cotta column

ブリオッシュ型を使ってかわいい菓子パンを作ろう♪

date
2019/11/01
writer
saori
category
パン作り

はじめまして。
ほぼ毎日手ごねでパン焼きを楽しんでいるsaoriです。

こね上がった瞬間の何とも言えないやわらかなパン生地を触るのが好き♡
しっとりふわんふわんのパンをほおばる時が至福の時♡

おうちでかわいくておいしいパンを作るためのコツやアイデアなど、少しでもお役に立てればと思います♪

ブリオッシュ型を使おう

皆さん、ブリオッシュ型はお持ちでしょうか?

今回はブリオッシュ型を使って作る、秋冬にピッタリなかわいいお菓子パン「アプリコットショコラ」のレシピをご紹介します♪

ブリオッシュ型とは

ブリオッシュ型とは、その名の通り「ブリオッシュ・ア・テット」を焼くための型♪
丸めた生地を型に入れて焼くと、その独特のウェーブがとてもかわいい型です。

そのまま使ってもじゅうぶんかわいい型なのですが、実は型を逆さにした形もとってもかわいいんですよ♪

ご紹介するレシピは、このかわいさを存分に楽しめるように作りました。

アプリコットショコラのレシピ(直径8cm高さ3cmほどのブリオッシュ型8個分)

アプリコットフィリングを作る

材料

  • アプリコットジャム…60g
  • コーンスターチ…小さじ1
  • 水…小さじ1
  • ドライアプリコット…3個(30gほど)
おすすめのアイテム
cotta ドライアプリコット 200g

作り方

  1. ドライアプリコットは熱湯にさっとくぐらせ湯通しをし、キッチンペーパーで水気を除く。
  2. 5mm角にカットする。

  3. 耐熱容器にアプリコットジャム・コーンスターチ・水を加え均一に混ぜる。
  4. ふわっとラップをのせて、電子レンジ500Wで1分間加熱する。

  5. 加熱後、ジャムを均一に混ぜてカットしておいたドライアプリコットの2/3量を加え混ぜ、冷ましておく。
  6. *残りの1/3量は仕上げ用に分けておく。

  7. アプリコットフィリングが冷めたら、ゴムベラを使って容器の中で8等分にしておく。

パン生地に混ぜ込むフィリングの下準備をする

材料

  • ポピーシード…10g
  • チョコレート…30g
  • *ビターなチョコがおすすめなので、ベルギー産チョコレートカカオ58を使用。なければチョコチップや板チョコなどでも大丈夫です。お好みで甘めのものでもOK。

作り方

  • ポピーシードは予熱なし220℃のオーブンで10分間ローストして、冷ましておく。
  • チョコレートは包丁で5mm角にカットしておく。

パン生地を作る

材料

  • 強力粉(はるゆたかブレンド)…160g
  • インスタントドライイースト…3g
  • 砂糖…15g
  • 卵黄…1個
  • ローストしたポピーシード…10g
  • 塩…2g
  • 無塩バター…20g
  • ココアパウダー…6g
  • 水…90~100g
  • 刻んだチョコレート…30g

下準備

  • 卵黄・無塩バター・チョコレートは室温に戻しておく。
  • 仕込み水は人肌程度に温めておく。
  • 仕込み水から10gを取り分け、ココア6gとラップの中で合わせてペーストを作っておく。
  • *パン生地はホームベーカリーやこね機を使ってもOK。その際は、ココアパウダーは粉類と一緒に機械へ入れてください。

作り方

  1. 強力粉から無塩バターまでの材料を合わせて白いパン生地を作る。
  2.  
    *ここでは7割程度までこねてください。
    見極めは、材料がしっかり混ざって厚い膜ができている状態。画像のように、生地に指を押し付けると、跡がしっかり残ります。

  3. 生地を20cm角ほどに手で広げ、ココアペーストを生地の上にのせる。
  4. ココアペーストをスケッパーで広げ、手前から巻いて丸くまとめて、均一に混ざるまでこねる。
  5. ココアペーストが混ざった後の状態。
  6. この時点で9割のこね具合。生地に残る指跡は、工程1の時点より浅く薄い。

  7. 再度生地を20cm角ほどに広げ、刻んだチョコレートを散らす。
  8. 生地を手前から巻き、丸める。
  9. 生地を前後に大きく伸ばし、クルクルと巻いて丸める。
  10. 向きを変えて再度大きく伸ばし、クルクル巻いて丸める。
     
    この動作を繰り返し、チョコレートが生地全体に均一に混ざるまで混ぜ込み作業を行う。

  11. 混ぜ込みが完了したら、こね上がり。
  12. こね上がったら、表面に出ているチョコレートを全て生地の中に入れて丸め直す。
  13. 一次発酵。
  14. チョコレートが溶けないように、30℃で2倍の大きさになるまで発酵させる。

  15. フィンガーテストをして発酵状態が良ければ、ガス抜きをする。
  16. 8分割して丸め直し、ラップまたはぬれ布巾をかけてベンチタイムを10分間取る。

  17. 成形。
  18. とじ目を上にして台の上に置き、手でガスを抜きながら直径10cmの円に広げる。
    アプリコットフィリングを包んでとじる。

  19. とじ目が上の状態で油脂を塗った型に入れ、手で軽く押さえる。
  20. *シルパンは型の滑り止めの用途で敷いています。なくてもOK。

  21. 二次発酵。
  22. ラップとぬれ布巾をかけ、30℃で一回り大きくなるまで発酵させる。

  23. 焼成。
  24. 200℃に予熱した電気オーブンで10分間~焼く。
    *ご自宅のオーブンの火力に合わせ、様子を見てください。

  25. ひっくり返して型から外し、クーラーなどにのせて冷ます。
  26. 粗熱が取れたらなかない粉糖をかけ、5mm角にカットしておいたアプリコットを飾れば出来上がり。

アレンジもおすすめ

ご紹介したパン生地は、フィリングとトッピングを変えればアレンジも◎
秋冬に人気の栗を使った「マロンショコラ」にするのはいかがでしょう。

キッチンペーパーでシロップを除いた栗の渋皮煮をパン生地で包むと、とてもおいしいですよ!

パータグラッセを上部に塗ってパールクラッカンをのせると、よりチョコレート感が増すのでチョコレート好きさんにおすすめ。
パールクラッカンのサクサク食感も楽しめますよ♪

ブリオッシュ型を使いこなそう


いかがでしたでしょうか?
せっかく持っているかわいい型。使い方を工夫すれば楽しみ方はいろいろ♪
ぜひブリオッシュ型を楽しんで使ってみてくださいね♪

【おすすめの特集】ブリオッシュレシピブリオッシュレシピの特集はこちら
date
2019/11/01
writer
saori
category
パン作り
saori
パン焼き大好き♡おしゃべり大好き♡
かわいい♪おいしい♪おもしろい♪がたーっぷりつまった手ごねパン教室をしています。

Marukomamaさん

2019/11/01 14:47

栗バージョン良いですね
作ってみたいと思います❗

saoriさん

2019/11/01 16:46

Marukomamaさんへ

嬉しいコメントをありがとうございます!
マロンショコラは、お味が濃厚でとっても美味しいです♪
ぜひ楽しんで下さいませ♪(*´ω`*)

この記事にコメントを書く

コメントを残す

春が旬!乾燥よもぎを使ったよもぎパンレシピ

パン作りによもぎを使ってみよう♪ 私たちにとって、最も身近な野草であるよもぎ。 日本では昔から食用として、また万能薬として親しまれてきました。 今回は、春にぴったりのよもぎを使ったパンレシピを2種類ご紹介。 健康や美容に ...

ドライいちじくを使ったパンレシピ

人気のドライフルーツ、いちじく 果物を乾燥させたドライフルーツは、保存性が高まり、甘みや栄養がぎゅっと詰まっています。 今回は、ドライフルーツの中でも人気のドライいちじく(ドライフィグ)について、効能やパンに取り入れる方 ...