cotta column

フライパンで焼ける♪ちぎりパンレシピ

date
2018/06/18
writer
aoi
category
パン作り

フライパンでちぎりパンを作ろう!

ちぎりパン。その名のとおり手でちぎって食べるパン。
小さなパンがたくさんつながっている形のかわいさ、ちぎって食べる楽しさが人気です。

ふんわりもっちり、ほんのり甘く、こどもから大人まで食べやすいパン。
魅力的なちぎりパンを、フライパンで作る方法をご紹介します。

フライパンで作るちぎりパンの基本レシピ

オーブンで焼くよりもっちりした食感になります。
そのままで食べるのはもちろん、バターやジャムを付けたり、食事のお供にも。

材料(直径約20cmのフライパン1台)

  • 強力粉(春よ恋)…200g
  • 牛乳…130g
  • 砂糖…16g
  • 塩…3g
  • インスタントドライイースト…2g
  • 無塩バター…16g

*外国産の強力粉を使用する場合は、牛乳を5%程度増やす。

作り方

  1. 材料は常温にする。
  2. *牛乳は暑い時期以外は人肌程度に温める。

  3. ボウルにバター以外の材料を入れてヘラなどで混ぜ、水気がなくなれば手でこねる。
    生地がつながってきたらバターを入れてさらにこね、表面がなめらかになればこね上がり。
  4. 丸めてとじ目を下にしてボウルに入れ、ラップをして暖かい場所で一次発酵。
    生地が約2〜2.5倍の大きさになれば発酵完了。

  5. 生地を手で押さえてガスを抜き、スケッパーで16等分にして丸める。乾燥しないようにボウルをかぶせ、15分間休ませる。
  6. 再びガスを抜いて生地を丸め直し、オーブンシートを敷いたフライパンに並べる。
  7. ふたをして暖かい場所で二次発酵。約2倍になれば発酵完了。
  8. ふたをしたままごく弱火にかけ、焼き色が付くまで13〜15分間焼く。裏返して同様に6〜8分間焼く。

オーブンで焼く場合は、こちらを参考にしてください。

基本レシピに具材を入れてみよう

お好みの具材をあれこれ包んだちぎりパン。
中身は食べてからのお楽しみ。
人が集まるパーティーにもぴったりですね。

材料

  • 基本レシピのパン生地
  • ウインナー・プロセスチーズ・ツナ缶・マヨネーズ・チョコなど…お好みで

作り方

  1. ウインナー・チーズ・チョコは約1cm角にカットする。
    ツナ缶は汁気を切り、マヨネーズを混ぜておく。
  2. 基本レシピの作り方5で、生地を広げて具材を包み、とじ目を閉じる。
  3. オーブンシートを敷いたフライパンに並べる。
    以降は基本レシピと同様に作る。

基本レシピをアレンジしてみよう

ちぎりメープルシナモンロール

メープルとシナモンが香る甘いパン。おやつタイムにどうぞ。

材料

  • 強力粉(春よ恋)…200g
  • 牛乳…130g
  • 砂糖…20g
  • 塩…3g
  • インスタントドライイースト…2g
  • 無塩バター…16g
  • メープルシュガー…20g
  • シナモン…小さじ1/2
  • 粉砂糖…25g
  • メープルシロップ…16g~
  • スライスアーモンド(ローストしておく)…適量

作り方

  1. 基本レシピの作り方1~3と同じ。
  2. 一次発酵が終わった生地を2等分にして丸める。乾燥しないようにボウルをかぶせ、15分間休ませる。
    メープルシュガーとシナモンは混ぜ合わせておく。
  3. 生地を押さえてガスを抜き、めん棒で12×20cmの長方形に伸ばす。
    混ぜたメープルシュガーとシナモンの半量を、生地の上下1cm空けて、均等に振りかける。
  4. 生地を手前からくるくると棒状に巻いて、とじ目を閉じる。
    とじ目を下にして約22cmの棒状にし、スケッパーで8等分にする。

  5. もう片方の生地も同様に成形して、オーブンシートを敷いたフライパンに並べる。

  6. ふたをして、暖かい場所で二次発酵。約2倍になれば発酵完了。
  7. ふたをしたままごく弱火にかけ、焼き色が付くまで13〜15分間焼く。
    裏返して同様に6〜8分間焼く。
  8. 焼き上がったら粉砂糖とメープルシロップをよく混ぜて、メープルアイシングを作る。
    粗熱が取れたパンにティースプーンでアイシングをかけ、スライスアーモンドをトッピングする。

カレーコーンチーズちぎりパン

カレーの香りと焦げたチーズの香ばしさが食欲をそそります。

材料

  • 強力粉(春よ恋)…195g
  • カレー粉…5g
  • 牛乳…130g
  • 砂糖…12g
  • 塩…3g
  • インスタントドライイースト…2g
  • 無塩バター…16g
  • 粒コーン(缶でも冷凍でも)…50g
  • ピザチーズ…適量
  • ハーブ…お好み

作り方

  1. 材料は常温にする。牛乳は暑い時期以外は人肌程度に温める。粒コーンは水気を切っておく。
  2. ボウルに無塩バター・粒コーン・ピザチーズ以外の材料を入れてヘラなどで混ぜ、水気がなくなれば手でこねる。
    生地がつながってきたら無塩バターを入れてさらにこねる。
    表面がなめらかになれば粒コーンを3回に分けて生地全体に混ぜ込む。
  3. 基本レシピの作り方3~6と同様に一次発酵・成形・二次発酵を行う。
  4. 二次発酵が終わったら生地の表面にピザチーズをのせる。
    ふたをしてごく弱火にかけ、焼き色が付くまで13〜15分間焼く。裏返して同様に6〜8分間焼く。
  5. お好みでハーブなどを飾る。

フライパンがあればOK


もっちり食べ応えのあるフライパンで作るちぎりパン。
フライパンがあれば専用の型やオーブンは不要なので、手軽に作れますよ。
ぜひ作ってみてくださいね。

【おすすめの特集】ちぎりパンレシピちぎりパンレシピの特集はこちら
date
2018/06/18
writer
aoi
category
パン作り
aoi

パンやお菓子を作ることが子どもの頃から大好き。自宅にてパン教室を主宰。パン作りの楽しさを伝え、パンのある食卓を提案しています。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

ボリュームたっぷり!お魚サンドイッチレシピ

お魚をメインにしたサンドイッチを作ろう サンドイッチに挟むものといえば、野菜や卵、ハムやベーコンなどが定番ですよね。 でも、サンドイッチはお魚を使ってもおいしいんです! 今回は「お魚サンドイッチ」のレシピを3点ご紹介しま ...

憧れのブランチ♪エッグベネディクトレシピ

エッグベネディクトでお家カフェ♪ “エッグベネディクト”、少し前に流行りましたね。 由来はいろいろあるようですが、卵料理の朝食、ブランチメニューの一つとしてカフェやレストランでは定着しているよう。 たまにはブランチにエッ ...

かわいいくじらバーガーの作り方

夏にぴったり♪くじらバーガー 全粒粉入りの香ばしいふっくらバンズに尾びれを付けて。 広々とした青い海が似合うくじらフォルムのバーガーを作りました。 ぱっくり開いた大きな口にはスパムと卵を挟んで。 頭には噴水のような手作り ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。