5,500円以上ご購入で送料無料! - 7/19(金)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

アレンジも自由自在!イタリア生まれのグリッシーニレシピ

date
2019/01/17
writer
森嶋マリ
category
パン作り

グリッシーニってどんなパン?

グリッシーニはイタリアのスティック状のパン。
パンといっても、食感はクラッカーのようにポリポリッ。

ふんわりパンと違って、発酵の見極めにさほど気を使わず、難しい成形もありません。
なので、パン作り初心者でも作りやすく、気軽にトライできます。

今回は、一つの生地から、簡単に5種の風味のグリッシーニを作ります。

5種の風味のグリッシーニレシピ

それでは、早速作ってみましょう。

材料(20~25本分)

  • 強力粉…150g
  • 全粒粉(または薄力粉)…100g
  • 砂糖…小さじ1
  • 塩… 3g
  • ドライイースト… 3g
  • ぬるま湯…150ml
  • オリーブオイル…大さじ1
  • オリーブオイル…適量
  • 岩塩・黒こしょう・粉チーズ・ドライハーブ…適量

生地を作る

  1. ボウルに強力粉・全粒粉・砂糖・塩・ドライイーストを入れて、ざっと混ぜます。
  2. ぬるま湯にオリーブオイルを大さじ1加え、軽く混ぜます。
  3. 1で混ぜた粉類のボウルに、2で混ぜたぬるま湯+オリーブオイルを注いで、混ぜ合わせます。
  4. こねます。写真は機械でこねていますが、もちろん手ごねで作れます。
  5. 全体がなめらかになったら、オーブンシートの上に置き、10×30cmの長方形に伸ばします。

    *伸ばすときに、ぶちぶちと切れてしまう場合は、こね不足です。もう少しこねてみましょう。
  6. 表面と側面にオリーブオイルを塗ります。
  7. ふんわりするまで発酵させます(35℃で約50分間)。

成形する

  1. 生地の短いほうの辺(10cmの辺)から幅1cmほどにカットします。

    *最初に生地の全量をカットしてしまうと乾燥しやすくなるので、1本ずつカットしながら作業を進めてください。
  2. 生地は天板の長さに合わせて、台の上で転がして伸ばします。

    *がんばって長く伸ばしたら、天板からはみ出した! なんてことにならないようにご注意を。

    *細く伸ばせば、カリッとかための食感に焼き上がります。
    太めに伸ばせば、ソフトな食感になります。
    どちらもおいしいので、お好みで調整してください。
  3. 1本ずつカットしては伸ばすということを繰り返します。
  4. 風味を加える生地はカットして台に置いたら、岩塩・黒こしょう・粉チーズ・ドライハーブをそれぞれまぶしてから、転がして伸ばします。

    *岩塩と黒こしょうは風味が強く出るので、量は控えめにしましょう。

風味付けには岩塩・黒こしょう・粉チーズ・ドライハーブを使いましたが、他にも、ごま・カレー粉・青のりなどをまぶしても、おいしいグリッシーニができます。

焼成する

  1. オーブンシートを敷いた天板に並べていきます。
  2. 伸ばして天板に並べた生地も乾燥しないように、生地に水を適宜霧吹きします。
  3. 190℃に予熱したオーブンで、15分間焼いたら完成です。

「グリッシーニ ―― ひとつの生地から5種の味わい」の詳しいレシピページはこちら

トマト・グリッシーニ

上記のレシピで、水の代わりにトマトジュースを使えば、トマト風味のグリッシーニができます。

水の全量をトマトジュースに置き換えても、ほんのりと上品なトマト味です。

おつまみ・アンティパストに

おやつにそのまま食べても、もちろんおいしいグリッシーニ。
おつまみやアンティパスト(前菜)にもおすすめです。

おつまみ

ディップを添えれば、ワインにぴったりのおつまみになります。

クリームチーズ系・トマト系・アボカド系、どんなディップとも合います。

今回、私が用意したのは、ほぼ残りもので作ったディップ。

一つは、冷蔵庫の中に残っていた瓶詰めのピクルスやケイパーを刻んで、クリームチーズと混ぜました。
かたさ調節にヨーグルトを加えています。

もう一つは、完全なる余りもの。
前日のパスタに使ったミートソースです。
こちらは生クリーム(牛乳でもOK)を加えて、とろみを調節しました。

アンティパストに

お客さまを招いてのおもてなしなら、アンティパスト(前菜)にしてはどうでしょう。

本来、アンティパストにするのが、本場イタリアのグリッシーニの食べ方です。

生ハムやチーズ、野菜と一緒に盛りつければ、ちょっとおしゃれな1品になります。

野菜を増やせば、カジュアルなブランチにもなりそうです。

お好みのスタイルで楽しもう

余りものの消費から、おもてなしまで、いろいろなシーンで活躍するグリッシーニ。

お好みの味付けにしたり、いろいろなトッピングを楽しんだり。
自由な発想で、さまざまなグリッシーニ作りを試してみてくださいね。


ぜひあなた好みのグリッシーニを見つけてください。

date
2019/01/17
writer
森嶋マリ
category
パン作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

パンとお菓子作りが趣味の翻訳家。食べてくれた家族や友人が「おいしい」と笑顔になるのが、何よりも幸せ。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

【早起きが楽しみに】朝食におすすめのコラム4選

おいしい朝食を食べて、ハッピーな1日の始まり!毎日パワフルに過ごすためには、朝食をしっかり食べることがとても大切!おいしい朝食があれば、早起きするのも何だかワクワクしちゃいますよね。そこで今回は、ハッピーな1日の始まりを...

ふんわりやわらか♪白いコッペパンのレシピ

ソフトな食感が楽しめる白いコッペパンを作ろう今回ご紹介するコッペパンは、香ばしい焼き上がりが特徴の定番のものではなく、ふんわりソフトな食感の白いコッペパン!低温で白焼きすることによってパン生地の水分がオーブンの中で蒸発し...

くるみ入りバゲットのレシピ

香ばしいくるみがたっぷり入ったバゲットを作ろうお菓子やパン作りの材料として人気のナッツ、「くるみ」。おいしさはもちろん、栄養が豊富なこともうれしいですよね。今回は、くるみをたっぷり入れたバゲットのレシピをご紹介。くるみの...

難しい成形なし♪手のひらサイズのりんごパンのレシピ

パンのフィリングにもぴったりなりんご果物の売り場にたくさんのりんごが並ぶ季節になりました。りんごは、お菓子だけでなくパンとも相性抜群!今回はりんごを使ったパンのレシピをご紹介。私が作るりんごのパンは、フィリングに煮たりん...

ひとつの生地で作れる♪バタートップ&ドッグパンのレシピ

ひとつのレシピで二度おいしい♪2種類のパンを作ろう今回ご紹介するのは、ぽこぽことした山型のバタートップと、ぷっくりフォルムのドッグパン。どちらも、同じ型と生地で焼き上げることができるレシピです。使用する型は菅又亮輔シェフ...

おすすめ PICK UP!

アレンジも自由自在!イタリア生まれのグリッシーニレシピ