cotta column

パウンド型を活用♪冷やしておいしいクリームパンのレシピ

date
2021/08/05
writer
chiyo
category
パン作り

クリームたっぷり!夏に食べたくなるパンを作ろう

暑い時季には、ひんやりした食べ物が恋しくなるもの。
今回は、真っ白に焼き上げたパンにクリームをたっぷり詰めた、冷やして食べるクリームパンのレシピをご紹介します。

冷やして食べるパンは、1個あたりの大きさが小さいものが多いですが、今回のレシピではパウンド型を活用。

パウンド型を使うと、生地が上に伸びるので高さのあるパンに。型崩れしにくくクリームが詰めやすいので、作業性も◎

冷やしておいしいクリームパンのレシピ

パン生地を作る

材料(内寸:210×80×H60mm 底寸:200×70mmのパウンド型1台分)

  • 強力粉…200g
  • ドライイースト…2g
  • 塩…4g
  • 砂糖…20g
  • スキムミルク…5g
  • 無塩バター…10g
  • 水…130g
  • 強力粉(焼成前に生地に振る用)…適量

下準備

  • 型に軽く油脂を塗っておく。
  • オーブンは焼成温度より20℃高い温度でしっかり予熱しておく。

作り方

  1. ニーダーやホームベーカリーを使って、強力粉から水までの材料をこねる。
    *お使いの機械によってこね時間が違うため、調整してください。
  2. こね終わったら手で軽く丸め直し、ボウルに移す。
    ラップをかけて、室温で40分~1時間一次発酵。

    *パン生地が2.5倍程度の大きさになればOK。
    発酵時間は室温によって前後します。

  3. 4分割(1個あたり90~93g)して軽く丸め直し、パンマットの上に置く。
    ぬれ布巾をかけ、15~20分間ベンチタイム。
  4. とじ目を上にして手で軽く押さえて空気を抜き、とじ目を下にして丸め直す。
  5. 4個とも同じように丸め直す。
  6. 下準備で軽く油脂を塗った型に生地を入れる。
  7. 35℃で30~40分間二次発酵。
    *生地が2倍程度の大きさになればOK。
  8. パン生地の表面に軽く強力粉を振る。
  9. 焼成。
    ガスオーブン、140〜150℃で14〜15分間。
    電気オーブン、150〜160℃で15〜16分間。

    *お使いのオーブンによって火力が違うため、焼成温度と時間は調整してください。

  10. 型から出してケーキクーラーの上に置き、完全に冷ます。

ホイップクリームを作る

材料

  • 生クリーム…120g
  • グラニュー糖…15g
  • バニラペースト…適量

下準備

  • 氷水を用意しておく。

作り方

  1. 生クリームを入れたボウルを氷水に当て、やわらかいツノが立つまで泡立てる。
    *ここまでは、ハンドミキサーを使ってもOK。
  2. グラニュー糖とバニラペーストを入れ、ホイッパーでツノが立つまで泡立てる。
  3. シュークリーム用口金をセットした絞り袋に入れ、使う直前まで冷蔵庫で冷やしておく。

    *シュークリーム用口金がない場合は、できるだけ先端の小さい口金を使ってください。

仕上げ

  1. パンが完全に冷めたら、箸などで側面に穴を4つ開ける。
  2. 口金を穴の中に入れ、1か所につき30g程度クリームを絞り入れる。
  3. 出来上がり。
    しっかり冷やし、クリームとパンがなじんだら食べ頃です。

「パウンド型 冷やして食べるクリームパン」の詳しいレシピページはこちら

今回のレシピではプレーンの生クリームにしましたが、アレンジしても◎

お抹茶をプラスした抹茶クリーム、あんこと合わせたあんクリーム、カスタードと合わせたディプロマットクリームなど♪

お好みに合わせて、いろいろなクリームで楽しんでみてください。
4つの山、それぞれに違うクリームを入れるのも面白そうですね!

冷やしておいしいクリームパンは夏のおやつにぴったり


パウンド型を使って作る、冷やしておいしいクリームパン。

夏のおやつの一品に加えてもらえたら、うれしいです。

【おすすめの特集】パウンド型でつくるお菓子&パンパウンド型でつくるお菓子&パンの特集はこちら
date
2021/08/05
writer
chiyo
category
パン作り

口に入れた瞬間に笑顔いっぱい広がるようなお菓子やパン作りまたそれを伝えていきたいと思ってます。不定期にお菓子教室開催。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

かわいいくまのぬいぐるみパンの作り方

ぬいぐるみみたいなくまパン♪ こんがり焼き上げた丸みのあるふわふわパン。 そのままでもじゅうぶんかわいく癒しを届けてくれますが、そこにちょっとひと手間。 小さなパーツをくっつけて、ぬいぐるみみたいなパンを作ってみませんか...

食パンのトースト方法

どんなトーストがお好みですか? “トースト”! 言葉にしたらなんてことはないこの言葉。でも、かなり奥が深いと思うんです。 パンに適度に水分が残っていてパサついていないこと、それでいて香ばしいこと。これが私の思うおいしいト...