cotta column

一つのシュー生地から作るクッキーシュー&パイシューレシピ

date
2019/10/04
writer
shizuka
category
お菓子作り

2種類のシュークリームを同時に作ろう

ぷっくりと膨らんだ形がなんともかわいらしいお菓子、シュークリーム。
ケーキより持ち運びが簡単で、手土産やプレゼントにも喜ばれる定番のお菓子ですね。

今回は、老若男女問わず愛されるお菓子の代表、シュークリームをさらにおいしくアレンジ。

甘いクッキー生地がのったクッキーシューとサクサクのパイで包んだパイシューのレシピをご紹介します。

クッキーシューとパイシューの作り方(各6個分)

シュークリームの「シュー」は「キャベツ」の意味。
その名の通り、ぷっくりとキャベツのように膨らんだら大成功!

おいしいクッキーシューとパイシューを作っていきましょう。

クッキー生地を作る

材料(クッキーシュー6個分)

  • 無塩バター…30g
  • 砂糖…25g
  • 薄力粉…30g

作り方

  1. 室温に戻した無塩バターをボウルでよく練る。
  2. 砂糖を入れてさらに練る。
  3. 薄力粉をふるい入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。
  4. 生地をラップで挟み、1.5〜2mmの厚さに伸ばしたら、冷凍庫で冷やしておく。

    *冷凍するときは、バットの裏面など平らなところにクッキー生地をのせると、生地がボコボコにならず型抜きしやすい。

パイ生地を用意する

今回は冷凍パイシートを使用します。

材料(パイシュー6個分)

  • 冷凍パイシート…10cm角6枚
おすすめのアイテム
冷凍 パイシート10cm×10cm(30枚入)

作り方

  1. 10cm角の冷凍パイシートを8cm角にカットする。
  2. めん棒で10cm角に伸ばす。
    *右の画像のように、ひとまわり大きくなります。
  3. 冷蔵庫に入れておく。

ディプロマットクリームを作る

このレシピにぴったりのディプロマットクリームの作り方は、下記レシピページをご覧ください。

「簡単濃厚!ディプロマットクリーム」の詳しいレシピページはこちら

シュー生地を作る

材料(クッキーシュー、パイシュー各6個分)

  • 牛乳…120ml
  • 無塩バター…70g
  • 塩…ひとつまみ
  • 薄力粉…70g
  • 全卵…Lサイズ3個

下準備

  • バターは同じ大きさにそろえてスライスする。
  • 薄力粉はふるっておく。
  • 卵を常温に戻す。
  • オーブンを200℃に予熱する。

作り方

  1. 鍋に牛乳・スライスしたバター・塩を入れ中火にかける。
  2. 木べらで混ぜながらバターを溶かし、沸騰したら火を止める。

    *沸騰するまでにバターを溶かしきるのがポイント。
    沸騰し続けると水分量が変わってしまい、失敗の原因に。

  3. 鍋にふるっておいた薄力粉を全量入れ、素早く木べらで混ぜる。
  4. 粉気がなくなってまとまったら、弱火にかけて混ぜる。

    *鍋底にうっすらと膜が張るようになるまで混ぜるのが理想。
    絶えず混ぜながら、焦がさないように気を付けましょう。

    テフロン加工の鍋などは膜が張らない場合があるので、約1分間を目安に火にかけてください。

  5. 加熱が終わったら火を止め、生地をボウルに移す。
  6. 溶きほぐした卵を1/3量加えて、ハンドミキサーの低速でしっかり混ぜ合わせる。
  7. 最初は分離しますが、混ぜ続けるとまとまってきます。
  8. きちんと混ざったら、残りの卵の半分を加え混ぜる。
  9. 生地の状態を確認しながら残りの卵を少しずつ加え、木べらに持ち替えて混ぜる。
    生地を木べらですくって落とすと、3秒間くらいでボタっと落ちて、逆三角形に垂れて残るのがベスト。

    *卵はLサイズ3個で少し余ります。
    無理に全部加えずに、生地の状態が良ければストップしましょう。

  10. 丸口金をセットした絞り袋に生地を入れ、シルパットの上に丸く6個絞る。
    冷蔵庫からパイシートを出し、パイシートの上にも同様に6個絞る。

    *上に盛るように絞り出すのがポイント。
    もしこの段階で生地が冷めてしまっていたら、ボウルのまま湯せんで温めてください。

  11. 冷やしておいたクッキー生地を5.5cmの丸型で抜く。
  12. シルパットの上に絞ったシュー生地の上に、クッキー生地をそっとのせる。
    パイ生地は、シュー生地の中心に向かって角を折り畳む。
  13. 200℃に予熱したオーブンを190℃に落として、20分間焼成する。
    その後、180℃に落としてさらに20分間焼成する。
  14. 焼成後、10分間程度オーブンに入れたままにしておく。
  15. 焼き上がり。

仕上げ

  1. クッキーシューは底に小さめの丸口金で穴を開け、中にディプロマットクリームを詰める。
  2. パイシューは、上から1/3くらいのところをナイフでカットし、ディプロマットクリームをたっぷりと絞る。
  3. 出来上がり!

カットしたパイ生地の活用方法

パイシューのために切り落としたパイ生地は、シュガースティックパイに。

まずはパイ生地を細くカットしてねじり、180℃で20分間焼成。

はけでガムシロップを塗り、さらに10分間焼成。

出来上がり!

おうちで2種類のサクサクシューを作ってみよう!


いかがでしたか?
工程はたくさんあるように感じますが、コツさえつかめばとっても簡単!

クッキーシューとパイシュー、2通りのサクサク食感を楽しんで。
お店にも負けない、リッチなシューをぜひ作ってみてくださいね。

【おすすめの特集】シュークリームレシピシュークリームレシピの特集はこちら
date
2019/10/04
writer
shizuka
category
お菓子作り
shizuka

お菓子作りが大好きな、三人姉妹の母です。
おうちのキッチンでも美味しく本格的なお菓子が作れるよう日々奮闘しています。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

台湾の人気スイーツ、豆花レシピ

豆花(トウファ)を知っていますか? 豆花は人気の台湾スイーツ。豆乳を固めたものに、シロップとタピオカ、豆やお芋などをトッピングして、いただきます。 シンプルで素朴な豆花を提供しているお店は日本では多くありません。 そこで ...

メレンゲにまつわるエトセトラ

口当たりのよいムース、ふわふわなシフォンケーキ、サクサクとしたマカロン。どのレシピにも欠かせないモノ・・・それはメレンゲ。お菓子を作る人であれば必ず作ったことがあるはずのメレンゲについて、今回クローズアップしてみました。 ...

別立て生地、ビスキュイキュイエールとは?

お菓子の土台となる生地、ビスキュイキュイエール さまざまな生地を組み合わせて作る洋菓子。土台となる焼成生地にもたくさんの種類があります。 その中でも今回は、別立て生地であるビスキュイキュイエールについて詳しく解説していき ...

イタリアの伝統菓子、アマレッティレシピ

崩れるような食感のアマレッティ カリッと軽く、サクッと?ジャリッと?ホロっと?表現が難しいですが、崩れるような独特の食感。 甘さはしっかりしているのに、口いっぱいに広がるアーモンドの香ばしい風味とビターアーモンドの独特の ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。