cotta column

今が旬!簡単かぼちゃペーストで作るバウムクーヘンレシピ

date
2020/11/24
writer
nyonta
category
お菓子作り

旬のかぼちゃを使ってお菓子作り

甘みの強いかぼちゃは、お菓子やパン作りで大活躍!

毎年秋になると、今年はどんなかぼちゃスイーツを作ろうかと考えてワクワクしませんか?

今回は、かぼちゃを使ったバウムクーヘンのレシピをご紹介。
便利なかぼちゃペーストの作り方と保存方法付きです♪

お菓子作りに便利!簡単かぼちゃペーストの作り方と保存方法

お菓子作り・パン作りでかぼちゃを使う際は、ペースト状にして使うことが多いですよね。

電子レンジとフードプロセッサーを活用すれば、あっという間にかぼちゃペーストを作ることができます。

簡単かぼちゃペーストの作り方

  1. かぼちゃは半分にカットして種を取り除く。
    ひとくち大にカットして皮を剥き、耐熱皿に並べる。
  2. ふんわりラップをかけ、600Wのレンジで5分間加熱。

    *つまようじで刺してみて、スッと入るくらいやわらかくなっていればOK。
    かたければ、再度数分間加熱してください。

  3. かぼちゃをフードプロセッサーに入れ、なめらかなペースト状になるまで回したら出来上がり。

    *フードプロセッサーがない場合、熱いうちにつぶしてから網で裏ごししてください。

水分が多めのかぼちゃは、プリンやムースなどの生菓子に。
ホクホク系のかぼちゃは、焼き菓子やクッキーに練り込んだり、モンブランなどに使ったり。

かぼちゃは水分量によって食感にかなり違いが出るので、うまく使い分けておいしいかぼちゃスイーツに仕上げてください♪

かぼちゃペーストの保存方法

かぼちゃペーストはあらかじめまとめて作って保存しておくと、使いたいときにすぐ使えて◎

使いやすい分量に小分けしてラップで包み、フリーザーバッグに入れて冷凍保存すると長持ちします。
ラップで包むときに、なるべく空気が入らないようにピチッと密着させて包むのが、おいしさを保つコツです。

かぼちゃのバウムクーヘンのレシピ

手作りかぼちゃペーストができたら、さっそくかぼちゃスイーツ作り!
今回はかぼちゃペーストを生地にたっぷり混ぜ込んだ、バウムクーヘンのレシピをご紹介します。

かぼちゃのバウムクーヘン生地を作る

材料(15cmスクエア型1台分)

  • マジパンローマッセ…60g
  • 粉糖…30g
  • はちみつ…20g
  • ラム酒…大さじ1
  • 無塩バター…80g
  • 卵黄…3個
  • かぼちゃペースト…100g
  • 卵白…3個
  • グラニュー糖…60g
  • 薄力粉…70g
  • コーンスターチ…20g
  • ベーキングパウダー…3g

下準備

  • マジパンローマッセと無塩バターは常温に戻しておく。
  • 薄力粉・コーンスターチ・ベーキングパウダーは合わせてふるっておく。

作り方

  1. ボウルにマジパンローマッセを入れて、ゴムベラで練る。
    粉糖・はちみつ・ラム酒を加え、ダマのないなめらかな状態になるまでよく混ぜる。
  2. 常温に戻したやわらかい無塩バターを3回に分けて加え、よく混ぜる。
  3. ホイッパーに持ち替え卵黄を1個ずつ加えて、その都度よく混ぜる。
  4. かぼちゃペーストを加え混ぜる。
  5. 別のボウルに卵白を入れる。
    グラニュー糖を少しずつ加えながら泡立て、ピンとツノが立つメレンゲを作る。
  6. 4のボウルにメレンゲを1/3程度加え、ホイッパーで生地を持ち上げるようにして混ぜ合わせる。
  7. よく混ざったらメレンゲのボウルに移し、ゴムベラで混ぜる。
    *メレンゲの筋が少し残るくらいが目安です。
  8. 合わせてふるった粉類を加え、ゴムベラで混ぜる。
    *混ぜ終わりはつやがあり、なめらかな状態です。
  9. 15cmスクエア型にオーブンシートを敷く。
    生地を80g入れ、ドレッジで平らにのばす。
  10. 200℃に予熱したオーブンで8~10分間焼いて取り出す。
    表面に焼き色が付いていたら生地を80g入れてのばし、8~10分間焼く。

    これを生地がなくなるまで繰り返す。

    *7~8回、合計1時間以上焼くことになります。
    一番下の生地が焦げやすいので、3回目くらいで天板を2枚重ねにして、下火の当たりをやわらげてください。ダンボールや厚紙を敷いてもOKです。

  11. 焼成後はすぐに型から外し、網の上で冷ます。

仕上げ

材料

  • 粉糖…30g
  • 水…小さじ1
  • かぼちゃの種(お好みで)…適量

作り方

  1. 粉糖と水をボウルに入れ混ぜる。
  2. 焼き上がったバウムクーヘンに塗り広げる。
    200℃のオーブンで4~5分間、乾かすように焼く。
  3. 焼成後は網の上で冷ます。
  4. 端を切り落とし、8等分にカットして出来上がり。
    お好みでかぼちゃの種を飾っても。

「かぼちゃのバウムクーヘン」の詳しいレシピページはこちら

ラム酒はかぼちゃと相性が良く、香り高い仕上がりに。マジパンローマッセ入りの生地はリッチでコクがあります。

しっとりやわらかでおいしいですよ♪

栄養面も優秀!かぼちゃでお菓子を作ろう♪


甘くておいしいのはもちろん、栄養面でも優秀なかぼちゃ。
おいしく食べられて栄養も取れる、こんなにうれしいことはありませんね♪

寒くなってくるこれからの季節。
お菓子作りにも栄養豊富なかぼちゃを取り入れてみてください。

【おすすめの特集】カボチャのお菓子とパンレシピカボチャのお菓子とパンレシピの特集はこちら
date
2020/11/24
writer
nyonta
category
お菓子作り

製菓学校卒業後、ホテルやケーキ屋さんで働いていた経験を活かして、毎日楽しくお菓子作りしています。旬の食材で作る季節感のあるお菓子が大好きです!

この記事にコメントを書く

コメントを残す

絞り袋とは?種類や使い方を詳しく知ろう!

絞り袋について学ぼう お菓子作りにおいて出番の多い“絞り”の作業。やはり気になるのは、「どうしたら上手に絞れるか」ではないでしょうか。 でもそのためには、絞り袋の使い方が大事! 今回は上手に絞るための第一歩でもある、「絞...

冬の香り♪ゆずを使ったスイーツレシピ4選

ゆずを使ったスイーツは上品な味わいに 日本の冬に欠かせない食材といえば“ゆず”! 料理に使ったり、ゆず湯にしたりと大活躍のゆずですが、実はスイーツにもぴったりの食材なんです。 ゆずを使ったスイーツは、上品でさわやかな仕上...

サクサク食感♪メレンゲクッキーのレシピ4選

いろいろな味のメレンゲクッキーを作ろう! 卵白を泡立たメレンゲを焼き上げて作るメレンゲクッキーは、サクサクとした軽い食感が魅力! そこで今回は、さまざまな味が楽しめるメレンゲクッキーのレシピを集めました。 何かと余ってし...

おうちで作る本格オランジェットのレシピ

一度は作りたいオランジェット オランジェットは、かんきつ類の皮を砂糖漬けにしたもの(コンフィ)にチョコレートをかけたフランス生まれのお菓子。 果肉ごと輪切りにしたものや、皮だけを細長くカットしたものなど、見たことがある方...