4,900円以上ご購入で送料無料! - 5/27(月)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

【本格】カンパーニュのレシピ・作り方

date
2023/06/26
writer
miharu
category
パン作り

フランス生まれの「田舎パン」カンパーニュ

フランス生まれのパンは数多くありますが、その中でも豊かな粉の風味と深い味わいで多くのファンを持つパンが「カンパーニュ」。作ってみたい憧れのパンの一つではないでしょうか。

今回は、風味豊かな本格カンパーニュのレシピと、おすすめの食べ方をご紹介します。

カンパーニュとは

カンパーニュとは、しっかりと焼かれた香ばしいクラストと、大小ふぞろいの気泡があるしっとりしたクラムが特徴のパン。
丸形や楕円形が一般的ですが、地方によって王冠形や花形、馬蹄形などのバリエーションがあります。

「カンパーニュ」はフランス語で、「田舎」という意味の言葉。

昔、パリ近郊に住む人々が作った大型のパンを、パリ市内に売りに来ていたことから「パン・ド・カンパーニュ(田舎風のパン)」と呼ばれるようになりました。

小麦粉に10%前後のライ麦粉や全粒粉を配合し、自家製の発酵種(ルヴァン種)やフランスパン発酵生地を用いるなど、配合や製法はさまざまあります。

本格カンパーニュのレシピ(直径約18cmのもの1個分)

小麦とライ麦の風味を堪能できる、味わい深いカンパーニュのレシピです。
今回は、冷蔵庫で発酵させる「オーバーナイト法」で作ります。

材料

  • 準強力粉…200g
  • ライ麦全粒粉…30g
  • モルトパウダー…0.5g(入れなくてもOK)
  • 水…155g
  • インスタントドライイースト…0.8g
  • 塩…4.6g

  • 打ち粉(強力粉、ライ麦全粒粉)…適量

下準備

  • 発酵かごにライ麦全粒粉をふる。

  • 成形が終わったら、天板を入れたオーブンを250℃で予熱する。

作り方

  1. ボウルに準強力粉・ライ麦全粒粉・モルトパウダーを入れて混ぜ、水を加える。
    粉気がなくなるまでゴムベラで混ぜたら、室温で30分間オートリーズを取る(※オートリーズについては後述します)。

  2. インスタントドライイーストを加えて見えなくなるまで混ぜたら、塩も加えて混ぜる。

  3. 台に出してなめらかになるまでこねる。
    生地の一部を伸ばして、やや厚みのあるグルテン膜ができていればこね上がり。こね上げ温度は24~25℃。

  4. 室温(25℃前後)で70~80分間発酵。
    指穴が残れば発酵終了。

  5. パンチをする。
    手のひらで押さえてガスを抜き、左右から1/3ずつ、向こう側と手前側からも1/3ずつ折り畳む。

  6. 保存容器(容量900ml)に入れ、冷蔵庫で15~20時間発酵。
    *約1.5倍に膨らむのが目安。

  7. 容器から出した生地を四角形に整えたら、生地を中央に寄せ集めるようにして丸める。
    生地温度が17~18℃になるまでベンチタイム(約1時間)。

  8. 成形をする。手のひらで押さえてガスを抜き、7の要領で丸める。
    生地表面にライ麦全粒粉をまぶし、とじ目が上になるように発酵かごに入れる。

  9. 28~30℃で50~60分間最終発酵。

  10. オーブンシートの上で発酵かごを逆さにして生地を出し、十字にクープを入れる。

  11. オーブンの庫内に蒸気を入れるか霧吹きで水を吹きかけ、220~230℃で28~30分間焼成すれば完成。

パン・ド・カンパーニュ」の詳しいレシピページはこちら。

レシピのポイント

おいしいカンパーニュを焼き上げるポイントは3つ!

ポイント1.ライ麦全粒粉を加えて風味アップ

小麦の風味にライ麦のほのかな酸味がおいしさのポイント!
それぞれの素材の味を引き立て、焼き上がったときの香りも格別。

ポイント2.オートリーズを取る

オートリーズとは粉に水を吸水させる時間のこと。

これにより、伸びのよい生地が作れます。
クラムには大小の気泡ができ、ボリュームのある焼き上がりに。

ポイント3.冷蔵庫で時間をかけて発酵

手間はかかりますが、冷蔵庫でゆっくり発酵させることにより生地の熟成が進んでうまみが増し、奥行きのある豊かな味わいになります。

おいしい食べ方

焼き上がったカンパーニュをもっとおいしく楽しみましょう♪
おすすめの食べ方をレシピとともにご紹介します。

クリームチーズを使った簡単ディップでタルティーヌ

ハムのディップ

  1. クリームチーズ30g・生クリーム20g・ロースハム50g(刻む)・ディジョンマスタード5g・塩・こしょう・ナツメグ各少々をブレンダーやフードプロセッサーで混ぜる。

  2. お好みで、ピンクペッパーやチャービルを飾る。

オレンジのクリームチーズディップ

  1. クリームチーズ50g・オレンジマーマレード15g・オレンジピール15g・シナモン少々を混ぜる。

  2. 刻んだチョコレートをトッピングして召し上がれ。

フランス・アルザス地方の郷土料理をアレンジ

タルトフランベ風タルティーヌ

  1. クリームチーズ25g・プレーンヨーグルト25g・塩・こしょう・ナツメグ少々を混ぜてソースを作る。

  2. パンに適量を塗り、オニオンスライスと細切りベーコンをのせてトースターで焼く。

  3. 好みでナツメグやこしょうを振りかける。

サンドイッチにもぴったり

にんじんとツナのサラダのサンドイッチ

  1. ヨーグルト大さじ1・オリーブオイル大さじ1.5・粒マスタード大さじ1・刻んだディル1~2本・塩・こしょう少々を混ぜてドレッシングを作る。

  2. せん切りにしたにんじん120~130g・汁気を切ったツナ缶1個・粗く刻んだくるみ20gを1に加えて和えたら、レタスと一緒にパンに挟む。


カンパーニュはもちろん、食パンやレーズンブレッドなどにも合いますよ。

本格カンパーニュをおうちで手作り!

カンパーニュは、フランス各地で昔から日常のパンとして作られてきました。

素朴だけれど味わい深いこのパンは、お料理との相性が抜群で、パリで人気のビストロや星付きレストランでも提供されることが多いそうです。

ご自慢のお料理とともに、カンパーニュをお楽しみくださいね。

【おすすめの特集】フランスパンレシピフランスパンレシピの特集はこちら

date
2023/06/26
writer
miharu
category
パン作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

「楽しみながらパン作り」をモットーに、日々パンやお菓子作りに励んでいます。 パン教室主宰。

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

栗入りパンのレシピ【いがぐりパンの作り方】

まるでいがぐり!目でも楽しめるかわいいパン秋の味覚といえば何を思い浮かべますか?芋・栗・かぼちゃ・サンマ・松茸・柿などなど。想像するだけでお腹が空いてきますね。これぞ食欲の秋!今回は秋の味覚の中でも人気の、栗を使ったパン...

かわいいうり坊パンの作り方

お正月にぴったりのパン2019年の干支(えと)は、「亥(イノシシ)」です。しま模様がかわいい、イノシシの赤ちゃん「うり坊」。今回は、新年のスタートにもぴったりな干支パン、かわいいうり坊パンをご紹介します。お正月の和なイメ...

パン・オ・セーグルのレシピ、作り方

フランスのライ麦パン パン・オ・セーグルを作ろうライ麦粉を使って作るパン・オ・セーグル。クラストがパリッと香ばしく、クラムはしっとり軽い食感がおいしいパンです。今回は、サワー種を使わず手軽に作れるパン・オ・セーグルのレシ...

マカロンパンのレシピ・作り方

新食感♪サクふわマカロンパンを作ろうパン生地の上にマカロン生地をのせて焼き上げた、サクサクふんわり食感の「マカロンパン」。パンの上に別の生地をのせて焼くため、クッキー生地をのせたメロンパンと少し似ていますが味や食感はまっ...

クグロフ・サレのレシピ、塩味を楽しむお食事パン

塩味をきかせたうま味が絶品!クグロフ・サレを作ろうフランス・アルザス地方で古くから作られている「クグロフ」。クグロフといえば、ブリオッシュ風のリッチな生地にレーズンなどを入れて焼き上げる、甘い発酵菓子を思い浮かべる方が多...

おすすめ PICK UP!

【本格】カンパーニュのレシピ・作り方