cotta column

キャラメルロールケーキのレシピ

date
2021/12/02
writer
an
category
お菓子作り

キャラメル感たっぷりのロールケーキを作ろう!

今回は、生地にもクリームにもキャラメルを入れた、キャラメル感たっぷりのロールケーキのレシピをご紹介します。

生地作りに使用するのは、vivianさん監修の「長方形ロールケーキ天板」。
ロールケーキを巻くのが苦手な方や、初心者さんにこそおすすめしたいアイテムです♪

使って納得のロールケーキ天板!

正方形のものが多いロールケーキ用の天板。小さいサイズだと長さが短くてクリームが少ししか巻けなかったり、断面が小さくなったりと、物足りなさを感じる場合があります。

vivianさん監修のロールケーキ天板の特徴は、長方形のこの形。

縦長に生地を置いて巻けば、生地が長いぶん太めに仕上がるから満足できるボリュームに。

短辺の幅が約21cmと両手でしっかりとロールケーキをホールドできる長さになっているのもポイントで、巻き始めの作業がスムーズに行えます。
くるくるとかわいい断面のロールケーキもお手の物♪

軽くて扱いやすく、継ぎ目がないのでお手入れも簡単!オーブン付属の天板と違って平らだから生地がならしやすく、熱伝導率が良いので焼きムラになりにくい点も◎

シンプルな見た目の中にこだわりが詰まっていて、私自身手放せない存在です。

キャラメルロールケーキのレシピ(vivianさん監修 長方形ロールケーキ天板 小1枚分)

味のポイントとなるキャラメルは、グラニュー糖を焦がしすぎると苦くなり、焦がし足りないと甘くなります。見極めには慣れが必要ですが、難しくはありません。

キャラメルホイップクリームを作る

まずキャラメル風味のホイップクリーム作りから。クリームを冷やしている間に生地を焼き、巻く直前に泡立てると作業がスムーズ。

材料

  • グラニュー糖…50g
  • 水…5cc
  • 生クリーム…200cc
おすすめのアイテム
cotta 細目グラニュー糖 250g

作り方

  1. 生クリームを常温程度に温める。
  2. グラニュー糖と水を小鍋に入れて中火にかけ、鍋をゆすりながら熱する。
  3. 濃く淹れた紅茶くらいの色になったら火を止め、すぐに生クリームを少しずつ加えながら、木べらまたは耐熱ゴムベラで混ぜる。

    ここがポイント
    焦がしすぎて苦くならないよう注意。へらなどで混ぜながら熱すると結晶化してしまう場合があるため、鍋をゆすりながら熱します。

    鍋の中でキャラメルが固まってしまったら、混ぜながら弱火で溶かしてください。

  4. ボウルに移し、底を氷水にあてながらゴムベラで混ぜて粗熱を取り、冷蔵庫で冷やしておく。

生地を作る

材料

卵黄生地

  • 卵黄…Mサイズ3個分
  • グラニュー糖…50g
  • サラダ油…30g
  • 熱湯…50cc
  • バニラビーンズ…4cm程度
  • 薄力粉…60g
  • ベーキングパウダー…2g

メレンゲ

  • 卵白…Mサイズ3個分
  • グラニュー糖…25g

キャラメルクリーム

  • グラニュー糖…40g
  • 水…5cc
  • 生クリーム…40g

下準備

  • 型に敷き紙を敷く。
  • 材料はすぐに混ぜられるように全て計量する(バニラは種をこそいでおく)。
  • 薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるう。
  • サラダ油と熱湯を混ぜておく。
  • オーブンを180℃に予熱する。

作り方

  1. キャラメルクリーム用のグラニュー糖と水を小鍋に入れて中火にかけ、鍋をゆすって回しながら熱する。
  2. 濃い紅茶色まで焦がしたら、生クリームを加えて耐熱のゴムベラで混ぜ合わせる。
  3. 小さめの容器に移して粗熱を取る。出来上がりから50g使用するので、計量しておく。

  4. メレンゲ用の卵白をハンドミキサーの高速で泡立てる。白っぽくなったらグラニュー糖を3回に分けて加え、その都度よく泡立てる。
  5.  
    *持ち上げたときに下に落ちず、ツノが立って少しおじぎするくらいのかたさのメレンゲを作る。立てすぎてぼそぼそにならないよう注意!

  6. [卵黄+グラニュー糖]→[油+熱湯+バニラビーンズ+キャラメルクリーム50g]→[ふるった粉類]→[メレンゲ1/3量]の順に混ぜる。
  7.  
    *材料を加える度に側面の生地を落として混ぜ込みます。ダマができないよう、なめらかな生地を目指してください。

  8. 残りのメレンゲを加えて混ぜる。
  9. 左手はボウルに添えて回しつつ、右手はゴムベラで生地の中央にへらの側面から切るように入れ、底から面ですくって返すようにして30~35回ほど混ぜる。

    *目安は、白い筋が見えなくなるまで。さらさらになってしまうと混ぜすぎです。

  10. 生地を型に流し入れてカードで表面をならし、軽く台に落として大きな気泡を抜く。
  11. 予熱しておいたオーブンで15分間焼く。

  12. ケーキクーラーの上に型紙ごと移す。
  13. 粗熱が取れたら、オーブンシートなどをかぶせて乾燥に注意しながら冷ます。

クリームを巻いて仕上げる

作り方

  1. 冷やしておいたキャラメルホイップクリームを、巻き込みやすいかたさに泡立てる。
  2. 生地より大きいオーブンシートに焼き目を下にしてのせ、巻き始めと巻き終わり(辺が短いほう)を斜めに切り落とす。
  3. クリームを塗り広げ、隙間ができないよう奥へ向かってくるくると巻く。
  4. 巻き終わりは、カードでオーブンシートを押し込むようにし、しっかりと形を整える。
  5. 冷蔵庫で冷やす。

  6. 完成!

ご紹介したロールケーキ、実は私がキャラメルシフォンケーキを焼くときの生地。
今回使用した天板には、17cmサイズのシフォン型の生地量がぴったりでした。

一般的なロール生地なら、卵2個分でOK!商品ページから、vivianさんのレシピを見ることができます。
さまざまな生地でバリエーションを楽しんでみてはいかがでしょう。

キャラメル風味満点のリッチなロールケーキ

生地にもクリームにもキャラメルを入れたロールケーキのレシピ、いかがでしたか?
ほろ苦さが感じられ、甘すぎずない味わいは、コーヒーや紅茶のお供にぴったりです♪

ぜひお試しください。

【おすすめの特集】長方形ロールケーキ天板vivianさん監修 長方形ロールケーキ天板の特集はこちら
date
2021/12/02
writer
an
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

自家焙煎珈琲専門店にて、焼き菓子作りやレシピ作成等を担当中。コツやポイントの理由を明確にしたレシピ作成を心がけています。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

材料4つ♪割って楽しむ大きなサブレのレシピ

もっと手軽にお菓子作りを楽しみたい! 皆さんが手作りするうえで身近なお菓子といえば、サブレではないでしょうか。 でも実は、簡単なようでいて難しい工程があるお菓子。 今回は手軽に作れて絶対においしいサブレ生地のレシピを、2...

お菓子に抹茶を使うときの注意点

抹茶、きちんと使えていますか? お菓子作りに大人気の素材、抹茶。 実は、その取り扱いには注意点がたくさん! 変色やダマなどを回避して、おいしく美しい抹茶スイーツを楽しみましょう! 抹茶について知ろう 抹茶の原料は緑茶です...

簡単焼き菓子で作るおうちパフェレシピ

おうち時間を楽しむオリジナルパフェを作ろう フルーツやクリームなど、いろんな食材をグラスに重ねて作るパフェ。 カフェなどで定番のスイーツですね♪ パフェは、フランス語の「パルフェ(parfait)」が語源といわれています...