5,900円以上のご購入で送料無料!

9/25(月)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

マフィン型で作るブリオッシュのレシピ

date
2021/05/20
writer
miharu
category
パン作り

パン作りもマフィン型にお任せ!ブリオッシュを作ろう

気軽に作れてアレンジもできる、朝食やおやつにピッタリなお菓子、マフィン。このマフィンを作るときに使うマフィン型は、お菓子作りだけでなく、パン作りにもおすすめのアイテム。

今回は、コッタでも人気の「マフィン型」を使って作るブリオッシュのレシピをご紹介します。

ブリオッシュってどんなパン?

ブリオッシュは、フランス発祥の伝統的なパン。バターと卵をたっぷり使ったリッチな配合で、ふわふわとやわらかい食感と黄色いクラムが特徴。

砂糖を加えたパンの中では最も古く、もともとはお菓子の一種だったそうですよ。

ブリオッシュの形は、雪だるまのようなフォルムの「ブリオッシュ・ア・テット(フランス中世の僧侶の頭の意味)」が有名。他にも、円筒形の「ムースリーヌ」、パウンド形の「ナンテール」、王冠形の「クーロンヌ」などの種類も。

そして、ブリオッシュから派生して作られたお菓子には、「クグロフ」や「サヴァラン」といったものがあります。

マフィン型で焼くブリオッシュ・ア・テットのレシピ

今回使うマフィン型は、上口径が広がったタイプ。定番の形「ブリオッシュ・ア・テット」を作ります。

材料(マフィン型6個取1台分)

  • 強力粉…90g
  • 準強力粉…60g
  • グラニュー糖…15g
  • 塩…3g
  • インスタントドライイースト(耐糖性)…3g
  • 卵…60g
  • 牛乳…30g
  • 無塩バター…60g

下準備

  • 無塩バターは薄切りにして、使用するまで冷蔵庫で冷やしておく。
  • マフィン型にグラシンケースをセットする。
  • オーブンを250℃で予熱する(成形が終わったら予熱スタート)。
  • 全卵と水(どちらも分量外)を同量ずつ混ぜ、ドリュールを用意する。

作り方

  1. ホームベーカリーなどのこね機に無塩バター以外の材料を入れ、10~12分間こねる。
  2. 冷たい無塩バターを3~4回に分けて加え、15~18分間こねる。

    *バターを入れた後、一度ぐちゃぐちゃの状態になりますが、ケースから生地が剥がれるようになるまでこねてください。

  3. 25~27℃で30~40分間発酵。
  4. パンチをする。
  5. 生地を押さえて広げ、左右から1/3ずつ、向こう側と手前側からも1/3ずつ折る。

  6. バットに置いて表面を平らに整えたらビニール袋に入れ、冷蔵庫で12~16時間発酵。
  7. 生地を6等分にして軽く丸め、15~20分間ベンチタイム。
  8. 成形をする。
  9. すべての生地を丸め直して5分間ほど休ませる。

  10. とじ目が横になるように置く。
  11. 小指の側面をとじ目側から2/3くらいのところに当て前後に転がしてくびれを作り、雪だるまのような形にする。

    ここがポイント
    「生地がちぎれる寸前まで転がし、くびれを作る!」こと。

  12. 頭の部分を持ち上げて胴体の中心に押し込みながら、準備したマフィン型に入れる。
  13. *指先が型の底に当たるまで、しっかりと押し込みましょう!

  14. 28~30℃で50~60分間最終発酵。
  15. ドリュールをハケで2回塗り、210~220℃で10~12分間焼成。
  16. 型から外して出来上がり。

型を変えてブリオッシュ・ムースリーヌに

勾配のない円筒形タイプの「cottaオリジナルマフィン型」に入れて、ムースリーヌ形のブリオッシュにするのも◎

作り方は、ブリオッシュ・ア・テットと同様にベンチタイムまで進めたら、成形で生地を丸め直して型に入れます。
最終発酵後、十字に切り込みを入れて焼成すればOK!

「マフィン型で焼く♪ブリオッシュ・ア・テット」の詳しいレシピページはこちら

ブリオッシュ生地はアレンジもおすすめ♪

ブリオッシュ・ア・テットの生地に、バニラビーンズペースト・チョコレートチップ・オレンジピールを加えてアレンジしてみるのはいかがでしょう。

オレンジピールはグランマルニエの香りをプラスして、よりぜいたくで大人な雰囲気のブリオッシュに。

「チョコとオレンジのブリオッシュ」の詳しいレシピページはこちら

マフィン型でも焼ける!バターの香りいっぱいのブリオッシュ


ブリオッシュはフォアグラやソーセージと合わせてオードブルにしたり、生クリームやフルーツを添えてスイーツにしたりと、おいしい楽しみ方がいっぱい。
ドライフルーツなどを練り込んでアレンジするのもOKです。

ぜひマフィン型を活用して、ブリオッシュを作ってみてくださいね。

【おすすめの特集】ブリオッシュレシピブリオッシュレシピの特集はこちら
date
2021/05/20
writer
miharu
category
パン作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

「楽しみながらパン作り」をモットーに、日々パンやお菓子作りに励んでいます。 パン教室主宰。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。

おすすめのコラム

食べ応え抜群!総菜パンレシピ5選

みんな大好き!総菜パンをおうちで作ろうたっぷりの具材がのった食べ応え抜群の総菜パンは、いろいろなバリエーションがあるのも魅力のひとつ。朝ごはんや小腹が空いたときのおやつ、ピクニックのお弁当にもぴったりですよね。今回は、お...

冬にぴったり!雪の結晶パンレシピ

雪降る季節に作りたくなるパン「雪の結晶パン」と呼ばれるパンをご存知でしょうか。一見、成形が難しそうですが、実際に作ってみると、さほど複雑ではないんですよ。今回は2種類の雪の結晶パンをご紹介します。基本の成形は一緒なので、...

カスタードマーブルパンのレシピ・作り方

自家製シートで折り込みパンにチャレンジ!美しい断面の模様とおいしさで、安定した人気があるマーブルパン。難しいイメージが強いですが、ポイントさえ押さえれば意外と簡単に作れます。今回は、カスタード味のマーブルパンが作れるレシ...

パン成形の基本!「丸め」を学ぼう

パン作りに欠かせない作業「丸め」パン作りで避けて通れない作業のひとつに、パン生地の「丸め」があります。今回は、パン成形の基本中の基本ともいえる「丸め」の方法をおさらいしてみましょう。意外と多い丸め作業パン作りの中で、丸め...

北海道産強力粉・ゆめちからで作る もちもちパンのレシピ

国産のパン用強力粉「ゆめちから」「ゆめちから」という北海道産の強力粉をご存じでしょうか。国産小麦はパン作りに不向きといわれる中で研究・開発された、パン向きの小麦です。今回は、ゆめちからについて詳しく解説。ゆめちからで作る...

おすすめ PICK UP!

マフィン型で作るブリオッシュのレシピ

  • お気に入り
  • プレゼント
  • 最近見た商品
新着値下げ順
お気に入り登録順
現在プレゼント中のアイテム
税込
カートへ
再入荷メール登録
再入荷メール設定済み
在庫切れ
すでに会員の方はログイン
はじめての方は新規会員登録
もっと見る