5,500円以上ご購入で送料無料! - 7/22(月)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

フーガスのレシピ、人気のベーコン&ハーブで基本を押さえよう

date
2021/09/27
writer
miharu
category
パン作り

葉っぱのようなフォルムが目を引く「フーガス」を作ろう

楕円形や長方形の平たいパン生地に切り込みが入った、葉っぱや仮面のようなフォルムがユニークなパン「フーガス」。

今回は生地にフィリングを練り込んで作る、基本のフーガスのレシピをご紹介♪同じ生地でフィリングをサンドするアレンジレシピもお教えします。

フーガスとは

フーガスとは、南フランス・プロヴァンス地方の伝統的なパン。古代ローマの時代にパン窯の温度を確認するために、灰に埋めて焼いていたパンが起源といわれています。

特徴のある形は、葉っぱやカーニバルで使われる仮面をモチーフにしたなどの説があり、さまざまな形、大きさのものがあるそう。

作り方は、フランスパンやカンパーニュなどの生地をのばし、切り込みを入れて焼成。プレーンタイプをはじめ、ハーブやオリーブ、アンチョビなどのフィリングを練り込んだもの、これらをトッピングしたものなどバリエーションも豊富。

また、ブリオッシュ風の生地を使った甘いフーガスもあって、いろいろなシーンで楽しめそうですよね。

基本のフーガスのレシピ

オリーブオイルを加えたカンパーニュ生地にフィリングを練り込んだ、お食事と合わせても楽しめるシンプルなフーガス。ベーコン入りとハーブ入りの2種類を作ります。

材料(2枚分)

生地

  • 準強力粉…180g
  • 全粒粉…20g
  • 塩…4g
  • インスタントドライイースト…2g
  • 水…130~135g
  • オリーブオイル…8g

ベーコン生地用

  • スライスベーコン…30g

ハーブ生地用

  • ドライバジル…小さじ1/2
  • ドライオレガノ…小さじ1/2
  • 水…小さじ1/2

仕上げ用

  • オリーブオイル…適量

下準備

  • スライスベーコンを5mm幅に切る。
  • ハーブ生地用の材料を混ぜ合わせる。

作り方

  1. ホームベーカリーなどのこね機に、オリーブオイル以外の生地の材料を入れ、5~6分間こねる。
  2. オリーブオイルを少しずつ加えながら、さらに7~8分間こねる。

  3. こね上がった生地を半分に分け、ベーコンとハーブをそれぞれに練り込む。
  4. *生地をひとくち大に切ると、フィリングと混ざりやすくなります。

  5. 生地をボウルに入れてラップをかけ、26~28℃で50~60分間一次発酵。
  6. 軽く丸めて、20~30分間ベンチタイム。
  7. 成形をする。
  8. めん棒で生地を縦18cmくらいの楕円形にのばし、オーブンシートにのせる。

  9. カード(スケッパー・ピザカッター・ナイフでもOK)で切り込みを入れる。
  10. 切れ込みを広げ、形を整える。
    *周囲にも数か所切り込みを入れ、デザインを施してもgood!

    オーブンの予熱を250℃でスタート。

  11. 26~28℃(室温可)で20~30分間最終発酵。
  12. 生地表面に霧吹きでたっぷり水をかけ、220~230℃で12~15分間焼成。
  13. 焼成後、熱いうちに仕上げ用のオリーブオイルをハケで塗れば完成。

ハーブはお好みのものに変えてもOK。この他、アンチョビ・オリーブ・ドライトマト・くるみもおすすめのフィリングです。

基本のフーガス~ハーブのフーガス、ベーコンのフーガス~」の詳しいレシピページはこちら。

アレンジフーガスにもチャレンジ!

フィリングを生地の間にサンドするフーガスもおすすめ。同じ生地を使って作れますが、先ほどのものとは表情の違うフーガスが楽しめます。

「2種のオリーブとトマト」と「ベーコンとチーズ」のフィリングは、フーガスにぴったり◎

フィリングを挟むタイプを作る際は、生地を丸く、均一の厚さにのばしましょう。
成形のポイントをご紹介します。

  1. 生地を直径20cmくらいにのばして、片側半分にフィリングをのせる。
  2. 半分に折り畳んで葉っぱの形に整えたら切り込みを入れて広げ、20~30分間最終発酵。
  3. 生地表面に霧吹きでたっぷり水をかけ、220~230℃で12~15分間焼成したら、オリーブオイルをハケで塗って完成!

配合や詳しい作り方がわかる「【フーガス】~2種のオリーブとトマト、ベーコンとチーズ~」のレシピページはこちら。

フーガスを楽しもう

南仏プロヴァンス地方の伝統的なパン「フーガス」は、お店や家庭によってオリジナルレシピがあるそうです。

フィリングにお好みの素材を組み合わせたり、切り込みをアレンジしたりと楽しんでいただけるのではないでしょうか。

ぜひ、ラタトゥイユやタプナード(オリーブのペースト)など、この地方のお料理やワインと合わせて味わってみてくださいね。

date
2021/09/27
writer
miharu
category
パン作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

「楽しみながらパン作り」をモットーに、日々パンやお菓子作りに励んでいます。 パン教室主宰。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

クロフィンのレシピ・作り方【冷凍パイシートとマフィン型で簡単♪】

話題のクロフィンを作ってみよう!バター香る、さくさくふんわり食感がおいしいクロフィン。今回は冷凍パイシートを使っておうちで作れる、お手軽クロフィンのレシピをご紹介します。クロフィンとはクロフィンとは、クロワッサンとマフィ...

2種のチーズを使ったパリパリパンのレシピ

チーズたっぷりのパンを作ろう溶けるチーズと溶けないチーズ。どちらもパンに使われることがある食材で、パンをおいしくしてくれますよね。今回は、この2種類のチーズをふんだんに使った、ぜいたくなお総菜パンのレシピをご紹介します。...

ベーコンポテトパンのレシピ・作り方

ベーコンとポテト!相性抜群のお総菜パンみんなが大好きなベーコンとポテト。今回は相性抜群なこの2つの具材を組み合わせた、ベーコンポテトパンのレシピをご紹介します。ベーコンとポテトをパン生地で包み「クッペ」というラグビーボー...

パウンド型で焼くワンローフ食パンのレシピ

パウンド型を使ってパンを焼いてみよう!ケーキ型でおなじみの「パウンド型」を使って、小さなサイズの食パンを焼いてみませんか?今回は「ワンローフ」と呼ばれている成形で、ふんわり軽い食感の食パンが作れるレシピをご紹介します。ワ...

懐かしの菓子パン 簡単・甘食レシピ

懐かしの味 甘食を作ろう日本生まれの昔懐かしいおやつパン、甘食をご存じでしょうか?甘食は明治時代に誕生し、昭和には町のパン屋や駄菓子屋で売られていました。子どもの頃に食べていた方には、懐かしい存在ですよね。今回は、シンプ...

おすすめ PICK UP!

フーガスのレシピ、人気のベーコン&ハーブで基本を押さえよう