5,500円以上ご購入で送料無料! - 3/4(月)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

失敗しない!マーブルパウンドケーキの作り方

date
2019/01/24
writer
みのすけ
category
お菓子作り

マーブル柄のパウンドケーキ

マーブル柄のパウンドケーキ。
誰もが一度は目にしたことのあるポピュラーな焼き菓子です。

しかし、マーブル柄をちょうどよく出すのって、意外に難しいと感じることはありませんか?
混ぜすぎても、混ぜが足りなくても、ちょっと違う仕上がりになってしまいます。

今回は、簡単にきれいなマーブル柄が出せるパウンドケーキの作り方をご紹介。
また、シュガーバッター法(白く泡立てたバターと砂糖に、卵と小麦粉を入れて作る方法)のパウンドケーキの基本も振り返ります。

目指すマーブル模様は?

「マーブル」とは、英語で「大理石」という意味。
大理石の独特の濃淡と模様をイメージして作りたいと思います。

失敗しない!マーブルパウンドケーキ

材料(18cmパウンド型1個分)

  • 無塩バター…90g
  • 細目グラニュー糖…70g
  • 卵…90g
  • 薄力粉…90g
  • ベーキングパウダー…1g
  • スイートチョコレート…50g
  • ラム酒(ダークラム)…10g

下準備

  • オーブンは170℃に予熱する。
  • パウンド型に型紙を敷く。
  • 卵とバターは室温に戻す。
  • チョコレートは60℃の湯せんに当てて溶かす。
  • 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるう。

型の準備でおすすめなのが、くりかえし使えるオーブンシートを使う方法です。
オーブンシートを型に合わせて切っておくと、使用後でも洗って何度も使えます。

毎回紙を切ることもなく、思い立ったらすぐに準備できるのでとっても便利。

オーブンシートは紙よりも熱のあたりがやわらかくなるので、底だけ色が付きすぎる可能性も減ります。
繰り返し使えるので、長い目で見ると経済的。

おすすめなので、ぜひ試してみてください♪

プレーン生地を作る

  1. 室温に戻してやわらかくなったバターを、ゴムベラでなめらかな状態に混ぜる。
  2. バターにグラニュー糖を加え、白っぽくなるまでハンドミキサーで混ぜる。

    *混ぜはじめ

    *混ぜ終わり
  3. ほぐした卵を少しずつ加え、分離しないようその都度しっかりハンドミキサーで混ぜ込む。

    *ボウルの縁に卵が付いたまま作業を続けていると、分離が起きやすくなります。
    ゴムベラでボウルに付いた生地を払い、その都度混ぜ込んでいくようにしましょう。

    *それでも後半で分離しそうになったら、ふるっておいた粉の1/3程度を加え、ゴムベラで混ぜ込んでから、残りの卵を加えていってください。

    *卵を加え終わったあたりで、湯せんに当てて溶かしていたチョコレートを、湯せんから外しておきましょう。
    冷め過ぎないように、ふきんの上などに置きましょう。
  4. ふるった粉を一気に加え、ゴムベラでさっくり混ぜる。

    粉が生地になじむまで混ぜる。
  5. ラム酒を加え、なじむまで混ぜる。

マーブル生地を作る

ここからきれいなマーブル柄にするポイントです!

  1. 湯せんから外しておいたチョコレートの入ったボウルを用意する。
  2. プレーン生地の1/4をチョコレートの入ったボウルに加え、ゴムベラで一気に混ぜる。
  3. チョコレート生地の1/2をプレーン生地の上にのせ、ゴムベラで2回混ぜる。
  4. 残りのチョコレート生地も加え、ゴムベラで2回混ぜる。
  5. 型に流し、生地を平らにならす。

    ゴムベラで生地の中心に1本線を書いておくと、きれいに割れやすいです。
  6. 170℃で40分間焼成する。
  7. 焼き上がったら軽く台に落としてショックを与え、完全に冷ましたら完成!
    s="aligncenter size-full wp-image-12328" />

おいしく食べるには

ラップに包んで、1日置いて食べるとおいしいです。

冷凍保管して、解凍してから食べるとよりしっとり感が増します。

チョコの濃さと分量

マーブル柄にするとき、チョコレート生地を2回に分けて加えると、だいぶきれいに模様が出やすくなります。

1回で合わせてしまってもよいのですが、加減が難しく、あまりマーブル模様にならず黒白はっきり分かれ過ぎてしまったり、混ぜ過ぎてしまったり…。

また、色の濃いほうの生地の量を若干少なくすることで、マーブル柄が出しやすくなると感じます。
なので、今回はチョコレートをプレーン生地の1/4量で加えました。

お好みで生地の濃さは調整してみてください。

きれいなマーブル模様を楽しもう♪

いかがでしたか?
カットしたときにきれいなマーブル模様が出るとうれしいですよね。

ぜひいろいろなフレーバーで試してみてください!

【おすすめの特集】パウンドケーキパウンドケーキの特集はこちら
date
2019/01/24
writer
みのすけ
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

お菓子作りがなにより楽しく、食べることも大好きです。菓子製造技能士2級(洋菓子)取得済。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

「ブランシール」とは?卵黄を白っぽくなるまで混ぜる理由

卵黄を白っぽくなるまで混ぜるのはなぜ?「卵黄に砂糖を加えて白っぽくなるまですり混ぜましょう」。お菓子作りの工程で、誰もが目にしたことのある一文ではないでしょうか。でも、これって何のため?どこまでやればいいの?今回はそんな...

本物そっくり!とび箱パウンドケーキのレシピ

ユニークでかわいい♪とび箱パウンドケーキを作ろう皆さんは、松永製作所の『とび箱パウンド型』をご存じでしょうか。その名のとおり、パウンドケーキをとび箱の形に焼き上げることのできる、遊び心溢れる楽しい型です。今回はこの型を使...

レンジで作る和菓子Part1~お花見団子の作り方~

お花見団子もレンジで簡単!皆さん、梅はもう見に行きましたか?三寒四温、まだまだ寒い日もありますが、この時期になると待ち遠しいのがお花見です!綺麗な梅や桜を愛でる時間は、「あぁ、日本人でよかった~。」なんて思ったりして。そ...

【おうちで旅気分】世界の国々の伝統菓子コラム5選

世界の伝統菓子で、おうちにいながら旅気分日本の伝統的なお菓子といえば和菓子ですが、世界にも魅力的な伝統菓子が数多くあります。そこで今回は、世界中の伝統的なお菓子に関するコラムをご紹介。一つひとつ手作りしてゆっくり味わえば...

スフォリアテッラのレシピ【冷凍パイシートで簡単手軽】

話題のイタリア菓子・スフォリアテッラバターのリッチな味わいが楽しめる、見た目に華やかなパリパリの皮。オレンジとシナモンの少し大人な香りの甘いクリーム。焼きたて熱々のスフォリアテッラは、本当に幸せを感じるスイーツです♪今回...

おすすめ PICK UP!

失敗しない!マーブルパウンドケーキの作り方