cotta column

クープナイフの使い方、初心者さんにもおすすめの1本教えます

date
2021/10/25
writer
sheipann
category
パン作り

クープナイフを使ってみよう!

バゲットにカンパーニュ、ミルクハースやヴィエノワなどなど。クープを入れるパンは多数あります。

今回は、初めての方でもチャレンジしやすいクープナイフをご紹介。
クープナイフの持ち方やクープの入れ方を詳しくお教えします♪

クープナイフとは

クープナイフとは、パン生地表面に切り込み(クープ)を入れるための道具。ハードパンのレシピに登場することが多いかもしれません。

クープナイフにはいろいろなタイプがあり、刃と柄が一体になったものや、カミソリの刃をセットして使うものなど。よく切れるナイフでも代用可能です。

クープを入れるのはなぜ?2つの理由

クープを入れる主な理由には、

1.焼成時に生地ののびを良くし、ボリュームを出す

2.デザインや見た目を良くする

などがあります。

初心者さんにもおすすめのクープナイフ

KHS クープナイフ プラ柄」は一般的なナイフに近い形状が特徴で、クープナイフの入門編にぴったり。

カミソリ刃を取り付けるものなど、先端がカーブしているクープナイフは両刃タイプ。初めての方だと、「どちらで切ればいいの?」と悩むことがあるかもしれません。

でもこれなら迷う心配なし♪
切れ味も抜群で、細かいラインを入れるのにも◎

また、キャップが付いているため安全で、シンプルな形は片付ける場所を選びません。
ぜひ一度、使ってみていただきたいお品です。

おすすめのアイテム
KHS クープナイフ プラ柄

クープナイフの持ち方

まずは、クープナイフを持ってみましょう。

クープナイフは、親指・人差し指・中指で柄の端の辺りを軽く持ちます。
ぎゅっと握らず、なるべく力を抜いて優しく持つのがポイントです。

クープの入れ方

バゲットとカンパーニュを例に、クープの入れ方をお教えします。

バゲット

バゲットのクープは、一般的に「皮一枚剥ぐように入れる」といわれます。「皮一枚=なるべく薄く」切り込みを入れるのが大切。ですが、浅すぎても深すぎてもクープが開きにくくなります。

クープナイフは、生地に対して少し(45度ほど)寝かせ、力を抜いて切り込みます。

このとき力んでしまうと、クープナイフに生地が引っかかってスムーズに切れなかったり、生地をつぶしてしまったりするので注意!

ここで、クープを入れる位置を確認してみましょう。
バゲットのクープは、Bの赤線のように「斜め」に入れるイメージがあるかもしれません。ですが、実際はAの赤線ように「真っすぐ」に近い形に入れるのが理想。

A:良い例

  • 生地中心の青いライン上にクープが収まっている
  • クープ同士が約1/3ずつ平行に重なっている
  • クープそれぞれの長さ・角度が同じ
  • 生地の端からスタートして生地の端で終わる

B:悪い例

  • クープ同士に重なりがない(もしくは少ない)
  • クープそれぞれの長さ・角度がバラバラ

フランスパンのクープの本数は、本来なら長さによって変わります。ですが、まずはご自身がやりやすい本数でやってみてくださいね^^

イメージトレーニングもおすすめ

ためらわずにテンポよく!…といわれても、難しいものですよね^^;
そんなときは、クープを入れる前にイメージトレーニングしてみるのもおすすめです。

紙にバゲットを描いたらペンでクープのラインを入れます。
クープを入れる場所・重なり具合・スピードなど、何度も行うとイメージがわきますよ。

イメトレ後は、はじめの一歩として画像のようにカードをあててみると、クープのラインがイメージしやすくなります。

このとき、クープナイフの角度も意識してくださいね(45度ほど寝かせるのを忘れずに!)。
イメージがつかめたら、次はカードなしでチャレンジしてみましょう。

カンパーニュ


バゲットとは異なり、カンパーニュやミルクハースのクープは、生地に対して垂直に切り込みます。

十字クープの場合、まず縦に1本クープを入れ、次に画像のように左右別々に。端から中心に向かって2本目。その反対側も同じように3本目と入れます。

利き手でクープナイフを軽く持ち、生地が引っ張られないように反対の手でそっと押さえます。バゲットと同じように、力を入れすぎないようにしてくださいね。

そして大切なのが、全てのラインを同じ深さにすること。バゲットより、気持ち深めにクープを入れるよう意識しましょう。

もし一部分が切れていなかったり浅くなったりした場合は、追加でクープを入れることができます。
その場合、のこぎりのようにギコギコと何度も切り込むのは、生地がつぶれてしまうためNG。

最後に

クープナイフがどんなものなのか、どんなふうに使うのか、おわかりいただけたでしょうか。

クープがうまく入っても、焼き上がりが思ったように開いていないこともあると思います(私自身ももちろんあります^^;)。

クープ自体の問題もありますが、それ以前に生地の配合・状態・成形のやり方・発酵状態・焼成などなど。クープが開かない原因はひとつではありません。

皆さまの理想の形に、一歩でも近づくお手伝いになればうれしいです。

【おすすめの特集】フランスパンレシピフランスパンレシピの特集はこちら
date
2021/10/25
writer
sheipann
category
パン作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。
sheipann

三度の飯よりパン・お菓子好き♪
教室や販売も行いながら
「美味しい」の笑顔のために毎日愛情込めて手作りしています♡

この記事にコメントを書く

コメントを残す

マルチシリアル入り雑穀パンのレシピ

体にうれしい雑穀入りのパンを作ろう 健康志向の高まりから人気の雑穀。ご飯に混ぜたり、サラダなどの総菜に加えたり、食べ方はさまざま。 その雑穀をパンにもプラスして、おいしさはもちろん、栄養たっぷりでヘルシーなパンを作りませ...

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

製菓・製パン材料・調理器具の通販サイト【cotta*コッタ】は、あなたのお菓子・パン作りを応援しています。