cotta column

パウンド型で焼く レーズンとくるみの黒糖食パンレシピ

date
2021/04/05
writer
chiyo
category
パン作り

パウンド型を活用してパンを焼こう!

パウンド型は、お菓子を作るほとんどの方が持っていらっしゃるのではないでしょうか。
パンをよく作るという方の中にも、お持ちの方が多そうですよね。

今回は多くの方がお持ちのパウンド型を活用して作る、風味豊かな黒糖食パンのレシピをご紹介します。

使用するパウンド型について


今回のレシピで使用するパウンド型は、ブリキ製。
ブリキの型は、さびの原因になるためあまり洗浄しないのがおすすめです。

ただ、レーズンやチョコレートなどを使用したレシピの場合、型にこびりついてしまう場合もありますよね。
そんなときは、洗剤は使用せずに水で洗って汚れを取り除き、水分をきちんと拭き取って。

ブリキの型を洗った後は、しっかり乾かすのがポイント。型の隙間などに水気が残りやすく、放置するとさびてしまいます。
水分を拭き取ったら、熱の残ったオーブンに入れて完全に乾かしてください。

パウンド型で黒糖食パンのレシピ

ご紹介するレシピは扱いやすい生地なので、作りやすさも◎
アクセントとして生地に練り込んだ、レーズンとくるみのおいしさも楽しめます。

材料(内寸:210×80×H60mm 底寸:200×70mmパウンド型1台分)

  • 強力粉…200g
  • インスタントドライイースト(耐糖性)…3g
  • 塩…4g
  • 黒糖…40g
  • スキムミルク…7g
  • 無塩バター…20g
  • 水…130g
  • くるみ…60g
  • レーズン…60g

下準備

  • くるみは、160~170℃のオーブンで9~10分間、軽くロースト。冷めたら粗く刻んでおく。
  • レーズンは軽く湯通しし、水分をしっかりと取っておく。
  •  
    【ドライフルーツの湯通し方法】
    ドライフルーツをザルに入れて熱湯をさっと回しかけ、冷ましながら水気を切る。
    生地に加える前に、キッチンペーパーでしっかりと水気を切るのがポイント。水分が残っていると生地がベトベトになり、こねにくくなるので注意してください。

  • 型に油脂(バターやショートニング、またはオイルスプレー)を塗っておく。
  • オーブンは、焼成温度より20℃高い設定温度で予熱しておく。

作り方

  1. ニーダーやホームベーカリーを使って、強力粉から水までの材料をこねる。
  2. *お使いの機械によってこね時間が違うため、調整してください。

  3. 生地がこね上がったら台に置く。生地にくるみとレーズンをのせ、こねるようなイメージで混ぜ込む。
  4. *こね上がり5分前に、ニーダーやホームベーカリーにくるみとレーズンを入れてこね上げるのでもOK。

  5. ボウルに移してラップをかけ、室温で40分~1時間一次発酵。
  6. *時間は、室温によって前後します。

  7. 3分割(1つ約170g)して軽く丸め直し、パンマットの上に置く。
  8. ぬれ布巾をかぶせ、15~20分間ベンチタイム。

  9. 成形する。
  10. とじ目を上にして軽く手で押さえ、空気を抜く。

  11. 半分に折り、手で押さえて空気を抜く。
  12. 向きを90度回転させ、合わせ目が上にくるように向ける。
  13. 生地を半分に折り、手で押さえて空気を抜く。
  14. 再度向きを90度回転させ、今度は合わせ目が下にくるように向ける。
  15. 生地を締めるようなイメージで、上から下に向かって両手で引きながら丸めていく。
  16. もう一度向きを90度回転させ、同じように両手で生地を締めながら引いて丸める。
  17. 11と同じ動作を1~2回繰り返す。
  18. 生地が少しずつ丸くなってくるので、きれいな丸い形になったら成形終了。

  19. 下準備で油脂を塗ったパウンド型に成形した生地を入れる。
  20. 35℃で約30分間二次発酵。
  21. *大きさが2倍程度になれば発酵終了。

  22. 焼成。
  23. 電気オーブン、200~210℃で15~18分間。
    ガスオーブン、190~200℃で15~16分間。

    *お使いのオーブンによって火力が違うため、焼成温度・時間は調整してください。

  24. 型をたたいたり台に打ち付けたりしてショックを与え、型から出したら出来上がり。

「パウンド型で黒糖食パン」の詳しいレシピページはこちら

そのままでもトーストしても◎おいしい朝食に

そのままでもおいしい黒糖食パンは、トーストするのもおすすめです。
分厚くカットしたパンに格子状に切り目を入れてトーストし、バターを塗って召し上がってみてください。

小ぶりなサイズで分厚いトーストがなんともかわいく見え、テンションの上がる朝食になるはず!
ぜひお持ちのパウンド型で試してもらえたらうれしいです。

【おすすめの特集】パウンド型でつくるお菓子&パンパウンド型でつくるお菓子&パンの特集はこちら
date
2021/04/05
writer
chiyo
category
パン作り

口に入れた瞬間に笑顔いっぱい広がるようなお菓子やパン作りまたそれを伝えていきたいと思ってます。不定期にお菓子教室開催。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

パン成形の基本!「丸め」を学ぼう

パン作りに欠かせない作業「丸め」 パン作りで避けて通れない作業のひとつに、パン生地の「丸め」があります。 今回は、パン成形の基本中の基本ともいえる「丸め」の方法をおさらいしてみましょう。 意外と多い丸め作業 パン作りの中...

強力粉と薄力粉ってどう違うの?

スーパーの小麦粉コーナーには大抵、2種類の小麦粉が売られています。 1つは薄力粉。天ぷらの衣やお好み焼きなど、普段の料理によく使うやつ。お菓子を焼く際も、多くの場合は薄力粉を使います。 もう1つは強力粉。パンを焼くときに...

チョコたっぷり!ダブルチョココルネレシピ

チョココルネをおうちで作ってみませんか? 寒い季節になると、食べる機会が増えるチョコレート。 バレンタインも近いので、チョコレートを使ったパンを作りたいという方も多いのではないでしょうか? 今回は、ココア風味のパン生地に...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。