cotta column

冷やしておいしい菓子パンレシピ

date
2018/07/30
writer
みりんパン
category
パン作り

暑い季節にぴったりのパン

夏も本番。この季節にパンを焼くのはなかなか大変ですよね。
それにカビないか心配。

夏場はパンのオフシーズンともいわれますが、暑い今だからこそ食べたい、冷やしておいしい菓子パンレシピをご紹介します。

冷やしてもやわらかいパン生地はどうやって作るの?

今回のパン生地には、冷やすとかたくなる性質を持つ卵やバターは使わず、油脂に太白ごま油を使用。
そして、低温焼成することで冷やしてもクラストまでやわらかい生地を焼き上げます。

また、高い保湿性を持つ甘味料の一種であるトレハロースも使用し、パサつきにくいレシピにしています。

トレハロースをパンに使用する際は、量が多すぎると歯切れが悪くなる、焼き色が付きにくいというデメリットもあるので、砂糖の半分の量をトレハロースに置き換えることが推奨されています。

冷やしておいしいパンの作り方

フィリングを作る

今回はフィリングを2種類用意します。

さっぱりマンゴークリーム(5個分)

材料

  • プレーンヨーグルト(無糖)…70g
  • ドライマンゴー…50g
  • 生クリーム…100g
  • グラニュー糖…15g

作り方

  1. 軽く水切りしたプレーンヨーグルトに、刻んだドライマンゴーを2時間以上漬けておく。
  2. 生クリームとグラニュー糖を泡立たてて、冷やしておく。

生クリームあん(5個分)

材料

  • お好みのあんこ…150gくらい
  • *今回は手作りのつぶあんを使用。

  • 生クリーム…100g
  • グラニュー糖…15g

作り方

  1. あんこは30gずつに分けておく。
  2. 生クリームとグラニュー糖を泡立たてて、冷やしておく。

冷やしパンの生地を作る

材料(10個分)

  • 強力粉(ゆめちからブレンド)…188g
  • 薄力粉(ドルチェ)…62g
  • 砂糖…20g
  • トレハロース…20g
  • 塩…4g
  • インスタントドライイースト(あれば耐糖性のものを使用)…4g
  • スキムミルク…8g
  • 水…160g
  • 太白ごま油…21g

作り方

  1. 粉類を全て合わせておき、水と合わせてこねる。
  2. 生地が滑らかになったら太白ごま油を入れて、さらに表面がつるんとするまでこねます。
  3. *機械こねなら油脂以外を合わせて9分間、油脂を入れて9分間、計18分間程度こねてください。

    *ややまとまりにくい生地です。水分や油脂を入れるときは一気に入れず、まとまるのを確認しながら少しずつ入れてこねてください。

  4. 生地が約2倍の大きさになるまで一次発酵を取ります。
  5. *室温が30℃を越えてしまうと過発酵になる恐れがあるので気をつけましょう。

  6. 生地を10分割して、軽く丸めてベンチタイムを15分間取ります。
  7. 成形します。
  8. *マンゴーフィリングとあんこを、それぞれ5個ずつ包んでいきます。

    台の上に生地を置き、ガスを抜いたら中央の生地が厚くなるようにします。
    生地の中心にフィリングをのせ、上下の生地を引っ張りながらくっつけ、左右も同様に引っ張りながらくっつける。

    次に右上と左下の生地も同様に引っ張ってくっつけ、左上と右下の生地も引っ張ってくっつける。

    最後にしっかり閉じて、ひっくり返す。
    *生地の接着面にフィリングが付くと閉じられなくなるので注意します。

  9. オーブンシートに並べ、生地が一回り大きくなるまで温かいところで二次発酵を取ります。
  10.  
    *二次発酵が浅いとフィリングが流れ出る原因になるので、天板ごと揺すった時に生地がフルフル揺れるまで発酵させてください。

  11. 二次発酵後の生地に茶こしで強力粉(分量外)を振ります。
  12. 180℃で予熱したオーブンを160℃に下げて5分間、さらに150℃に下げて10分間焼成します。
  13. *お手持ちのオーブンに合わせて焼き時間、温度を調整してくださいね。

    裏側が薄く色付いていたらOK。

  14. パンの粗熱が取れたら、冷蔵庫で1時間以上しっかり冷やします。
  15. パンの側面から泡立てた生クリームを注入します。

  16. *水分のあるフィリングを包んでパンを焼くと、ほとんどの場合フィリングの水分が蒸発して中に空洞が出来ます。この空洞を利用してホイップクリームを入れます。

  17. 冷蔵庫で再び30分間ほど冷やして完成。

マンゴークリームパンは、マンゴーの甘みとヨーグルトの酸味の相性ばっちり。
生クリームが入ると、まるでスイーツです。

生クリームあんぱんの生クリームと粒あんの組み合わせは、間違いのないおいしさです。

アレンジレシピ、Wクリームパンの作り方

材料(冷やしパンの生地5個分)

  • お好みのカスタードクリーム…150g
  • 生クリーム…100g
  • グラニュー糖…15g

作り方

  1. 冷やしパンの生地にカスタードクリームを30gずつ包んで、レシピの通り焼く。
  2. しっかり冷めてからグラニュー糖と合わせて泡立てたホイップクリームを注入する。

とろとろのWクリームが絶品です。

アレンジレシピ、チョコミントパンの作り方

材料(冷やしパンの生地5個分)

  • 生クリーム…100g
  • グラニュー糖…15g
  • チョコレート(細かく刻む)…35g
  • ミントエッセンス…10滴
  • 食用色素(緑、もしくは青)…適宜

作り方

  1. 生クリームをグラニュー糖と合わせて泡立て、他の材料も混ぜ合わせてチョコミントホイップを作ります。
  2. 冷やしパンの生地を何も包まず丸めて焼き、しっかり冷やしてから半分にカット。
  3. チョコミントホイップとチョコビスケットをトッピングします。

流行のチョコミントをパンに合わせてみました。
清涼感があっておすすめです。

ひんやり冷たいおいしいパン


今回は冷やして食べる事を前提としたパン生地のレシピと、食べ方を4種類ご紹介しました。

夏バテで食欲も落ちるこの季節、ひんやり冷たいパンを食べて乗り切りましょう。

date
2018/07/30
writer
みりんパン
category
パン作り

フルタイムで働く合間、パン作りをするのが楽しみな主婦。焼き立てパンのおいしさを、より多くの方に知っていただけるとうれしいです。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

話題のこねないパンの作り方

巷でちょっとした流行になっている「こねないパン」をご存知ですか? 通常「こねて作る」パンを「こねずに作る」ので、手抜きになりますが、その仕上がりは、プロ級なのです! 「パンは水分が多いほど美味しい」と、プロの間でよく聞か ...

食パンの保存方法、教えます!

食パンをおいしいまま保存したい! いつも食べている食パン、どうやって保存していますか? 冷凍か?冷蔵か?それとも常温保存?どのような保存方法が正しいのか悩みます。 食パンをおいしく食べるには、保存方法がとっても大切!! ...

トマトジュースで作る夏パンレシピ

トマトジュースを使って夏パンを作ろう! 仕込み水にトマトジュースを使って、夏にぴったりなパン作りませんか? トマトジュースを使ったパン生地は、なんといっても色が鮮やかでとってもきれい。 お味もおかず系のパンにぴったりなん ...

アルザス風ピザ、タルトフランベの作り方

タルトフランベとは? タルトフランベ(Tarte flambée)は、フランスのアルザス地方の郷土料理です。 現地のカフェやレストランではとても人気のある軽食だというタルトフランべは、その作り方もさまざま。 薄く伸ばした ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。