cotta column

ピーナッツを使った焼き菓子レシピ

date
2019/02/01
writer
nyonta
category
お菓子作り

ピーナッツでお菓子を作ろう

カリッと香ばしいピーナッツ。ちょっとしたおやつや、お酒のおつまみにも欠かせないナッツですよね。

今回は「殻付き落花生」から作る、ピーナッツを使ったお菓子レシピをご紹介します。

ピーチョコスコーンのレシピ

材料(6個分)

  • 薄力粉…130g
  • 強力粉…70g
  • ベーキングパウダー…8g
  • 塩…ひとつまみ
  • きび砂糖…35g
  • 無塩バター…60g
  • 牛乳…60g
  • 生クリーム…40g
  • チョコレート…40g
  • ピーナッツ(殻・皮をむいた状態) …40g

下準備

  • バターは1cm角程度に切り、冷蔵庫で冷やしておく。
  • チョコレートは粗めに刻んでおく。チョコチップを使っても◎

作り方

  1. フードプロセッサーに薄力粉・強力粉・ベーキングパウダー・塩・きび砂糖を入れ、軽く回す。
  2. *ふるいの代わりです。

  3. カットした冷たいバターを入れ、バターの粒が見えなくなるまで回す。
  4. 全体が黄色みがかって、サラサラの状態になっていればOKです。
  5. ボウルに移し、牛乳と生クリームを入れ、カードで合わせて全体に水分を行き渡らせる。
  6. 8割方混ざったところでピーナッツとチョコを加え、ひとまとめにする。
  7. 2cmの厚さの長方形に整えてラップで包み、冷蔵庫で2時間以上休ませる。
  8. 6等分にカットする。
  9. 190℃に予熱したオーブンで22~25分間焼く。
  10. サクふわピーチョコスコーンの出来上がり。

「ピーチョコスコーン」の詳しいレシピページはこちら

 
スコーンにピーナッツを入れるとカリッと香ばしく、コリコリした食感が加わってボリュームアップ。
「ピーチョコ」なんていうお菓子も存在するほど、チョコとの相性が良いのでチョコもin。

おやつや軽食におすすめな簡単スイーツです。

ケイクカカオエットのレシピ

ケイク生地を作る

材料(レモンケーキ6個取1枚分)

  • 無塩バター…60g
  • グラニュー糖…60g
  • 全卵…60g
  • 薄力粉…60g
  • ベーキングパウダー…1g
  • ピーナッツ(殻・皮をむいた状態) …50g

下準備

  • ピーナッツは粗めに刻んでおく。
  • 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。
  • 無塩バターと全卵は常温に戻しておく。

作り方

  1. ボウルに無塩バターとグラニュー糖を入れ、ハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。
  2. 溶いた全卵を少しずつ入れ、混ぜる。
  3. 薄力粉とベーキングパウダーを入れ、ゴムベラで混ぜる。
  4. 粗めに刻んだピーナッツを加え混ぜる。
  5. オイルスプレーをかけたレモンケーキ型に、生地を6等分にして入れる。
  6. *絞り袋を使うと入れやすいです。

  7. 170℃のオーブンで18~20分間焼く。
  8. 焼き上がったら、ひっくり返して型から外し、網の上で冷ます。

仕上げ

材料

  • ミルクチョコ…50g
  • 太白ごま油…8g
  • スイートチョコ…適量
  • ピーナッツ…適量

作り方

  1. 溶かしたミルクチョコに太白ごま油を加え混ぜる。
  2. 今回は3個ずつ、2種類の仕上げをしてみました。
  3. 1を上掛けして、コルネでスイートチョコを真ん中に1本絞り出したもの。
    残った1に刻んだピーナッツを適量加え、上掛けしたもの。

  4. 冷蔵庫で少し冷やして、チョコを固めたら出来上がり。

「ケイクカカオエット」の詳しいレシピページはこちら

 
レモンケーキ型を使い、ピーナッツの形をイメージして作ってみました。

カトルカール生地にピーナッツを加えただけの素朴なお菓子ですが、しっとりバターケーキにカリッとしたナッツの食感がアクセント。
シンプルなおいしい焼き菓子です。
日持ちするのでプレゼントにもおすすめですよ。

もうすぐ節分。豆まきに使うのはなんの豆?

もうすぐ節分。といえば豆まきですね。
このときに使うお豆、実は地域によって違うことをご存知でしょうか?

私は生まれも育ちも北海道。「鬼は外、福は内!」の掛け声でまくのはいつも決まって落花生です。なので、本来は大豆をまくものだと知ったときは少し驚きました。

北海道・東北や九州の一部地域は落花生、関東や近畿のほうは大豆をまくのが主流のようですね。

ちなみに、北海道のスーパーでは節分が近くなると大量の落花生が山積みになり、大豆は1~2種類程度しか置いていません。

関東などでは逆の現象が起きているのでしょうか?
節分の時期に、ぜひ一度大豆圏の地域に行ってみたいです。

落花生が余っていたらぜひお菓子作りに

豆まき後、大体いつも食べ飽きて残ってしまう落花生。そんなときは、ぜひお菓子作りの素材に使っておいしく消費してくださいね。

もちろん豆まきに大豆を使う地域の方にも、ピーナッツを使ったお菓子作りの参考になればうれしいです。

【おすすめの特集】スコーンレシピスコーンレシピの特集はこちら
date
2019/02/01
writer
nyonta
category
お菓子作り

製菓学校卒業後、ホテルやケーキ屋さんで働いていた経験を活かして、毎日楽しくお菓子作りしています。旬の食材で作る季節感のあるお菓子が大好きです!

この記事にコメントを書く

コメントを残す

ひんやりスイーツを持って出かけよう♪

冷たいスイーツを持って出かけるために 夏は海に出かけたり、キャンプに出かけたりなど、アウトドアで楽しむイベントがたくさんある季節ですね♡ せっかくのアウトドアイベント。焼き菓子ではなく、冷たいスイーツを持っていけたらさら ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。