cotta column

旬の枝豆を使ったパンレシピ

date
2018/08/02
writer
chiyo
category
パン作り

枝豆でパンを作ろう!

鮮やかなグリーンが夏を感じさせてくれる枝豆の旬は7月から9月。今が真っ盛りです。

ビールのお供というイメージが強いですが、お料理メニューの幅も広いですし、いろんなバリエーションがいっぱいです。

今回は、そんな夏の定番、枝豆を使ったパンを作っていきたいと思います。
緑の枝豆と真っ白いパンのコントラストが爽やかで、夏らしい食欲をそそるパンです。

枝豆は鮮度が大事


枝豆は大豆を未成熟の段階で収穫したものです。
とっても栄養価が高く、ゆでてもさやがあるため、その栄養価が失われにくいという利点があります。

生の枝豆は時間が経つと豆が痩せて甘みも減るので、購入したら早いうちにゆでることをおすすめします。
ご家庭で塩ゆでしたものを冷凍保存もできますので、使いたいときまで冷凍しておくのも便利です。

塩ゆで方法

  1. 鍋にたっぷりの水を用意する。
  2. 鍋の水に対して4%の量の塩を用意する。
  3. 枝付きの枝豆は、はさみなどで枝から切り離し、さやの両端をカットしておく。
  4. 用意した塩のうち1/3を利用し、3の枝豆を塩もみし、10分間程度置く。
  5. 鍋の水を沸騰させ、残りの塩を入れて、4を4分間程度ゆでる。
  6. お湯を切り、水洗いはせずにそのまま冷ます。

冷凍保管する際は、さやのまま密封袋に入れて冷凍庫へ。
流水で洗う程度で、さやから実をとることができて便利です。

枝豆とチーズの白パンの作り方

材料(10個分)

  • 強力粉…250g
  • インスタントドライイースト…3g
  • 砂糖…15g
  • 塩…4g
  • 水…160g
  • 枝豆…100g
  • チーズ…80g

作り方

  1. 枝豆をゆでて、一つずつさやから出しておく。
    実の部分のみで約100g 計量する。
  2.  
    *冷凍の枝豆を使用する場合は、冷凍庫から出したてを使うと生地が冷たくなりすぎしまい、発酵までに時間がかかることがあります。常温に戻してからお使いください。

  3. 材料をこね機などに入れてこねる。
  4. *こね機の種類によって、こね時間は調整してください。

  5. こね上がったらボウルに移し、ラップをかけて常温で40分~1時間程度一次発酵をする。
  6. *約3倍くらいの大きさになるまで、しっかり発酵させる。

  7. 約40~45gに10分割する。
    軽く丸め、ぬれ布巾などをかぶせて、ベンチタイムを約10~15分間取る。
  8. 軽く手で押さえ、上下にめん棒をかけて伸ばす。
    枝豆10g とチーズ5g をのせて、軽くめん棒をかけ、丸める。

  9. 35~40℃で20分間、二次発酵をする。
    2倍くらいの大きさになるのが発酵完了の目安。
  10. *室温で発酵させる場合は、ぬれ布巾をかぶせておく。

  11. 表面に軽く強力粉を振って、焼成。
    ガスオーブンなら、150℃で8分間。
    電気オーブンなら、160℃で10分間。
  12. *お使いのオーブンによって調整してください。

枝豆をパン生地に加えるときのポイント

今回のように成形の段階で枝豆を入れてもよいですし、こね上げの少し前に混ぜ込んでも大丈夫です。

混ぜ込む場合、こね機でこねてしまうと枝豆がつぶれてしまうので、手で混ぜ込むときれいに混ざります。

シルフォームを使って、小さな丸パンに


30~35g の小さめに分割、成形してシルフォームに入れて焼き上げると、小さな丸いパンが焼き上がり、とってもかわいいです。
その場合、焼き時間は1分間程度、短めにしています。

シルフォームを使った「ふわふわ真っ白の枝豆パン」の詳しいレシピページはこちら

枝豆の色が鮮やかなかわいいパン

真っ白な中にきれいなグリーンが見え隠れするかわいらしいパン。
夏休みのランチにもお勧めですよ。

date
2018/08/02
writer
chiyo
category
パン作り

口に入れた瞬間に笑顔いっぱい広がるようなお菓子やパン作りまたそれを伝えていきたいと思ってます。不定期にお菓子教室開催。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

パウンド型で焼くワンローフ食パンのレシピ

パウンド型を使ってパンを焼いてみよう! ケーキ型でおなじみの「パウンド型」を使って、小さなサイズの食パンを焼いてみませんか? 今回は「ワンローフ」と呼ばれている成形で、ふんわり軽い食感の食パンが作れるレシピをご紹介します ...

ハチミツ+αで作る絶品トースト4選

かりっと焼いた食パンにバターとハチミツを塗ったハニートースト。ジュワーッとしみこんだハチミツがたまらなく美味しいですよね。   バターとハチミツだけでも充分美味しいのだけれども、さらに他のものを乗せていつものハ ...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。