7,700円以上ご購入で800円割引キャンペーン実施中! - 2/21(水)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

デコ型で作る背高チーズタルトのレシピ

date
2022/12/16
writer
nyonta
category
お菓子作り

定番のデコ型で作るチーズタルト

側面までタルト生地で覆われた背の高いチーズタルト。

ピシッと高く敷き込まれたタルトの壁の中には、濃厚でクリーミーなチーズ生地がたっぷり!

今回は15cmの丸型で作る、背高チーズタルトのレシピをご紹介します。
タルト生地を敷き込むためのポイントを押さえて、きれいなタルトを作りましょう♪

背高チーズタルトのレシピ(15cm丸型1台分)

底が取れるタイプの15cmの丸型を使用して作ります。
敷き込みも型外しも共底より容易なので、おすすめです。

パートシュクレで土台のタルトを作る

材料

  • 無塩バター…90g
  • 粉糖…75g
  • 塩…1g
  • 卵黄…1個(約18g)
  • 卵白…卵黄と合わせて30g
  • アーモンドプードル…40g
  • 薄力粉…160g

下準備

  • 無塩バターは常温に戻しておく。

作り方

  1. ボウルに無塩バター・粉糖・塩を入れ、ゴムベラで混ぜる。
  2. 卵黄・卵白をあわせて溶きほぐしたものを2回に分けて加える。
    アーモンドプードルも加えてよく混ぜる。
  3. ふるった薄力粉を加え、練らないように混ぜる。
  4. 粉気がなくなったらひとまとめにしてラップで包み、冷蔵庫で2時間ほど冷やす。
  5. 冷えてかたくなった生地をめん棒でたたきながらのばす。

    ラップの間に挟んで、3mmのルーラーを使って底板の大きさの生地が取れるまでのばしたら冷蔵庫で冷やす。

  6. 側面用は13×25cm程度の長方形にのばし、冷蔵庫で冷やす。
  7. 丸型をひっくり返して底生地を抜き、底板を被せる。
  8. 少しはみ出るので、はみ出た部分はナイフで削ぎ落とす。
  9. 丸型の底に敷く。
    *敷く前に、側面に軽くオイルスプレーをかけておいてください。
  10. 側面の生地を6×23cmの大きさで2枚分カットする。
  11. 型に隙間があかないように、ぴったりと敷き込む。

    *生地が冷えすぎてかたければ、扱いやすいかたさになるまで常温に少し置いておくか、手の平で挟んで少しやわらかくしてから敷き込むようにしてください。

  12. 上部のはみ出た部分はナイフでカットする。
  13. 生地を落ち着かせるために、この状態でラップをして冷蔵庫で一晩冷やす。
  14. 底・側面の両方にフォークでピケをする。
    オーブンシートなどを敷き、タルトストーンを入れる。
  15. 160℃に予熱したオーブンで30分間焼成。
    一度オーブンから出し、タルトストーンを取り出す。

    *熱いのでスプーンで少しずつ取り出してください。

  16. さらに15分間焼成。型に入れたまま冷ます。

チーズ生地を流して焼く

材料

  • クリームチーズ…300g
  • グラニュー糖…80g
  • 全卵(Mサイズ)…2個
  • コーンスターチ…10g
  • 生クリーム…150g

作り方

  1. 計量したクリームチーズをラップで包み、レンジで10秒間ずつ加熱して、26~27℃くらいになるまで温める。

    ボウルに入れてゴムベラでなめらかになるまで混ぜる。
    グラニュー糖も加えて混ぜ、やわらかくなったらホイッパーに持ち替える。

  2. 別のボウルに卵を入れて溶き、3回に分けて加える。
  3. コーンスターチも加えて混ぜる。
  4. 生クリームを加えて混ぜる。
  5. 一度生地をこす。
  6. 空焼きしておいた生地に全て流し入れ、170℃に予熱したオーブンで約45分間焼成する。

    *残り10分のところで焼き色が薄そうであれば、190℃に上げて焼き色を付ける。
    粗熱が取れたら冷蔵庫に移して一晩冷やす。

  7. 型から外す際は温めたタオルを型の周りに巻いて、上に持ち上げればスポッと外れます。
  8. 出来上がり。
  9. お好みの大きさにカットしてどうぞ。

背高チーズタルト」の詳しいレシピページはこちら。

タルト生地をきれいに敷き込むための3つのポイント

通常のタルト型と比べて高さがあるデコ型。タルト生地をきれいに敷き込むポイントをお教えします。

ポイント1.生地をカットして型に敷き込む

高さ5cm以上・底が直角のデコ型。
通常のタルトを作るときのように、大きな丸にのばした生地を敷き込むのは難易度高め。

底と側面の生地を別々に用意すると、厚みもそろい、角までしっかり敷き込むことができます。

ポイント2.つなぎ目はしっかり合わせる

側面はカットした生地をはめ込むので、つなぎ目ができます。

ここをしっかり合わせないと、チーズ生地が外にはみ出てしまうので注意!
隙間が空かないようにぴったりと合わせましょう。

長すぎたらナイフでカットし、生地が足りない場合は残った生地で埋めて、しっかりなじませます。

ポイント3.タルトストーンは底から2cm埋まればOK

タルトストーンは、型一杯になるまで入れなくてもOK。
底から2cmほど埋まっていれば大丈夫です。

しっかり冷やして休ませた生地は、倒れてきません。

アレンジレシピ:サワークリームトップの背高チーズタルト

チーズ生地の上にサワークリームをたっぷり流して二度焼きした、サワークリームトップのアレンジもおすすめです。

濃厚クリーミーなチーズ生地にほのかな酸味が加わり、ベーシックなチーズタルトとはまた違ったおいしさが楽しめます。

背高チーズタルト(サワークリームトップ)」の詳しいレシピページはこちら。

いつものデコ型でスペシャルなチーズタルト作り

しっかり空焼きしたタルトは、底も側面もサクサク!
日が経つとチーズ生地となじんでしっとりして、それもまたおいしい。

タルト生地がうまく敷き込めれば、チーズ生地は混ぜるだけなので簡単です。
スペシャルなチーズタルト、ぜひ作ってみてくださいね♪

【おすすめの特集】チーズケーキレシピチーズケーキレシピの特集はこちら

date
2022/12/16
writer
nyonta
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

製菓学校卒業後、ホテルやケーキ屋さんで働いていた経験を活かして、毎日楽しくお菓子作りしています。旬の食材で作る季節感のあるお菓子が大好きです!

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

【カヌレ型活用】簡単アイスまんじゅうのレシピ

濃厚ミルキーなアイスとあんこが奏でる絶妙なハーモニー♪ミルキーなアイスクリームの中にたっぷりのあんこが入ったアイスまんじゅう。あんこ好きにはたまらないスイーツですよね!今回は冷菓にも使いやすいシリコンのカヌレ型を使って、...

和梨で作る、ジューシーな焼き菓子

フレッシュで食べることの多い和梨和梨を使ったお菓子って、なかなか難易度高いと私は思うんですけど皆さんどうですか?洋梨のお菓子なら安易に浮かぶんですけど、和梨となるとなかなか浮かばず…。 和梨の1番美味しい食べ方...

焼く前のシュー生地は保存できる?冷凍・冷蔵で検証してみた

シュー生地が冷凍できること知ってる?焼く前のシュー生地は、冷凍保存できることをご存じですか?なぜ、シュー生地は冷凍しても膨らむのでしょう。今回は、「作りたてと冷凍したもので違いがあるのか」「冷蔵はできないのか」などの疑問...

パンケーキとホットケーキの違いとは?おすすめコラム4選

なにが違うの?パンケーキとホットケーキ近年人気の、おしゃれなパンケーキ。手軽に作れるおうちおやつの定番、ホットケーキ。今回は、なにが違うのか一度は疑問に思う「パンケーキ」と「ホットケーキ」について解説。おいしく楽しむため...

【スーパーフード・デーツとは】砂糖不使用で作る簡単マフィンのレシピ

スーパーフード・デーツについて詳しく知ろう!近年、健康面や美容面において注目されている「デーツ」。天然のキャンディーともいわれ、ねっとりした食感と甘さが特徴の果物です。今回は、デーツについて詳しく解説!デーツの甘さをいか...

おすすめ PICK UP!

デコ型で作る背高チーズタルトのレシピ