cotta column

【手作りチョコ初心者さん必見】チョコレートの基本コラム5選

date
2022/02/01
writer
cotta
category
お菓子作り

手作りチョコを楽しみませんか?

バレンタインに向けて、チョコレートのお菓子を手作りしたいと思っている皆さん、注目ー!

今回のcottaコラムでは、チョコレートの基本がわかる5つのコラムをご紹介します。

今年初めて手作りにチャレンジする方から、チョコレートについてもっと知りたい方まで。チョコレートの基本を一緒に学びましょう。

1.クーベルチュールチョコレートとは?市販の板チョコとの違い

クーベルチュールチョコレートとは?市販の板チョコとの違い

レシピ本に登場する、クーベルチュールチョコレート。
スーパーでよく見る板チョコと何が違うの?と思っている方、必見のコラムです。

コラム「クーベルチュールチョコレートとは?市販の板チョコとの違い」では、クーベルチュールチョコレートに関する専門知識から板チョコとの違いまでを詳しく解説。

違いがひと目でわかる比較画像は見逃せません。

2.スイートチョコレートとミルクチョコレートの違いは?

スイートチョコレートとミルクチョコレートの違いは?

スイート・ミルク・ホワイト。チョコレートを大まかに分けると、この3つに分類されます。
皆さんは、この3つの違いをご存じでしょうか。

コラム「スイートチョコレートとミルクチョコレートの違いは?」では、まずチョコレートの製造工程を解説し、3つのチョコレートの違いをわかりやすくまとめています。

原材料の違いは風味や見た目が変わるだけではなく、溶ける温度や固まり方にも影響することがあるので、注意が必要なんですよ。

3.湯せんとは?湯せんの温度や注意点を知ろう!

湯せんとは?湯せんの温度や注意点を知ろう!

チョコレートを溶かすときに直火は厳禁!では、どうすればいいのでしょう?

正解は、湯せん。

湯せんとは、チョコレートを入れたボウルをお湯にあてて温める方法。チョコレートの他にも、スポンジ生地を泡立てるときにも使われます。

コラム「湯せんとは?湯せんの温度や注意点を知ろう!」では、チョコレートを湯せんする際の疑問にお答えしています。

チョコレートはとてもデリケートな食材。温度や水分によって、取り返しがつかない状態になることも…!

4.生チョコ作りのコツ

生チョコ作りのコツ

チョコレートを使ったスイーツの中でも、人気の高い生チョコ。用意する材料も少なく、比較的簡単に作れるため、チャレンジする方も多いお菓子です。

生チョコを作るなら、絶対に気をつけなくてはならないポイントがひとつ。
それは、分離。つやのある左の画像と比べると、右の残念な状態は一目瞭然。

コラム「生チョコ作りのコツ」では、分離してしまう原因や分離しないようにするためのコツをご紹介。分離してしまったときの復活方法は、一読の価値ありです!

5.ホワイトチョコレートに色付けする方法

ホワイトチョコレートに色付けする方法

キャラチョコや飾りチョコなど、チョコレートをカラフルな色合いにしたい!そんなとき、皆さんならどうしますか?

ホワイトチョコに食紅を加えて作る?はい、一部正解です!

チョコレートに使う食紅は、一般的なものとは違い、チョコレート専用のものが必要(現行品は、パッケージデザインが変更になっています)。

コラム「ホワイトチョコレートに色付けする方法」では、一般的な食紅ではなぜだめなのかを、検証結果と共に解説しています。

一般的な食紅と、チョコレート用色素・プライマリーキャンディカラーを使ったものを比べると、その差は歴然…!

チョコレートを知って、使いこなしましょう

扱いが難しいといわれるチョコレート。
きちんと理解して使えば、おいしいお菓子が作れること間違いなしの魅力あふれる食材です。

ご紹介したコラムを参考に、ぜひ手作りチョコレートにチャレンジしてみてくださいね。

【おすすめの特集】バレンタインレシピバレンタインレシピの特集はこちら
date
2022/02/01
writer
cotta
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。
cotta

お菓子・パン作りが好きなcottaのスタッフが書いています( ..)φ
コメントやリクエスト、お待ちしています♡

この記事にコメントを書く

コメントを残す