cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

スコーンサンドのレシピ、SNSで人気のあんバターサンドの作り方

date
2021/12/20
writer
よーちんママ
category
お菓子作り

スコーンサンドをおうちで作ってみませんか?

最近、SNSでも話題の「スコーンサンド」をご存じでしょうか。
スコーン専門店やカフェなどを中心に人気ですが、自分でも作ってみたいですよね。

今回は、簡単で見栄えがするスコーンサンドのレシピをご紹介します。

スコーンサンドとは

スコーンサンドとは、スコーンを半分にカットして間にフィリングを挟んだもの。

おいしいのはもちろんのこと、写真映えするのも人気の理由♪

SNSには、「あん&バター」「モンブランクリーム」「生クリーム&フルーツ」など、いろいろなサンドの投稿が。見ているだけで楽しくなります。

スコーンサンドの特徴

形は丸か四角

三角のものはフィリングが挟みにくいので、丸か四角のものが多い。

スコーン自体はシンプル

プレーンスコーンや全粒粉スコーンなど、中に何も入れないシンプルなものが多い。

甘さ控えめ

フィリングが甘いので、スコーン自体の甘さは控えめ。
フィリングの甘さを考えてスコーンを作ると○

腹割れタイプがおすすめ

ラフに丸めたゴツゴツしたタイプは、真ん中でカットしにくいので△
きちんと層を作り、縦に伸びるタイプのスコーンがおすすめ。

あんバタースコーンサンドのレシピ(8個分)

今回は、スコーンサンドの中でも人気の「あんバター」のスコーンサンドのレシピをご紹介します。

外はザクザク、中はふんわり。
かみ締めると全粒粉の素朴な味が広がる配合にして、あんとバターに合うスコーンにしました。

スコーンを焼く

材料

  • 薄力粉…110g
  • 強力粉…60g
  • 全粒粉…30g
  • ベーキングパウダー…8g
  • きび砂糖…30g
  • 塩…ひとつまみ
  • 無塩バター…50g
  • 牛乳…100g
  • 牛乳(塗る用)…適量

下準備

  • バターは1cm角にカットし、冷蔵庫で直前まで冷やしておく。
  • 焼成前までにオーブンを200℃に予熱しておく。

作り方

  1. フードプロセッサーに薄力粉・強力粉・全粒粉・ベーキングパウダー・きび砂糖・塩を入れて、10秒間ほどかき混ぜる。

    粉類がよく混ざったら、冷えたバターを入れる。

  2. フードプロセッサーで10〜20秒間かき混ぜる。
    粉類とバターがよく混ざり、粉チーズ状になったら止める。
  3. 牛乳を入れてかき混ぜる。
    ガッガッと小刻みに回し、混ざったらすぐにスイッチを止める。
    *練りすぎないように注意!
  4. 打ち粉をした台の上に取り出し、生地を長方形に軽く整える。
  5. カードで生地を半分に切る。
  6. 生地を重ねる。
  7. 90度回して工程4と同じくらいの大きさに生地をのばす。
    工程5〜7を3回繰り返す。
  8. ラップに包み、冷蔵庫で1時間以上休ませる。
  9. 厚さ2cm×縦9cm×横17cmくらいに伸ばす。
    カードや包丁を使って端を切り落としてから、8等分(1つ4cm角くらいの大きさ)に切る。

    *切り落としたものは集めて軽く丸めて焼いてください。サンドには向かないのでそのまま食べて。

  10. シルパンやオーブンシートなどを敷いた天板に並べ、表面に牛乳(塗る用)を薄く塗る。
  11. 200℃に予熱しておいたオーブンで20分間焼く。

サンドして仕上げる

材料

  • 粒あん…240g
  • 加塩バター…80g

作り方

  1. 粒あんは30gずつ丸めておく。
    バターは10gずつカットしておく。

    *バターは厚さ7mm×縦3.5cm×横3.5cmくらいにカットすると、挟んだときにきれいに見えます。

  2. スコーンが冷めたら半分にカットし、粒あんとバターをのせて挟めば出来上がり。

あんバターのスコーンサンド」の詳しいレシピページはこちら。

スコーンサンドのアレンジ

サンドする具材を変えれば、さまざまなアレンジが自由自在♪
フィリングにある程度厚みがあるとボリュームが出て、SNS映えする仕上がりになります。

あんの代わりに芋や栗のペーストをサンドすれば、秋冬にぴったりなスコーンサンドが手軽にできますよ。

さつまいもペースト+バターに、密煮にしたさつまいも散らして。

おすすめのアイテム
DI 冷凍さつまいもペースト 1kg

和栗ペーストに渋皮煮を添えて。

今回はザクザク系のレシピをご紹介しましたが、しっとり系のスコーンでもおいしく召し上がれます。

スコーンサンドの保存方法

フィリングを挟んだら、当日中に食べましょう。

すぐに食べない場合は、季節によっては冷蔵庫へ入れたほうがいい場合も(バターやクリームが溶けたり、状態が悪くなったりしてしまいます)。

温め直したくなりますが、フィリングを挟んだ後に加熱するとバターなどが溶けてしまうので、そのまま食べるのがおすすめです。

サンドする前のスコーンは保存可能!

フィリングを挟む前のスコーンは、常温で2〜3日間日持ちします。

冷凍保存も可能なので、フリーザーバッグなどに入れて冷凍庫へ。
温め直して粗熱が取れたところで、フィリングを挟んでください。

新感覚のスコーンサンド


クリームやジャムを塗るイングリッシュスコーンとも、チョコやナッツが生地に練り込んであるアメリカンスコーンとも違う、新感覚のスコーンサンド。

見た目のかわいさで思わずSNSにアップしたくなっちゃうかも♪
ぜひ皆さんも「おうちスコーンサンド」を作ってみてください。

【おすすめの特集】スコーンレシピスコーンレシピの特集はこちら

date
2021/12/20
writer
よーちんママ
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

お菓子作りが大好きな二児の母。家族がおいしそうに食べてくれるのが一番の幸せ。子どもと一緒に作れる簡単なお菓子を作ることが多いです。 

この記事にコメントを書く

コメントを残す

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

製菓・製パン材料・調理器具の通販サイト【cotta*コッタ】は、あなたのお菓子・パン作りを応援しています。