5,900円以上ご購入で送料無料! - 4/24(水)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

編み成形をマスター!ツォップのレシピ

date
2019/02/18
writer
みりんパン
category
パン作り

編み成形で作る伝統的なパン・ツォップ

編みこまれた形状が特徴のツォップ。
見た目にも華やかで、魅力的なパンですよね。

今回のコラムでは、甘みを感じる生地で焼き上げた食べやすいツォップレシピと、レーズン入りのアレンジレシピをご紹介します。

はじめは難しく感じる編み成形ですが、一緒に覚えていきましょう。

ツォップ(Zopf)とは

ツォップとは、ドイツやスイスにおいて、日曜日の朝に食べられる伝統的なパン。

「ツォップ」という言葉は「編み込んだ髪」という意味を持ち、その名の通り、細長く伸ばしたパン生地を編み込んで作ります。

本来は甘くないツォップ。
現在ではレーズンやオレンジピール入りのもの、ワッフルシュガーやアーモンドをトッピングしたものなど、アレンジも多様になってきています。

ツォップのレシピ(2個分

ツォップの成形は、生地を2本使って編むものから8本使うものまであり、編み方によって見た目やボリュームも変わります。
ここでは、生地を2本使った四つ編み成形を詳しく解説します。

材料)

  • リスドォル…300g
  • 砂糖…30g
  • 塩…5g
  • 耐糖性インスタントドライイースト…4g
  • スキムミルク…12g
  • 全卵…45g
  • 水…140g
  • 無塩バター…42g

作り方

  1. 粉類をホイッパーで混ぜておき、全卵と水を粉類と混ぜてこねる。
  2. 生地の表面がきれいになるまで10分間ほどこねたら、常温に戻した無塩バターを混ぜて、再度10分間ほどこねる。
  3. 30℃で60分間程度、生地が約2倍の大きさになるまで一次発酵する。
  4. 生地を4等分にして、丸く形を整えて15分間ベンチタイムを取る。
  5. 生地を伸ばして三つ折りにして、さらに二つ折りにする。
  6. 手のひらで転がし、約45cmに伸ばす。
  7. ポイントは、真ん中は太め、両端は細めに伸ばすこと。
    残りも全て同じように伸ばしていく。

    *生地が伸びにくければ、乾燥しないようにラップやぬれ布巾をかぶせ、休ませながら行う。逆に生地がダレて、しわになってしまうときは、生地を二つ折りにしながら伸ばしていく。

  8. 伸ばした生地を縦(a-b)に置き、もう一本を上から横向き(c-d)にのせ、十字にする。
  9. (a)を上から下に持ってきて、(b)の下に通す。
  10. (c)を(a)の下に通す。
  11. (d)を(b)の上に重ねる。
    (d)を(c)の下に通す。

  12. 8~10を繰り返し、生地の端まで行う。
    *このとき生地をきつく編みすぎないようにする。

  13. 端まで編み込めたら生地を重ね、指で押さえて裏側に折り返す。

  14. 成形できました。

  15. 35℃で30分間程度、生地がひとまわり大きくなるまで二次発酵する。
  16. はけを使って生地に溶き卵を塗る。
  17. *このとき、はけは寝かせるようにして優しく塗る。

  18. 190℃に予熱したオーブンで18分間焼成して、完成。

レシピのポイント

ツォップの特徴は何といっても編み成形。
焼き上がったときにきれいな編み模様を出すための注意点は三つ。

  • 生地を細長く伸ばすときに、しわがよらないようにする。
  • きつすぎず、ゆるすぎず、ちょうどいい加減で編んでいく。
  • 適切に発酵を見極める。

編み成形は見た目の美しさだけでなく、引きを感じる食感を生み出す効果もあります。

動画でおさらい

リベイクして食べるのもおすすめ

糖分や卵が含まれている生地はリベイクするときに焦げやすいので、焼き時間は短めがおすすめです。
焼き戻すと、たっぷり入ったバターの香りが引き立ちますよ。

アレンジレシピ:レーズン入りツォップ

追加の材料(ツォップ2個分)

  • レーズン…100g
  • アーモンドスライス…適量

作り方

  1. こね上がった生地にレーズンを加えて、「ツォップレシピ」と同じように成形する。
  2. 二次発酵後の生地に卵を塗り、アーモンドスライスを散らす。
  3. 生地にたっぷり霧吹きをして焼成する。

  4. 焼き上がり。

このレシピのポイント

  • レーズンは湯通しして、冷ましたら水気をしっかり切っておく。
  • レーズンを生地と合わせる際は、つぶれてしまわないように注意。
  • こね終わった生地に、最後にレーズンを混ぜ込む。

  • レーズンが表面に出ていると焼いたときに焦げてしまうので、成形時に飛び出てきたレーズンは、なるべく生地の中に入れ込むようにして成形していく。

甘くてみずみずしいレーズンが、ツォップの生地とよく合います。
アーモンドの香ばしさと食感もアクセントになり、とてもおいしいですよ。

おわりに


編み成形はマスターできたでしょうか。

本場の伝統にならって、日曜日の朝にツォップとともにモーニングを楽しみましょう♪

date
2019/02/18
writer
みりんパン
category
パン作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

フルタイムで働く合間、パン作りをするのが楽しみな主婦。焼き立てパンのおいしさを、より多くの方に知っていただけるとうれしいです。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

発酵なしで簡単!アメリカの家庭の味・コーンブレッドレシピ

アメリカの伝統的なパン コーンブレッド日本ではあまり知られていないコーンブレッド。とうもろこしの風味とやさしい甘さが癖になる、アメリカで古くから愛されている伝統的なパンです。今回は、コーンブレッドのレシピをご紹介します。...

成形時にアレンジ!基本の生地から作る2種のベーグルレシピ

ひとつの生地から2種類のベーグルを作ろうベーグルは、いろいろな味やフィリングで楽しめる人気のパン。今回のコラムでは、シンプルなプレーン生地を成形時にアレンジをして、2種類のベーグルを作るレシピをご提案。フィリングやトッピ...

小麦ふすま粉とは?おいしく食べられるパンレシピ

小麦ふすま粉を使ってみよう小麦の一番外側の皮を細かくひいて作られる「小麦ふすま粉」。「小麦ブラン」という名前で呼ばれることもあるので、聞いたことがある方もいらっしゃるのでは?小麦ふすま粉は、栄養価が高くて、健康が気になる...

基本のポップオーバーレシピとおいしい食べ方

無理なく作れるクイックブレッド、ポップオーバー日本での認知度もだいぶ上がったポップオーバー。今回は、基本のポップオーバーレシピと一緒に、さまざまなアレンジメニューをご紹介します。ポップオーバーとはポップオーバーとは、アメ...

懐かしの菓子パン 簡単・甘食レシピ

懐かしの味 甘食を作ろう日本生まれの昔懐かしいおやつパン、甘食をご存じでしょうか?甘食は明治時代に誕生し、昭和には町のパン屋や駄菓子屋で売られていました。子どもの頃に食べていた方には、懐かしい存在ですよね。今回は、シンプ...

おすすめ PICK UP!

編み成形をマスター!ツォップのレシピ