cotta column

ホシノ天然酵母で作る 基本の山食パンのレシピ

date
2021/05/24
writer
森嶋マリ
category
パン作り

憧れの天然酵母パンにチャレンジ

自家製天然酵母は、作るのも、その後のお手入れや保管にも手間がかかって、気を使うもの。
その点、「ホシノ天然酵母」なら、さほど気を使わずに天然酵母パン作りが楽しめます。

今回はホシノ天然酵母で作る基本の山食パンのレシピをご紹介。
生種の起こし方も詳しくお教えします。

ホシノ天然酵母とは

ホシノ天然酵母とは、日本古来の醸造技術を応用した醗酵種。
お米由来の酵母に国産小麦・国産米・麹・水を加え、ゆっくりと大切に育てた醗酵種で、味わい深いパンが焼き上がります。

ホシノ天然酵母にはオーソドックスな「ホシノ天然酵母パン種」だけでなく、「ホシノ丹沢酵母パン種」や「ホシノ丹沢天然酵母フランスパン種」など、いろいろな種類があります。

焼くパンによって酵母を使い分けるのも面白そうですが、最初は「ホシノ天然酵母パン種」がおすすめ。

バターロールや食パンのようにやわらかなパンから、バゲットなどのハード系までオールマイティーに使えます。

生種の起こし方

ホシノ天然酵母でのパン作りは、生種を起こすところから始まります。
パン作りの2日前までには、生種を作っておくのを忘れないようにしましょう。

用意するもの

  • フタ付きの瓶など
  • かき混ぜるためのスプーンなど
  • (瓶とスプーンは雑菌の付着を防ぐため、煮沸消毒しておきます)

  • 水(30℃)…100g
  • ホシノ天然酵母…50g

起こし方

  1. 瓶に水とホシノ天然酵母を入れてしっかり混ぜ、フタをのせます。
  2. *フタを閉めて密封せず、のせておくだけにします。

  3. 約28℃の場所で、24時間発酵させます。
  4. 生種の状態を時間ごとに見ていきましょう。

    発酵前

    12時間後:1.5倍ぐらいの高さまで膨らみます。

    24時間後:元の高さに戻ります。

    フタを開けると、気泡ができていて、お酒のような匂いがします。

  5. 出来上がった生種は、冷蔵庫でひと晩~1日間保管し、落ち着かせます。
  6. 保管中にいくらか分離するので、パン作りをはじめるときは、しっかりかき混ぜてから使ってください。

生種は冷蔵庫に入れて、2週間ほど保存が可能。

ご紹介した生種の起こし方では、水100g+ホシノ天然酵母50gで、150gの生種ができます。
パン作りでの生種の使用量は、小麦粉の6~9%。

これからご紹介する食パン(1斤)のレシピでは生種を25g使うので、6斤分の生種を起こしたことになります。
2週間で6斤も焼かない場合は、半量(水50g+ホシノ天然酵母25g)で起こすようにしましょう。

基本の山食パンのレシピ

ホシノ天然酵母を使った基本の山食パン。食感はさっくりと軽く、トーストして朝に食べたいシンプルな食パンです。

イーストを使ったパンに比べて、発酵時間は長くかかりますが、天然酵母ならではのうま味が際立ちます。
また、副材料が少なくてもしっとりと味わい深いパンが焼けるのも、魅力です。

材料(1斤分)

  • 強力粉…280g
  • 砂糖…15g
  • 塩…4g
  • 水(冬はぬるま湯・夏は冷水)…140g
  • 生種…25g
  • 無塩バター…5g

下準備

  • 型に油脂を塗ります。
  • オーブンを190℃に予熱します(生地の発酵具合を見て)。

作り方

  1. ボウルに強力粉から生種までを入れて混ぜ、こねます。
  2. 粉気がなくなったら無塩バターを加え、さらにこねます。
  3. 生地がなめらかになったら丸めてボウルに入れます。
  4. ぬれ布巾などでフタをして、暖かい場所で発酵させます(参考:発酵温度30℃で5時間ぐらい)。

  5. 2倍に膨らんだら発酵終了です。
  6. 生地を2等分してきれいに丸め、ぬれ布巾をかけて15分間休ませます。
  7. とじ目を上にして置いてつぶしたら、長方形にのばします。
  8. 長辺から三つ折りにして短辺から巻き上げ、とじ目をしっかりくっつけます。

    油脂を塗った食パン型に入れ、発酵させます(参考:発酵温度35℃で2時間ぐらい)。

  9. 生地が型の縁まで上がったら、発酵終了です。
  10. 190℃に予熱したオーブンで25分間焼きます。
  11. 出来上がり。

「【ホシノ天然酵母】基本の山食パン」の詳しいレシピページはこちら

オーバーナイトで発酵も

イーストに比べて、発酵時間が長くかかる天然酵母。その特性をいかして、ひと晩かけてじっくり発酵させるのもおすすめです。
時間をかけて発酵させると、うま味が増しますよ。

真夏を除けば過発酵の心配はほぼないので、さほど時間に縛られずにパンが作れるというメリットも◎

作り方は下記を参考に。
基本の山食パンのレシピの工程3(一次発酵)で、温度18~20℃の場所でひと晩(12~15時間)発酵。

温度が低いと、ひと晩置いても生地が2倍に膨らまないこともあります。そのときには、暖かい場所に置いて発酵するのを待ちましょう。

じっくり育てるパン作り

パン作りの奥深さと楽しさが実感できるのが、ホシノ天然酵母を使ったパン。

“じっくり育てるパン作り”をぜひ体験してみてくださいね。

【おすすめの特集】ゼロから学ぶパン酵母ゼロから学ぶパン酵母の特集はこちら
date
2021/05/24
writer
森嶋マリ
category
パン作り

パンとお菓子作りが趣味の翻訳家。食べてくれた家族や友人が「おいしい」と笑顔になるのが、何よりも幸せ。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

かわいいたけのこパンの作り方

春にぴったりのメロンパン いよいよ春到来ですね。 今回は、春の訪れを感じる、たけのこモチーフのメロンパンを作ってみましょう♪ パン生地、クッキー生地共に分割する際の計量は不要です。 成形がしやすく、クッキー生地も割れにく...

かわいいよくばりリスパンの作り方

秋にぴったりのパン 木の実をほっぺにたくさん頬張り、せっせと冬眠の蓄えをする食いしん坊なリス。 そんな秋にぴったりのリスをイメージして、頭にはりんごとクリームチーズのフィリング、しっぽにはシナモンシュガーを巻き込んで♪...

体にうれしい♪黒糖を使ったベーグルレシピ

黒糖パンを作ってみよう! 独特の香りと味がある黒糖。 だからこそ、風味をうまく生かして黒糖を楽しめる使い方をしていきたいですよね。 今回は黒糖のおいしさを引き出した、黒糖ベーグルのレシピをご紹介します。 黒糖とはどんなお...