5,900円以上ご購入で送料無料! - 2/26(月)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

アルザス風ピザ、タルトフランベの作り方

date
2018/08/27
writer
aoi
category
パン作り

アルザス地方の郷土料理、タルトフランベって知ってる?

薄焼きピザのような見た目のタルトフランベをご存じでしょうか。

シンプルながらも味わい深いおいしさに加えて、薄くてパリパリの生地は、サイズが大きくてもぺろりと食べられてしまいますよ。

今回は、手軽に作れるタルトフランベのレシピをご紹介します。

タルトフランベとは

タルトフランベ(Tarte flambée)とは、フランスのアルザス地方の郷土料理。

薄く伸ばした小麦粉の生地に、チーズを塗って具材をのせてパリパリに焼く…まるで薄焼きピザみたい!
ゆえに「アルザス風ピザ」とも呼ばれています。

元は、新窯の温度を確かめるために残ったパンを薄く焼いたのが始まり、といった説があります。
窯の炎を利用して焼くことから、「炎のタルト」という意味の「タルトフランベ」と名付けられました。

現地のカフェやレストランではとても人気のある軽食だというタルトフランべは、その作り方もさまざまなんだとか。

イタリアのピザとの違い

イタリアのピザとの大きな違いは、生地に塗るのがトマトソースではなく、フロマージュブランというチーズだということ。

フロマージュブランとは、フレッシュな非熟成チーズです。ヨーグルトのようにクリーミーで酸味がありつつ、新鮮なミルクを使っているのでコクもあります。

また、イタリアのピザのようにもちもちした食感ではなく、タルトフランベは薄く伸ばして焼くのでパリパリした食感です。

基本のタルトフランベの生地のレシピ(1枚分)

まずは生地を作ります。
イーストを使わない、最もシンプルな作り方。
発酵なしなので思い立ったらすぐに作れますよ。

材料

  • 強力粉…50g
  • 薄力粉…50g
  • 水…50g
  • オリーブオイル…10g
  • 塩…ふたつまみ

作り方

  1. ボウルに粉類と塩を入れてヘラで混ぜる。
    水とオリーブオイルを入れて全体を混ぜる。
  2. 材料が均一になるように手でこねる。
  3. 丸めてボウルに入れてラップをかけ、少し休ませる。
  4.  
    *この間に具材の準備をするとスムーズです。いろんなトッピングを下記でご紹介しますので、お好みで作ってみてくださいね。

  5. 生地をオーブンシートの上に置く。
    めん棒で薄く伸ばし、20×25cmの長方形、または直径25cmの円形にする。

ベーコンと玉ねぎのタルトフランベのレシピ

タルトフランベといえばこれ!フロマージュブランを塗ってベーコンと玉ねぎをのせるのが王道です。

フロマージュブランの代わりに、日本でも手に入りやすいサワークリームまたは水切りヨーグルトを使います。
水切りヨーグルトを使うと、よりさっぱりとした味わいになります。

材料(20×25cmの長方形に伸ばした生地1枚分)

  • サワークリーム(水切りヨーグルト)…50g
  • タマネギ…1/2個(80g)
  • ベーコン…40g
  • 塩・コショウ・ナツメグ(お好みで)…適量

作り方

  1. タマネギは極薄切りにし、ベーコンは1cm幅に切る。
  2. 生地にサワークリーム(水切りヨーグルト)を塗る。
  3. タマネギとベーコンを均等にのせる。
    お好みで、塩・コショウ・ナツメグを振る。
  4. 250℃に予熱したオーブンで、10分間~軽く焼き色が付くまで焼く。

リンゴのタルトフランベのレシピ

ベースは同じで、リンゴのスライスをのせてハチミツをかければスイーツに早変わり!

見た目にもかわいく、リンゴの甘酸っぱさが絶妙です。子どもから大人までおいしく食べられますよ。

材料(直径25cmの円形に伸ばした生地1枚分)

  • サワークリーム(水切りヨーグルト)…50g
  • リンゴ…1/2個
  • グラニュー糖…大さじ1
  • レモン汁…小さじ1
  • はちみつ…小さじ2
  • シナモン(お好みで)…少々

作り方

  1. リンゴは皮つきのまま洗って芯を除く。
    2mm幅の薄切りにし、グラニュー糖とレモン汁を振りかけて少し置く。
  2. 生地にサワークリーム(水切りヨーグルト)を塗る。
  3. リンゴを並べ、はちみつを全体に回しかける。お好みでシナモンを振る。
  4. 250℃に予熱したオーブンで、12分間~軽く焼き色が付くまで焼く。

明太子と青ネギのタルトフランベのレシピ

タルトフランベを和風にアレンジ。
パリパリの生地に、ぴりっとした明太子マヨネーズと青ネギがよく合います。おつまみにぴったり。

材料(20×25cmの長方形に伸ばした生地1枚分)

  • 明太子…50g
  • マヨネーズ…大さじ1
  • 酒…小さじ1
  • 青ネギ…3本(30g)
  • 刻みのり…適量

作り方

  1. 明太子は薄皮から出してマヨネーズと酒を混ぜ合わせる。青ネギは小口切りにする。
  2. 生地に1で混ぜ合わせた明太子ソースを塗って、青ネギを全体にのせる。
  3. 250℃に予熱したオーブンで、10分間~軽く焼き色が付くまで焼く。
  4. 焼き上がったら刻みのりを散らす。

「発酵なしで簡単♩タルトフランベ(薄焼きピザ)」の詳しいレシピページはこちら

動画でおさらい

さまざまなシーンで活躍!タルトフランベを楽しもう

ビールやワインを飲みながら数人で分け合う前菜として、1人での軽食やランチとして、さまざまなシーンで活躍するタルトフランベ。

上にのせる具材を変えて、さまざまなアレンジができるのも魅力的。
ぜひ味わってみてくださいね。

【おすすめの特集】ピザレシピピザレシピの特集はこちら
date
2018/08/27
writer
aoi
category
パン作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。
aoi

パンやお菓子を作ることが子どもの頃から大好き。自宅にてパン教室を主宰。パン作りの楽しさを伝え、パンのある食卓を提案しています。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

帽子のような形がかわいい♪スイートブールレシピ

かわいい帽子形パン、スイートブールつばのある帽子のような形がかわいいスイートブール。パン屋さんをはじめ、コンビニやスーパーなどでも見かけることのある人気のパンです。今回は、クッキー生地をまとった丸くて甘いパン、スイートブ...

かわいいおさるのチョコバナナちぎりパンの作り方

夏のイメージにぴったりのちぎりパン♪バナナを練り込んだ生地にチョコチップを包んで。夏のイメージにぴったりな、元気なおさるのちぎりパンはいかがですか?生地をこねているときからバナナの香りが広がる、おさるのチョコバナナパンの...

フランス生まれの硬水・ヴィッテルで作る本格フランスパンレシピ【PR】

本場の味に近付ける!フランスの水でパンを作ろう私たちが毎日飲んでいる水には、やわらかい口当たりの「軟水」と飲みごたえのある「硬水」があります。日本の水はほとんどが軟水で、フランスをはじめとしたヨーロッパの水は硬水が一般的...

クープとは?パンにクープを入れる意味

ハードパンの魅力の一つ、クープフランスパンの表面に割れ目のような模様が見られるのは、クープによるもの。「クープ(coupe)」とは、フランス語で「切り取られた」という意味。パン作りの工程で、焼く直前に生地の表面に入れる切...

ハードパン入門に♪リュスティックレシピ

気軽にリュスティックを楽しみたい!リュスティックの生地は水分量が多いので生地が扱いにくく、まとまりにくいのが難点。どちらかというと、私はリュスティクのような水分量の多いハードパン作りは苦手。でも食べるのは大好き。なんとか...

おすすめ PICK UP!

アルザス風ピザ、タルトフランベの作り方