cotta column

マカダミアナッツ×ココアで作る 2種のクッキーレシピ

date
2021/03/23
writer
めぐみ
category
お菓子作り

マカダミアナッツとチョコは相性抜群♪

マカダミアナッツのコクや香りは、ビターなカカオと相性抜群!
ハワイのお土産としても有名な、マカダミアナッツの入ったチョコレートなど、お好きな方も多いのではないでしょうか。

今回は、マカダミアナッツとココアパウダーを組み合わせたクッキーのレシピをご紹介。
バリエーションが楽しめるよう、ドロップタイプとアイスボックスタイプの2つをお教えします。

マカダミアナッツを使うならローストしよう

アーモンドに比べるとやわらかく、かむとほろっと崩れるような歯ごたえのマカダミアナッツ。

クッキー生地など、お菓子作りに使用する際は、事前にローストするのがおすすめ。

生地に入れて焼くことで、ナッツ自体に火は通ります。ですが水分量が多く、特に脂肪分が多いマカダミアナッツは、軽くローストすることでカリッとした食感が増し、よりおいしく楽しむことができます。
このひと手間が大切なんですね。

生地の上にトッピングする場合など、直接オーブンの熱が当たる場合は、事前のローストが不要な場合もあります。

マカダミアナッツ×ココアのドロップクッキーレシピ

材料(直径6cm10枚分)

生地

  • 無塩バター…50g
  • 塩…ひとつまみ
  • 粉糖…50g
  • 全卵…30g
  • 薄力粉(エクリチュール)…85g
  • ココアパウダー…10g
  • ブラックココアパウダー…5g
  • マカダミアナッツ(軽くロースト)…20g

飾り

  • 全卵…適量
  • マカダミアナッツ(ローストなし)…20g
  • チャンクチョコ(チョコチップでも可)…約20g

下準備

  • 生地用のマカダミアナッツをローストする。
  • *160℃のオーブンに10分間入れ、均一に火が通るよう途中でナッツを混ぜる。

  • バター、全卵は室温に戻す。
  • 薄力粉・ココアパウダー・ブラックココアパウダーをあわせてふるう。
  • オーブンを170℃に予熱。

作り方

  1. 室温に戻したバターを、マヨネーズくらいのかたさになるまで混ぜる。
  2. 塩と粉糖を入れ、ホイッパーで混ぜる。
  3. 全卵を2回に分けて加える。
  4. *量が多いので、一気に入れると分離します。冬は特に気をつけて。

  5. ふるった粉類を入れ、ゴムベラで切るように混ぜる。
  6. ローストしたマカダミアナッツを粗く刻み、混ぜる。
  7. *食感を残すため、粗めに刻むのがおすすめ。

  8. 生地を10等分にし、シルパットにのせる。
  9. 直径5cmくらいに手で押し広げ、ハケで全卵を塗る。
  10. 飾り用のマカダミアナッツを大きめに刻み、チャンクチョコと一緒にのせる。
  11. 170℃のオーブンで20~25分間焼成。
  12. *ご家庭のオーブンによって焼き時間は異なります。

  13. 出来上がり。
  14. 歯応えのあるザクザククッキーに、ほろっと崩れるマカダミアナッツ。2つの食感が楽しめます。

ポイント

このレシピのポイントは、生地の表面に全卵を塗ってから飾りをのせること。
全卵を塗らないと、チョコはくっつきますが、マカダミアナッツがポロっと取れてしまいます。
手間ですが、必ず塗ってくださいね。

「マカダミアとココアのドロップクッキー」の詳しいレシピページはこちら

おすすめラッピング

「ペーパーヘッダーを使ったドロップクッキーのラッピング」の詳しいラッピングページはこちら

マカダミアナッツ×ココアのアイスボックスクッキー

材料(直径4cm12枚分)

  • 無塩バター…50g
  • 粉糖…35g
  • 塩…ひとつまみ
  • 卵黄…10g
  • 牛乳…5g
  • アーモンドパウダー…15g
  • 薄力粉(エクリチュール)…75g
  • ココアパウダー…10g
  • マカダミアナッツ…40g
  • 細目グラニュー糖…適量

下準備

  • マカダミアナッツを軽くローストし、粗く刻む。
  • バターを室温に戻す。
  • 卵黄、牛乳は合わせて計量し、室温に戻す。
  • アーモンドパウダーをふるう。
  • 薄力粉、ココアパウダーをあわせてふるう。
  • オーブンを180℃に予熱。

作り方

  1. バターをホイッパーで混ぜて塩と粉糖を加え、空気が入りふわっとした状態になるまで混ぜる。
  2. 卵黄と牛乳を2回に分けて入れ、混ぜる。

  3. ふるったアーモンドパウダーを入れて混ぜ、ゴムベラに持ち替えたら粉類を加えて切るように混ぜる。
  4. *粉っぽさがなくなればOK!混ぜすぎると生地が固くなり、ナッツが均一に混ざらなくなるので注意。

  5. マカダミアナッツを入れ、カードで(ゴムベラでも可)生地を切るイメージでナッツを均一に混ぜ込んでいく。
  6. 生地をラップの上に広げ、押し固めるようにしながら棒状にのばす。
  7.  
    【ここがポイント】
    大きめのナッツが入るので、生地に空気が入りやすいのが難点。カットする際に生地が割れたり、生地に穴が開いたりする原因に。空気を抜くように、生地をしっかり押してください!

  8. ある程度のびたらコロコロと転がし、直径4cmの棒状に整える。
  9. 冷蔵庫で2時間冷やす。

  10. 細目グラニュー糖をまぶし、約1.2cm幅にカット。
  11. シルパットにのせ、180℃で20〜25分間焼成。
  12. *ご家庭のオーブンによって焼き時間は異なります。

  13. 出来上がり。
  14. ホロっと崩れる口どけのいいクッキーと、ゴロゴロ入ったマカダミアナッツの食感とコクが◎

「マカダミアとココアのアイスボックスクッキー」の詳しいレシピページはこちら

おすすめラッピング

「ペーパーヘッダーを使ったアイスボックスクッキーのラッピング」の詳しいラッピングページはこちら

おいしい組み合わせでクッキーを作ろう!


コクのあるマカダミアナッツをクッキーに使うと、少しぜいたくな味わいに。

相性抜群のココアと組み合わせたクッキー、ぜひお試しください。

【おすすめの特集】クッキー缶クッキー缶の特集はこちら
date
2021/03/23
writer
めぐみ
category
お菓子作り
めぐみ

小さい頃からお菓子作りをはじめ、製菓専門学校に進学し製菓衛生師の資格を取得。

現在は、家庭でお菓子作りを楽しんでいます。

レモンさんさん

2021/05/13 21:23

美味しくできましたよ

めぐみさん

2021/05/14 12:49

レモンさんさん
コメントありがとうございます。
そして、作っていただきありがとうございます♪
美味しく出来たようでとても嬉しいです(^^)

この記事にコメントを書く

コメントを残す

ツリーカップケーキの作り方

今年のクリスマススイーツは決まりましたか? 12月に入り街中はクリスマス一色!寒さも強まってきて、甘いスイーツが食べたくなりますよね。 今年はかわいいクリスマスツリーを家で作ってみませんか。 スパイスを効かせたジンジャー...

卵黄を白っぽくなるまで混ぜる理由

卵黄を白っぽくなるまで混ぜるのはなぜ? 「卵黄に砂糖を加えて白っぽくなるまですり混ぜましょう」。 お菓子作りの工程で、誰もが目にしたことのある一文ではないでしょうか。 でも、これって何のため? どこまでやればいいの? 今...