5,500円以上ご購入で送料無料! - 7/19(金)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

ヴィジタンディーヌのレシピ・作り方

date
2024/07/05
writer
chiyo
category
お菓子作り

このフランス菓子、知ってる?

「ヴィジタンディーヌ」というお菓子をご存じでしょうか?
名前を聞いて、すぐにピンとイメージできる方は少ないように思います。

今回は、ヴィジタンディーヌについて詳しくご紹介。
マルグリット型を使ったかわいいレシピもお教えします。

ヴィジタンディーヌとは

ヴィジタンディーヌとは、フランスの北東部にあるロレーヌ地方の郷土菓子。
「修道女」という意味を持つ言葉で、サント・マリー修道会で作られていたといわれています。

名前だけ聞くとどんなお菓子か想像つかない方も多いこのお菓子。実は似たお菓子があるのです。

それは、だれもが知っている有名な焼き菓子・フィナンシェ。
材料はほぼ同ですが、卵白の使い方と形が変わります。

ヴィジタンディーヌとフィナンシェの違い

フィナンシェは卵白に他の材料を合わせていく作り方。一方ヴィジタンディーヌは、卵白の一部を泡立ててメレンゲにしたものを加えます。

そのため、フィナンシェに比べると軽い口あたりが特徴。
フィナンシェと同じように焦がしバターを使うため、しっかりとしたコクが感じられます。

また、「金融家」という意味を持ち、金の延べ棒をイメージした型で焼き上げるフィナンシェに対して、ヴィジタンディーヌは花の形の型を使うことが多いようです。

ヴィジタンディーヌのレシピ(6個分)

今回は「cotta マルグリット型(6個取り)」を使い、かわいいマーガレットの形に焼き上げます。

材料

  • 無塩バター…60g
  • 卵白(A)…30g
  • グラニュー糖(A)…30g
  • はちみつ…15g
  • アーモンドプードル…35g
  • 薄力粉…30g

  • 卵白(B)…30g
  • グラニュー糖(B)…30g

下準備

  • 型に油脂を塗っておく。
  • 薄力粉をふるっておく。
  • オーブンを焼成温度より20℃高い設定温度で予熱しておく。

作り方

  1. バターを鍋に入れて加熱し、焦がしバターを作る。
    白い沈澱物が茶色くなったら鍋底を冷水に当て、焦げを止める。

  2. ボウルに卵白(A)とグラニュー糖(A)を入れ、ホイッパーで混ぜる。

  3. アーモンドプードルを一度に入れてホイッパーで混ぜる。

  4. ふるっておいた薄力粉を一度に入れて混ぜる。

  5. 1の焦がしバターを2回に分けて加え、その都度バターがなじむまでゴムベラで混ぜる。

  6. 別のボウルに卵白(B)とグラニュー糖(B)を入れ、ハンドミキサーでメレンゲを作る。

  7. メレンゲをゴムベラでひとすくい5のボウルに入れ、よく混ぜる。
    *メレンゲをひとすくいだけ入れて混ぜることで生地が緩みます。次に入れるメレンゲがつぶれにくくなるこのひと手間がコツ!

  8. 残りのメレンゲを全て入れ、メレンゲの泡をつぶさないようにゆっくり丁寧に混ぜる。

  9. 下準備で油脂を塗った型に入れる。

  10. 焼成する。
    電気オーブン、210~220℃で9~10分間。
    ガスオーブン、200~210℃で9~10分間。

    ※お使いのオーブンによって火力が違うので、焼成温度・時間は調整を。
    焼きムラや焦げができやすい場合があるので、オーブンの中の様子をしっかり見て焼き時間を調整してください。

  11. ケーキクーラーにのせ、粗熱を取ったら出来上がり。

ヴィジタンディーヌ」の詳しいレシピページはこちら。

レシピのポイント

ヴィジタンディーヌは、泡立てた卵白(メレンゲ)の混ぜ合わせ方がポイント!

メレンゲを加える際は、必ず2回に分けて加えてください。

1回目のメレンゲはゴムベラでひとすくい程度(全体の1/3~1/2程度の量)を入れましょう。
このメレンゲを混ぜるときは、泡がつぶれても大丈夫。次に入れるメレンゲが混ぜやすいように、生地を緩める目的で入れます。

2回目のメレンゲは、できるだけ泡がつぶれないように丁寧に混ぜてください。
ふわっとした生地に仕上がれば◎

かわいいフランス伝統菓子・ヴィジタンディーヌ

今回は、フィナンシェに似たお菓子・ヴィジタンディーヌのレシピをご紹介しました。

メレンゲ効果でふわっと軽い食感がUP!バターの香ばしさ・コクも楽しめるヴィジタンディーヌ。
かわいいお花の形も魅力的です。

ぜひ作ってみてください。

【おすすめの特集】cotta マルグリット型(6個取り)cotta マルグリット型(6個取り)の商品ページはこちら

date
2024/07/05
writer
chiyo
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

口に入れた瞬間に笑顔いっぱい広がるようなお菓子やパン作りまたそれを伝えていきたいと思ってます。不定期にお菓子教室開催。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

レモンパウンドケーキのレシピ・作り方

旬の国産レモンでパウンドケーキ作り♪今回は、国産レモンを使ったレモンパウンドケーキのレシピをご紹介します。焼き上がりにレモンシロップをたっぷり染み込ませて香り豊かに。口の中で広がるレモンの風味が楽しめるパウンドケーキです...

話題の生シフォンケーキの作り方

話題のスイーツ・生シフォン!今、話題の「生シフォン」。コンビニでも見かけることが多いのではないでしょうか?軽い食感はおやつにピッタリだし、クリームが中に詰まっているからラッピングしやすくて持ち寄りにもgoodなんですよ!...

シチリアのアイスデザート、カッサータの作り方

華やかな断面のアイスデザートカッサータはイタリアのシチリア島の冷たいデザート。チーズが入ったクリームに、たっぷりのナッツとフルーツを入れて冷やし固めたカッサータ。断面が華やかで、食べるときはスライスするだけなのでおもてな...

【フライパンで簡単】大判焼き(今川焼き)のレシピ

おやつにぴったり!焼きたて大判焼きカリッとした皮の中に、あんこやカスタードがたっぷり入っている大判焼き。大判焼きといえば、専門店や出店、スーパーでも冷凍食品として売られているなど、飽きが来ないおいしい和菓子ですよね♪今回...

ふわふわ派?しっとり派?レモンケーキの違い

レモンケーキのレシピ、どれを選ぶ?レモンケーキを作りたいけれど、レシピがいろいろあってどれがいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。「製法によって食感はどう違うの?」「コーティングはチョコとアイシングどっち...

おすすめ PICK UP!

ヴィジタンディーヌのレシピ・作り方