cotta column

かわいい見習いサンタとトナカイパンの作り方

date
2019/12/23
writer
ぷちみみん
category
パン作り

クリスマスにサンタとトナカイのパンを作ろう♪

クリスマスにパンでサンタやトナカイを作りたいけど、おひげやツノが難しそう…なんてお悩みはありませんか?

今回は、おひげや大きなツノのない、見習い中の幼いサンタとトナカイのパンの作り方をご紹介♪

ころんとしたフォルムで、パーツはなるべく少なめに。
無理なく楽しめるよう、成形時の計量や分割の手間をちょっぴり減らしたレシピにしています。

わかりやすいように写真も多めに用意したので、ぜひ参考にして作ってみてください。

見習いサンタとトナカイパンの作り方

出来上がり量

ペットカップ小判6個分(サンタ:3体、トナカイ:3体)

パン生地を作る

材料

  • 強力粉…180g
  • インスタントドライイースト…2g
  • 上白糖…18g
  • 塩…3g
  • 牛乳…50g
  • ぬるま湯…65g
  • 水あめ…6g
  • 無塩バター…16g
  • ココアパウダー…小さじ2
  • いちごパウダー…小さじ2
  • 竹炭パウダー…小さじ1/10程度
  • チョコチップ…36g

作り方

  1. 強力粉から無塩バターまでの材料をホームベーカリーなどに入れ、プレーンなパン生地を作る。
  2. 1より180g取り分ける。
    残りの生地に、小さじ2の水(分量外)でペーストにしたココアパウダーを加え、ムラなくこねる。

    *ココア生地を機械でこねている間に、手ごねで他の生地の色付け(工程3以降)をするとスムーズです。

  3. 2で残した生地180gのうち赤生地分87g、黒生地分4gを取り分ける。
    残りの生地は白生地分になる。

    赤生地分にはいちごパウダー、黒生地分には竹炭パウダーを直接加え、順にムラなくこね上げる。

  4. それぞれの生地を丸め直したら、カットしたオーブンシートで仕切りをしてボウルに入れる。

    ふっくらと2倍の大きさになるまで一次発酵。

  5. 発酵中に、チョコチップを3gずつに分けておく。
    *仕切りのある製氷器をはかりにのせて計量に使うと便利。

サンタとトナカイの形に成形する

  1. ボウルより生地を取り出しガス抜きしたら、それぞれの生地を分割。

    【白生地】
    15g(サンタの手・サンタの帽子のボンボンのパーツ分)を取り分け、残りの生地を3等分(サンタの顔)。

    【赤生地】
    12g(サンタの帽子のパーツ分)を取り分け、残りの生地を3等分(サンタの体)。

    【茶色生地】
    12g(サンタの髪・トナカイの耳と手のパーツ分)、25g×3個(トナカイの体)を取り分け、残りの生地を3等分(トナカイの顔)。

    それぞれ丸め直したら、ぬれ布巾をかけておく。

  2. サンタとトナカイの顔の生地でチョコチップを包む。

    *成形中も発酵が進みます。
    発酵による膨らみの個体差を抑えるため、サンタとトナカイを同時進行で成形。

    頭は大きめでもかわいらしいので、成形する順番は頭→体がおすすめ。

  3. 茶色生地のパーツ分より半量取り分け、めん棒で薄く丸く伸ばす。
    放射状に6等分にカットして、サンタの髪パーツを作る。

    赤生地のパーツ分も同様に丸く伸ばす。
    放射状に3等分にカットして、サンタの帽子パーツを作る。

  4. 3の茶色生地をサンタの顔の両サイド(こめかみになる部分)に、軽く引っ張りながら貼り付ける。

    上から、赤生地をサンタの帽子に見えるように貼り付ける。

  5. 白生地のパーツ分を丸く伸ばしたら、1/3量を取り分け丸める。
    残りをめん棒で5cm×8cmの長方形に伸ばし、細長く6等分にカットする。
  6. サンタの帽子の縁部分に、5でカットした細長い白生地を軽く伸ばしながら貼り付ける。
    *残りの生地は、工程9で使います。
  7. サンタとトナカイの体の生地でチョコチップを包む。
  8. 黒生地を2cm×8cmの長方形に伸ばし、細長く3等分にカットする。
    サンタの体中央にベルトのように巻き付ける。
  9. ペットカップにサンタの顔と体、トナカイの顔と体をそれぞれ縦に並べる。
    6で残った細長い白生地をトナカイの首部分に巻き付ける。
  10. 残りの白生地のパーツ分を6等分する。
    そのうち3つを丸めて真ん中に竹串を当て、前後に転がしてさらに2等分する。

    茶色生地のパーツ分は半量を取り分け、3等分に。白生地と同様に竹串で転がし2等分する。

    *竹串で生地を転がすと、小さな丸いパーツが2つできます。
    細かな生地の丸めがちょっぴり楽に♪

  11. 10をサンタとトナカイ、それぞれの顔の下にそのまま2つセットでくっつける。
    残りの白生地は丸め直し、サンタの帽子のボンボンに。

    *帽子のボンボンは発酵・焼成で後ろにずれやすいので、気持ち手前に付けるのがポイント。

  12. 残りの茶色生地は、めん棒で丸く伸ばして放射状に6等分にする。
    トナカイの耳になる部分に貼り付ける。
  13. ひとまわり大きくなるまで二次発酵。
  14. オーブンを180℃に予熱する。
    140℃で15~17分間ほど焼成したら、カップのまま取り出し粗熱を取る。

デコレーションして仕上げる

材料

  • 竹炭パウダー…小さじ1/4程度
  • チョコペンピンク・イエロー…各1本
  • ローストアーモンド…3~6個
  • *縦に割って使用します。アーモンドホールは砕けやすいため、多めに準備しておくと安心です。

作り方

  1. 水で伸ばした竹炭パウダーを使い、箸や竹串でサンタとトナカイの目と口を描く。

    *目は箸の先を押し当てるように。口や眠っている目は、竹串の先を使うと描きやすいですよ。

  2. チョコペンピンクで、サンタとトナカイの頬とトナカイの鼻を描く。
    チョコペンイエローで、サンタのベルトのバックルとトナカイの首元の鈴を描く。
  3. トナカイの頭に竹串で穴を開け、縦に1/2または1/4に割ったアーモンドのツノをさしたら出来上がり。

「クリスマスに♪見習いサンタとトナカイパン。」の詳しいレシピページはこちら

マシュマロを添えると、プレゼント袋のよう♪

スヤスヤ眠るサンタは、配達の休憩中?
見習い中なのでね。どうぞお手やわらかに。

クリスマスの手土産にも

プレゼントにも喜ばれる、小さなぬいぐるみのようなサンタとトナカイのパン。
ペットカップに入っているので、持ち運んでも崩れにくく安心です。

おすすめのアイテム
オーピーパック 18-23 (100枚入)

「ペットカップ小判のクリスマスデコパンラッピング。」の詳しいラッピングページはこちら

かわいいクリスマスパンを楽んで♪

ころんとしたかわいい見た目の見習いサンタとトナカイのパン。
よかったら作ってみてくださいね。

すてきなクリスマスになりますように☆

date
2019/12/23
writer
ぷちみみん
category
パン作り

パンやお菓子作りが日々のリフレッシュタイム。おいしい・かわいい・たのしいモノが大好き。気軽に作れるかわいいパンやお菓子のアイディア。楽しみながら共有していけたら。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

ビールに合う♪おつまみパンレシピ

ビールと一緒に!おつまみパン 暑さ厳しい今年の夏、キンキンに冷えたビールがとにかくおいしい! ビールのお供にはどんなものがあると嬉しいですか? お刺身・枝豆・焼き鳥…。おいしいものがたくさんありますね。 今回はビールと相 ...

ピタパンレシピで夏休みランチを楽しもう!

たくさんの具材を詰め込んだピタパンでランチ! 夏休みにはお友達で集まってランチ、なんて機会も増えそうですね。 そんなときにぴったりなのが、地中海沿岸から中東諸地域で親しまれているピタパン。ポケット状に大きく開いた口が魅力 ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。