cotta column

失敗知らず♪冷凍スポンジを使ったラムボールレシピ

date
2019/02/12
writer
nyonta
category
お菓子作り

冷凍スポンジでラムボールを作ろう

ラム酒の効いたお菓子、ラムボール。
見た目はちょっと大きなトリュフのようだけど、中身はしっとり香りの良いケーキ。

今回は、冷凍スポンジを使って、とても簡単に作ることができるレシピをご紹介します。

冷凍スポンジはお菓子作りの強い味方

手作りのお菓子を作る際に、何かと出番の多いスポンジケーキ。デコレーションケーキはもちろんのこと、ムースなどの土台にも大活躍です。

何工程もあるお菓子だと、オーブンで生地を焼くのが面倒…なんて思うときもありますよね。
そんなときは市販の冷凍スポンジをうまく活用してお菓子作りを進めると、もっと気軽にお菓子作りを楽しめますよ。

コッタで販売している冷凍スポンジはプレーンとココアの2種。キメ細かくふわふわの生地が特徴♪

冷蔵庫で解凍するだけなので、一からスポンジ生地を手作りするよりも、かなり時短に。
その分、デコレーションや他の工程に集中して取り組めるので、まさにお菓子作りの強い味方。
便利な食材はどんどん活用していきましょう!

ラムボールのレシピ

ラムレーズンを作る

材料(10個分)

  • レーズン…50g
  • ラム酒…50g

作り方

  1. 瓶などにレーズンとラム酒を入れる。
  2. 最低でも1日間。今回は10日間漬けました。

  3. 使う前に水気を切っておく。

ラムボールを作る

材料(10個分)

  • 冷凍スポンジケーキ(ココア) …1台
  • コンデンスミルク…50g
  • ラム酒…10g
  • チョコレート…200g
  • マイクリオ…2g

作り方

  1. ココアスポンジを適当な大きさにちぎり、粗めのザルでそぼろ状になるようにふるう。
  2. コンデンスミルクとラム酒を加え、ゴムベラで混ぜる。
  3. 10等分に分ける。
  4. 水気を切っておいたラムレーズンを、1個につき4粒程入るようにして丸める。

  5. チョコレートを40~45℃になるように溶かす。
  6. 温度を34℃まで下げてマイクリオを加え、32℃を保てば簡単テンパリングが完了。

    *テンパリング不要のコーティングチョコを使ってもOKです。

  7. チョコフォークなどに丸めたラムボールをのせ、一つずつ4にくぐらせる。
  8. 底についた余分なチョコはボウルの縁で落とす。

  9. クッキングシートを敷いたバットに置き、チョコが固まるまで置く。
  10. OPPシートで作ったコルネに残ったチョコを入れ、表面に模様を付ける。
  11. お好みでカカオニブ・金箔・金粉スプレーなどをかけてデコレーションする。

    チョコが固まったら、底部分に広がった余分なチョコを温めたペティナイフで落とす。

  12. ラムボールの出来上がり。

パリッ!としたチョコレートと、ラムの香るしっとりしたケーキの食感がたまらないおいしさ。
洋酒の効いた大人の味は、ブラックコーヒーや紅茶と一緒にいただくのがおすすめです。

アレンジレシピ「バナナボール」

とってもおいしいラムボールですが、洋酒の味がかなり強いお菓子。

お酒がNGの方向けに、アレンジレシピとしてバナナボールを作ってみました。
洋酒は入れず、優しいバナナ味に。周りもホワイトチョコでコーティングした甘めの仕上がりです。

ラムボールと併せて作ってみてはいかがでしょうか。

「ラムボール&バナナボール」の詳しいレシピページはこちら

ラム酒はダークがおすすめ

ラムボールはその名の通り「ラム酒」が主役のお菓子。
ダークラムとホワイトラムの2種を使ってラムレーズンを作り、違いを比べてみました。

ダークラム

  • 芳醇なラムの香り
  • コクのある味わい
  • いわゆる一般的なラムレーズンの味

ホワイトラム

  • 香りがほとんどしない
  • ピリッとキレのある味わい
  • ラムレーズンとして使うには物足りない

結果


ダークラムのほうが圧倒的にラムレーズン作りに向いていました。

今回のようにチョコレートと合わせて使うお菓子や焼き菓子などには、香りの強いダークラムが他の素材に負けない存在感を発揮してくれそうです。

ホワイトラムは冷菓などの香り付けに使うと、爽やかな味わいになるかと思います。

冷凍スポンジを活用しよう!


便利な冷凍スポンジを使用すれば、お菓子作りのハードルはグンと下がります!
ラムボールを作る際はぜひ活用してみてくださいね。

【おすすめの特集】バレンタインの簡単お菓子レシピバレンタインの簡単お菓子レシピの特集はこちら
date
2019/02/12
writer
nyonta
category
お菓子作り

製菓学校卒業後、ホテルやケーキ屋さんで働いていた経験を活かして、毎日楽しくお菓子作りしています。旬の食材で作る季節感のあるお菓子が大好きです!

この記事にコメントを書く

コメントを残す

話題の生シフォンケーキの作り方

今、話題の「生シフォン」。コンビニでも見かけることが多いのではないでしょうか?軽い食感はおやつにピッタリだし、クリームが中に詰まっているからラッピングしやすくて持ち寄りにもgoodなんですよ!ふわふわのシフォン生地の中に ...

お菓子に抹茶を使うときの注意点

抹茶、きちんと使えていますか? お菓子作りに大人気の素材、抹茶。 実は、その取り扱いには注意点がたくさん! 変色やダマなどを回避して、おいしく美しい抹茶スイーツを楽しみましょう! 抹茶について知ろう 抹茶の原料は緑茶です ...

新ショウガでジンジャーシロップ作り

8月までが旬の新ショウガ 初夏から旬が始まり、店先に陳列される新ショウガもだいぶ見慣れてきた頃かと思います。   年中出回っている皮の茶色い「ひねショウガ」(写真の左側)に比べ、新ショウガ(写真の右側)は香りや ...

油脂を変えてスコーンの焼き比べ実験!

スコーンの油脂、変えてみたらどうなる? 外はサクッと、中はふんわりやわらかいスコーン。おいしいですよね。 スコーンで使う油脂といえば、普通はバターを使いますが、オイルや生クリームで作ってみたらどう変化するのか気になりませ ...

カラメルをつくって砂糖の違いを比較してみた

お菓子に欠かせないのが、お砂糖。さらさらしたグラニュー糖、塊になりがちな上白糖、ふわふわした粉砂糖に茶色いきび砂糖・・・お砂糖には様々な種類があります。しかし、お菓子のレシピには「砂糖」と書かれていたり、「グラニュー糖」 ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。