5,900円以上ご購入で送料無料!6,500円以上で500円OFF! - 4/15(月)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

オーストリアの食事パン カイザーゼンメルのレシピ

date
2020/10/19
writer
chiyo
category
パン作り

カイザーゼンメルを作ろう

トップの模様が特徴的でかわいいパン、カイザーゼンメル。
シンプルな配合の食事パンの1種で、ハムなどをサンドして食べるのもとってもおいしくおすすめです。

今回は、カイザーゼンメルのレシピをご紹介。
トップの模様をきれいに仕上げるポイントもお教えします♪

カイザーゼンメルとは

「カイザーゼンメル」とは、オーストリアが発祥といわれるパン。
「カイザー=皇帝」を意味する言葉で、トップの模様が王冠のように見えることからこの名前が付いたとか。

バターや砂糖も少し入りますが、基本的にはハード系のパンです。
トップにはけしの実やゴマなどがトッピングされることが多いですが、模様のみのバージョンも。

カイザーゼンメルの模様、どうやって付ける?

カイザーゼンメルを作るときに最も気になるのは、トップの模様のつけ方ではないでしょうか。
スプーンなどで放射線状に模様をつけることもできますが、均一になりにくいのが難点。

そこでご紹介したいのが、ブレッドマーカーを使う方法。簡単にきれいな模様がつくので、おすすめです。

きれいに仕上げるポイント

ブレッドマーカーをしっかり押す

ポイントひとつめは、ブレッドマーカーをしっかり押すこと。
ですが、深く押しすぎると生地が破れてしまうので、力加減が重要です。

二次発酵時の生地の置き方に気を付けて

カイザーゼンメルならではの注意点は、二次発酵の際の生地の置き方。
本来なら上になる、模様を付けた面を下に向けるのがポイントです。

模様を上に向けて発酵させると、発酵が終了した時点で写真右の生地が広がっているのがお分かりになるでしょうか?

こうなってしまった生地を焼いても、きれいな形にはなりません。

カイザーゼンメルのレシピ

私がご紹介するカイザーゼンメルは、手軽なドライイーストを使ったレシピ。こねやすい水分量なので、手ごねでも◎

材料(6個分)

  • 準強力粉…200g
  • *強力粉160g、薄力粉40gで代用可能

  • ドライイースト…2g
  • 塩…4g
  • 砂糖…5g
  • バター…5g
  • 水…125g
  • けしの実…適量
  • ブルーポピーシード…適量
  • 卵白…適量

卵白はなんのため?
卵白は、トッピングのけしの実(ブルーポピーシード)を付着させるときに使用します。
卵白を使うと、けしの実(ブルーポピーシード)がしっかりとくっつくのでおすすめ。

水で代用する場合は、生地表面に軽くはけで塗り、けしの実(ブルーポピーシード)を付着させてください。

下準備

  • 卵白・けしの実(ブルーポピーシード)は、それぞれ容器に入れておく。
  • オーブンを焼成温度より20℃高い温度で予熱しておく。

作り方

  1. ニーダーやホームベーカリーに準強力粉から水までの材料を入れ、こねる。
  2. *お使いの機械によってこね時間は違うので、調整してください。

  3. ボウルに移してラップをかけ、室温で40分~1時間一次発酵。
  4. *室温・生地温度によって前後するので、生地が2~3倍の大きさになるのを目安に。

  5. 6分割(1個当たり約55g)し、軽く丸め直してパンマットの上に置く。
  6. ぬれ布巾をかぶせ、15~20分間ベンチタイム。

  7. 成形。
  8. 軽く手で空気を抜いて、丸めなおす。

  9. ブレットマーカーを生地の上に置き、押さえて模様をつける。
  10. 卵白の入った容器に模様のついた面を下にして生地を入れ、卵白を満遍なくつける。
  11. けしの実(ブルーポピーシード)の入った容器に、卵白のついた面を下にして生地を入れ、けしの実をくっつける。
  12. けしの実(ブルーポピーシード)のついた面を下にして、パンマットに並べる。
  13. *オーブン皿にのせておくと、発酵器などへの移動が楽になります。

  14. 30℃で30~40分間二次発酵。
  15. *時間は温度や湿度によって変わるので目安に。生地が2倍程度の大きさになるまで、しっかり膨らませてください。

  16. 生地をオーブンシートを敷いたオーブン皿にのせる。
  17. *けしの実がついた面が上になるよう、ゆっくりと手で移動させてください。

  18. 焼成。
  19. ガスオーブン、200~210℃で12~14分間。
    電気オーブン、210~220℃で13~15分間。
    *お使いのオーブンによって火力は違うので、温度・時間は調整してください。

  20. 出来上がり。

「カイザーゼンメル」の詳しいレシピページはこちら

ブレッドマーカーを使いこなしてカイザーゼンメルを焼こう!

シンプルで作りやすいカイザーゼンメル。
ポイントを押さえて、格好いい焼き上がりを目指しましょう♪

サンドイッチにしたり食事とあわせたりと飽きのこないパンなので、ぜひ作ってみてくださいね。

date
2020/10/19
writer
chiyo
category
パン作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

口に入れた瞬間に笑顔いっぱい広がるようなお菓子やパン作りまたそれを伝えていきたいと思ってます。不定期にお菓子教室開催。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

ドレッジとは?あると大活躍する10の理由

ドレッジ、使ってますか?パン作りの作業をスムーズに行うため、おいしくきれいなパンを作るため、欠かせない道具のひとつ「ドレッジ」。今回はパン作りにおける基本の使い方や、パン作り以外の使い方もご紹介♪1枚持っていると、便利さ...

パン・オ・セーグルのレシピ、作り方

フランスのライ麦パン パン・オ・セーグルを作ろうライ麦粉を使って作るパン・オ・セーグル。クラストがパリッと香ばしく、クラムはしっとり軽い食感がおいしいパンです。今回は、サワー種を使わず手軽に作れるパン・オ・セーグルのレシ...

栗入りパンのレシピ【いがぐりパンの作り方】

まるでいがぐり!目でも楽しめるかわいいパン秋の味覚といえば何を思い浮かべますか?芋・栗・かぼちゃ・サンマ・松茸・柿などなど。想像するだけでお腹が空いてきますね。これぞ食欲の秋!今回は秋の味覚の中でも人気の、栗を使ったパン...

焼成前のパン生地に霧吹きする理由は?比較してみた

パン生地に霧吹きする?しない?パン作りをしていて、焼成前に霧吹きで水をかける工程があるレシピを見かけたことはありませんか?パン生地に霧吹きで水をかける工程には、どんな役割があるのでしょう。今回は霧吹きをしたパン生地として...

かたい!べたつく!膨らまない!ココアパウダー入りパンが失敗する理由

ココアパウダーを入れたパンが膨らまないのはなぜ?ココアパウダーを入れてパンを作ってみたら、生地がかたくなったいつまでもべたついてこねるのに時間がかかった焼いても膨らまなかったなどなど、うまく作れなかったことはありませんか...

おすすめ PICK UP!

オーストリアの食事パン カイザーゼンメルのレシピ