5,900円以上ご購入で送料無料! - 5/31(金)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

フライパンで焼く!簡単フォカッチャのレシピ

date
2022/06/27
writer
Sakiko
category
パン作り

手間なし簡単♪フライパンで焼くフォカッチャ

ピザの原型といわれているイタリアのパン「フォカッチャ」。

ふんわりとした生地に、オリーブオイルと爽やかなハーブの香り。そこにほのかな塩気が加わると、それだけで味わい深いおいしいパンに。
材料がシンプルなので、思い立ったらすぐに作れるのも魅力です。

今回ご紹介するのは、作りやすいように簡単で手間いらずな製法!オーブンを使わず、フライパンで手軽に作れるレシピです。

フライパンで焼くパンがおすすめなのはこんな人!

パンを焼くには、オーブンが必要。そんなイメージはありませんか?
オーブンがなくても、フライパンでおいしいパンが焼けるんですよ♪

フライパンで焼くパンのレシピは、こんな方におすすめ。

  • オーブンがなくてもパンを焼いてみたい!
  • 手軽にパンを作りたい!
  • アウトドアなど屋外でも焼きたてパンを楽しみたい!

使用するフライパンの大きさ

直径22~26cmサイズのフライパンがおすすめです。フタもご用意くださいね。

フライパンのサイズにあわせて厚みを変えると、焼き上がりの食感が変わってきます。
ご紹介するレシピの分量なら、下記のような仕上がりに。

  • 22cmサイズのフライパン
    厚さ3.5~4cmでふんわり食感

  • 26cmサイズのフライパン
    大きく広げて焼くと、表面がサクッとしたサクふわ食感

お持ちのフライパンのサイズや、お好みの食感でお選びください。

基本のフォカッチャレシピ(20cmサイズ1枚分)

今回のレシピは、

  • こねる作業はゴムベラで混ぜるだけ
  • 成形は手で広げるだけ

とうれしいことだらけ♪

専用の道具もいらないので、パン作り初心者さんでも気軽にチャレンジできるフォカッチャです。
おうちで、お外で、焼きたてをお楽しみくださいね。

材料

パン生地

  • 強力粉…200g
  • イースト…3g
  • きび砂糖…8g
  • 塩…3g
  • 水…150g
  • オリーブオイル…12g

トッピング

  • オリーブオイル(トッピング用)…適量
  • 岩塩…少々
  • ローズマリー…適量

作り方

  1. ボウルに強力粉から塩までの材料を入れる。
    水とオリーブオイルを一気に加え、粉気がなくなるまでゴムベラで混ぜ合わせる。

    *粉気がなくなり、生地が少しベタベタしてくるまでを目安に。

  2. ラップをして室温で30分間休ませる。

  3. 生地の外側から中心に向かって、ゴムベラで1周(6~7回)折り畳む。

    *生地がやわらかいので、ボウルの中で作業をするとやりやすいです。

  4. 再びラップをし、室温で30分間、1次発酵させる。

  5. もう一度、生地の外側から中心に向かって、ゴムベラで1周(6~7回)折り畳む。

  6. フライパンのサイズにあわせてカットしたオーブンシートの上に生地を取り出し、直径18~20cmの円形になるよう手で広げる。
     
    *やわらかくてベタベタくっつきやすい生地です。手に少量の水をつけながら作業すると、とてもやりやすいです。

  7. オーブンシートごとフライパンに移し、フタをして室温でひと回り大きくなるまで2次発酵(40~50分間)。

  8. 表面にオリーブオイルを塗り、岩塩とローズマリーを散らし、指先でくぼみを作る。

  9. フタをした状態で、弱火で片面を15分間焼く。

  10. 一度ケーキクーラーの上に取り出し、オーブンシートとフライパンをかぶせて裏返す。
    フタをして弱火で、もう片面を15分間焼く。

  11. 焼き上がったらフライパンから取り出し、ケーキクーラーの上で粗熱を取れば、出来上がり。

フライパンで焼くフォカッチャ」の詳しいレシピページはこちら。

失敗しない焼き方のコツ

フライパンでフォカッチャを焼く際のポイントは2つ!

1.弱火でじっくり焼く

強い火力で焼いてしまうと表面だけが焼けて、中の火通りが悪くなってしまいます。

焼き色が付くまで、弱火でじっくり焼きましょう。

2.フタをして焼く

しっかりフタをして密閉した状態で焼くことで、火通りもよく、ふんわり焼き上がります。

コンロやフライパンの素材によって違いがありますが、表面にこんがり焼き色が付いているのが焼き上がりの目安。

焼き色が薄い場合は、さらに時間を5分間ほど追加して焼いてください。

アレンジレシピ:オニオンフォカッチャ

シンプルなフォカッチャ生地は、組み合わせる食材のアレンジが自由。
スパイスと玉ねぎの風味が楽しめる、おすすめのアレンジをご紹介します。

材料(22cmサイズ1枚分)

  • パン生地は基本の材料と同じ

  • 玉ねぎ…80g
  • 岩塩…少々
  • ブラックペッパー…少々

作り方

  1. ボウルに強力粉から塩までの材料を入れる。
    水とオリーブオイルを一気に加え、粉気がなくなるまでゴムベラで混ぜ合わせる。

    粉気がなくなり生地が少しベタベタしてくるまで混ぜ合わせたら、1.5cm角にカットした玉ねぎを加える。

  2. 2~5までは基本のレシピと同じ。

  3. オーブンシートの上に生地を取り出し、直径22cmくらいの円形になるよう手で広げる。

  4. 基本のレシピと同様に2次発酵を行う。

  5. 表面にオリーブオイルを塗り、ブラックペッパーと岩塩を振りかけたら指先でくぼみを作る。

  6. 基本のレシピと同様に焼成して出来上がり。

具材は玉ねぎのみですが、香ばしい香りと玉ねぎの甘みの虜になること間違いなし♪

動画でおさらい

毎日の食卓に大活躍!フライパンでフォカッチャを楽しもう

シンプルな飽きのこない味で、無限にアレンジが楽しめるフォカッチャ。
フライパンで焼き上げれば、手軽さ◎

朝食にランチにディナーまで、毎日の料理のお供にぜひどうぞ♪

date
2022/06/27
writer
Sakiko
category
パン作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

シンプルな材料で作るパンが好き♡時々お菓子も♡ ちょっとしたコツでグッと美味しくなるパン作りをお伝えしています。 おうちでもワンランク上のパンを♪ 少人数制のパン教室、fleurirpanを主宰しています。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

甘みだけじゃない。パンに砂糖を入れる理由

パン作りで使う砂糖パン作りに必要な材料の一つ、砂糖。砂糖の役割は、実はパンに甘みを加えるだけではありません。今回は、パンに砂糖を入れることによって得られる効果を解説し、砂糖の量を変えて焼き比べた結果をご紹介します。砂糖の...

夜にぴったり♪パンを使ったあつあつメニュー

パン食は朝食とランチ?お米が主食の日本。パン食といえば、朝食にはトーストやバターロール、昼食には菓子パンやサンドイッチ。そんなイメージが強いのではないでしょうか?そんな中で、夕食にパンを取り入れるのも新鮮!今回は、ランチ...

山型食パンの高さがそろわない原因は?

山型食パンの高さをそろえたい…せっかく山型食パンを作ったのに、山の高さが違う…。焼き上がるのをワクワクしながら待っていたのに、オーブンから出してガッカリ…。そんな経験ありませんか?今回は、きれいに山の高さのそろった山型食...

パウンド型で作るオニオンチーズブレッドのレシピ

人気のオニオンチーズブレッドをパウンド型で焼こう!パン屋さんやコンビニでよく見かけるオニオンチーズブレッド。玉ねぎ・チーズ・パンの組み合わせがおいしくて、人気のある総菜パンです。いろいろな形や大きさのものがありますが、今...

かわいいチンアナゴパンの作り方

水族館の人気者!チンアナゴを作りましょう暑い季節もひんやり快適な癒しスポットの水族館。夏のお出かけにもぴったりですね。そんな水族館の中で、小さいながらもそのルックスとユニークなネーミングでなかなかの存在感を放っているひそ...

おすすめ PICK UP!

フライパンで焼く!簡単フォカッチャのレシピ