5,500円以上ご購入で送料無料! - 7/22(月)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

【ココアパウダーとは】種類や特徴を徹底解説

date
2023/02/01
writer
よーちんママ
category
お菓子作り

ココアパウダーについて詳しく知ろう

ココア味のお菓子作りに欠かせないココアパウダー。

「ココアパウダー」といっても、実はいろいろな種類があります。

今回は、ココアパウダーについて詳しく解説。
製菓材料として人気の高いココアパウダーを深掘りしましょう♪

ココアパウダーとは

ココアパウダーとは、カカオマスからカカオバターを取り除いて粉末状にしたもの。

ココアの原料はチョコレートの原料と同じ「カカオマス」です。
カカオマスは、カカオ豆を発酵・乾燥・粉砕・除皮してから、焙煎してすりつぶしたもの。

このカカオマスからカカオバターという脂肪分を取り除き、粉末状にしたものがココアパウダーなのです。

ここでいうココアパウダーは、「純ココア」「ピュアココア」とも呼ばれ、砂糖や添加物は一切含まれません。

お菓子やパンのレシピに「ココアパウダー」と記載されていたら、この「純ココア」を使います。

調整ココアでお菓子は作れる?

調整ココアは、原材料に砂糖や脱脂粉乳、香料などが加えてある製品。

お湯や牛乳を加えてココアドリンクとしてすぐに飲めるようなっています。「ミルクココア」という名称で売られているものが多いですね。

調整ココアにはいろいろな材料が混ざっているのでお菓子作りには不向き。

すでに砂糖がたくさん入っているので甘さの調整も難しく、ココアの風味が少なくて色も薄くなってしまいます。

お菓子作りの際には、ぜひ純ココアを準備してくださいね。

「ココアパウダー」と「カカオパウダー」の違い

商品名に「ココアパウダー」とあるものや「カカオパウダー」とあるものがありますが、別ものなのか同じものなのか迷ってしまいますよね。

一般的に、「カカオ」と呼ぶときは「カカオ豆」「カカオバター」「カカオマス」など原料の豆や加工度の低いもの、「ココア」と呼ぶときはカカオ豆から作られた加工品と使い分けられています。

では、「カカオパウダー」と「ココアパウダー」は別のもの?と思われそうですが、実は同じものを指すことが大多数。

cottaで取り扱っている「カカオパウダー」と表記されているものに「ヴァローナ カカオパウダー」があります。

ヴァローナは世界中で愛されているフランスのチョコレートブランド。

カカオ豆にこだわっている(豆の品種や発酵に力を入れている)ので、フランス語の「CACAO」という表記を継承し、ココアとは言い換えずにそのままカカオパウダーと表記しているそうです。

cottaおすすめの2大ココアパウダーを比較!

cottaで人気のココアパウダーに「cotta ココアパウダー」と「ヴァローナ カカオパウダー」があります。

購入するときに悩む方も多い2つの商品。
色は?味は?どんな違いがあるのかを比較してみたいと思います。

cotta ココアパウダー

  • cottaオリジナルのココアパウダー。
  • 原産地はオランダ、西アフリカ。
  • 脂肪分は20~22%。
  • 赤みを帯びた色調。
おすすめのアイテム
cotta ココアパウダー 200g

ヴァローナ カカオパウダー

  • フランス・ヴァローナの最高級ココアパウダー。
  • 原産地はフランス。
  • 脂肪分は23%。
  • 温かみのある赤褐色。
  • 力強いココアの風味が特徴。

パウダーの状態で比較してみた

ヴァローナのカカオパウダーは色の濃さが特徴。

cotta ココアパウダーも他社のココアパウダーに比べると色が濃いので、差はあまりありません。

味や香り

cotta ココアパウダーを口に入れるとすぐに感じるのは、ココアの苦味。

ヴァローナ カカオパウダーは苦味が少なく、後味にカカオのコクを感じます。また、口の中ですっと溶けます。

マフィンを焼いて比較してみた


ココアパウダー自体の色に差がないので、焼いた後も色に差は出ませんでした。

cotta ココアパウダーのほうはココアの苦味を感じ、ヴァローナ カカオパウダーのほうは苦味がマイルド。

cotta ココアパウダーとヴァローナ カカオパウダーを使い分けるなら?

ヴァローナ カカオパウダーは色も風味もよく、ワンランク上のお菓子作りを目指したい方におすすめです。
ただ、毎回使うのはお値段の面で悩んでしまうというのも正直なところ。

そんなときは、cotta ココアパウダーと使い分けてみるのも良いでしょう。

cotta ココアパウダー

  • 普段使いのおやつ用に。

  • チョコレートとあわせるガトーショコラやブラウニーなどの焼き菓子に。

  • ココアの苦味が好きな方や、お菓子にココアの苦味でアクセントを付けたいときに。

ヴァローナ カカオパウダー

  • プレゼントや特別な日のお菓子に。

  • ココアの味がダイレクトに伝わりやすいトリュフや生チョコに。

  • ココアの苦味よりもコクを感じたい方に。

トッピングココアとはどんなもの?

トッピングココアとは、油分や水分に強く、湿気にくい加工がされたトッピング専用のココアパウダー。
普通の純ココアよりも色は薄めです。

トッピングココアの実力を検証

生クリームの上にトッピングココアとcotta ココアパウダーをかけて比較してみました。

ふりかけた直後はどちらもきれい。

1時間後の様子が下の画像。

トッピングココアはふんわりとしたまま。

cotta ココアパウダーは水分を吸ってきていて、滲んでいるように見えますね。
アップにすると、水分を吸っているのがよくわかります。

ココアパウダーが水分を吸うと、せっかくのデコレーションがベタついて残念な感じに。
美しい仕上げを長時間保ちたいときは、トッピング用のココアパウダーを使用するのがおすすめです。

トッピングココアは翌日でも湿気を吸わずにふんわりとしたままなので、プレゼントするときも安心!

純ココアを使いたい場合は、食べる直前に振るのをおすすめします。

おすすめのアイテム
cotta トッピングココア 200g

真っ黒なココア、ブラックココアパウダーはどう使う?

ブラックココアパウダーは、お菓子やパンを真っ黒に仕上げたいときに使うココアパウダーです。

真っ黒なので苦そうに見えますが、実はココアの風味はあまりしません。
製造する過程で通常のココアパウダーでも行うアルカリ処理を調整し、黒く仕上げています。

色付けを目的とした商品なので、ココアの風味が欲しいときは普通のココアパウダーと混ぜて使うなど工夫が必要です。

ココアパウダーを使いこなしてお菓子作りをもっと楽しもう!

今回のコラムでは、ココアパウダーにはいろいろな種類があることをご紹介しました。

どんな味にしたいか、どんな見た目にしたいかなどで選んで、好みのココアパウダーを探してみるのものも楽しいですね。

選ぶ際の参考にしてみてください!

【おすすめの特集】バレンタイン特集バレンタイン特集はこちら

date
2023/02/01
writer
よーちんママ
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

お菓子作りが大好きな二児の母。家族がおいしそうに食べてくれるのが一番の幸せ。子どもと一緒に作れる簡単なお菓子を作ることが多いです。 

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

フードペンで楽しくお絵かき

フードペンをご存じですか?みなさん、「フードペン」を知っていますか?私も最近買ったばかりなのですが、すごく便利で楽しくて、すっかりはまってしまっています。ぜひぜひみなさんにもこの楽しさを知ってもらいたいと思い、今回は紹介...

なめらかな喉越し♪簡単水ようかんのレシピ

つるんとおいしい水ようかんつるんとして喉越しが良い水ようかん。暑くなってくると、冷た〜く冷やした水ようかんが無性に食べたくなります。水ようかんは、あんこと水を寒天で固めた和菓子。シンプルなのでアレンジもしやすく、ポイント...

【早起きが楽しみに】朝食におすすめのコラム4選

おいしい朝食を食べて、ハッピーな1日の始まり!毎日パワフルに過ごすためには、朝食をしっかり食べることがとても大切!おいしい朝食があれば、早起きするのも何だかワクワクしちゃいますよね。そこで今回は、ハッピーな1日の始まりを...

手作りで楽しむ♪イースターにぴったりのスイーツレシピ4選

イースターにかわいい手作りスイーツはいかが?日本では、まだあまりなじみがないという人も多いイースター。復活祭とも呼ばれる、キリスト教のお祭りです。2021年のイースターは、4月4日!イースターにぴったりな卵やうさぎをモチ...

ブラックココアパウダーとは?普通のココアとの違いを検証

真っ黒なココアパウダーの使い方をお教えします!ハロウィンやバレンタイン時期になると、真っ黒なココアパウダー「ブラックココア」を使ってお菓子を作ることがありますよね。そもそもブラックココアパウダーは、普通のココアパウダーと...

おすすめ PICK UP!

【ココアパウダーとは】種類や特徴を徹底解説