直径1cm弱の大きさに丸め、シルパットやオーブンシートを敷いた天板にのせる。
  5. 170℃に予熱したオーブンで10分間焼く。
    焼き上がったら天板の上で冷ます。
  6. 出来上がり。

「野菜パウダーでカラフル卵ボーロ」の詳しいレシピページはこちら

かぼちゃパウダーや他の野菜パウダーでも同様の手順で作れますよ。

便利な野菜パウダー

お菓子に野菜を入れたいとき、生の野菜をゆでてペーストにしてから入れると、水分量の調節が難しいですよね。
そんなときに便利なのが野菜パウダーです。

今回使用したのは、むらさきいもパウダーとかぼちゃパウダー。

  • むらさきいもパウダー
  • かぼちゃパウダー

ほうれんそうパウダーやにんじんパウダーなどを入れても作れます。

ボーロに入れる野菜パウダーの量は少量ですが、少しでも多く栄養を取ってほしいというのが親心。

野菜嫌いのお子さまでも、お菓子に混ぜ込んでしまえばおいしく食べられますよね。
いつものボーロと違う色合いだと、カラフルでかわいいとお子さまも喜ぶのでは。

ハロウィンなどのイベント時にもおすすめです。

小さくてかわいいボーロを作るコツ

小さくてかわいいコロコロとしたボーロ。
生地のやわらかさや大きさによって、見た目が変わります。

画像は、砂糖の種類・野菜パウダーの有無・丸める大きさを変えて作ったボーロです。

  • 表面はきび砂糖を使うと粗く、粉糖を使うとなめらか。
  • プレーンの生地は素朴、かぼちゃパウダー入りの生地は鮮やか。
  • 丸める大きさを変えると印象が異なる。

見た目を市販のボーロのようにしたい場合は、粉糖を使用して小さめに丸めるのがポイント。
砂糖の種類や丸める大きさを意識して、お好みのボーロを作ってみてください。

小さいお子さまもお手伝いできるコロコロ作業

材料も少なく簡単に作れるたまごボーロですが、唯一大変なのは丸める作業。

一人で丸めるのは大変ですが、お子さまと一緒にやれば時間を忘れて楽しめますよ。
2歳以上のお子さまなら、粘土遊びのような感覚で楽しんでくれると思います。

きれいに丸くならなくても大丈夫!
ヘビみたいに細長い形になってしまっても、そこはご愛嬌。

子どもと一緒にお菓子作りをしたくても、クッキーやケーキなどは意外と難しいもの。
生地をこねてしまって、グルテンができてしまわないかとヒヤヒヤします。

ボーロでは片栗粉を使うので、グルテンができて生地がかたくなってしまう心配はありません。

ぜひ親子で楽しくボーロを作ってみてください♪

ボーロの保存は湿気に注意!!

ボーロは片栗粉を使うので、湿気に要注意。
湿気らないように、乾燥剤は必須です。

焼き上がったボーロを保存容器に入れておくときも、ラッピングするときも乾燥剤は入れるようにしてください。

たまごボーロにおすすめのラッピング

たまごボーロにおすすめのラッピングは、小さいガス袋に入れてシーリング。
お子さまとのおでかけにぴったりです。

ガス袋をマスキングテープで留めたら、3連ボーロに。

円筒ケースに入れるのもおすすめ。
素朴なボーロもかわいいプレゼントになります。

手作りボーロで楽しいおやつ時間♪

派手な見た目ではないけれど、ついつい手が伸びる素朴なおいしさのボーロ。

普段のおやつにもぴったりですし、小さいお子さまがいる方へのプレゼントにもおすすめです。

ほんのり野菜の味がするボーロをぜひ作ってみてください。

【おすすめの特集】ハロウィン特集ハロウィンのお菓子レシピの特集はこちら
date
2019/08/13
writer
よーちんママ
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

お菓子作りが大好きな二児の母。家族がおいしそうに食べてくれるのが一番の幸せ。子どもと一緒に作れる簡単なお菓子を作ることが多いです。 

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

ピンク色がかわいい!いちごパウダーを使ったシフォンケーキレシピ

いちごパウダーを使ってお菓子を作ろう春が近づいてくると、いちごを使ったお菓子を作りたくなりませんか?甘くて少し酸味のあるいちごは、お菓子作りには定番のフルーツ。今回は、いちごパウダーを使ったシフォンケーキのレシピをご紹介...

今が旬!簡単かぼちゃペーストで作るバウムクーヘンレシピ

旬のかぼちゃを使ってお菓子作り甘みの強いかぼちゃは、お菓子やパン作りで大活躍!毎年秋になると、今年はどんなかぼちゃスイーツを作ろうかと考えてワクワクしませんか?今回は、かぼちゃを使ったバウムクーヘンのレシピをご紹介。便利...

見てかわいい♪食べておいしいジャムサンドクッキーのレシピ

かわいくてちょっと懐かしいジャムサンドクッキーを作ろう!さくさくのクッキーにジャムをサンドしたジャムサンドクッキー。今回は、ちょっと懐かしい見た目のジャムサンドクッキーのレシピをご紹介します。サンドするジャムの注意点ジャ...

サブレ・ヴィエノワのレシピ、ウィーン風絞り出しクッキーの作り方

ウィーン風の名を持つ焼き菓子、サブレ・ヴィエノワ「サブレ・ヴィエノワ」というお菓子の名前を聞いたことはありますか?「ウィーン風クッキー」という名を持つサブレ・ヴィエノワ。今回は、サブレ・ヴィエノワのレシピをご紹介します。...

ミルキーな甘さ♪ホワイトチョコレートを使ったスイーツレシピ4選

ホワイトチョコレートを使っておいしいスイーツを作ろう♪ミルキーな甘さが口の中で広がるホワイトチョコレート。実はいろいろな食材と組み合わせやすく、スイーツに使えばその濃厚な風味がおいしさのポイントに♪今回は、ホワイトチョコ...

おすすめ PICK UP!

カラフルなたまごボーロのレシピ