cotta column

コンビニのあの食感!クリームあふれるやわらかシュークリームのレシピ

date
2021/02/19
writer
nyonta
category
お菓子作り

コンビニやスーパーで人気の「あのスイーツ」を再現!

シュークリームは誰からも愛される定番スイーツ♪

今回ご紹介するのは、コンビニやスーパーで売っている、やわらかいシュー皮にとろけるクリームがたっぷり詰まったシュークリームが作れるレシピ。

「あの食感」に近づけるポイントもお教えします!

とろけるカスタードのやわらかシュークリームのレシピ(大8個、小7個分)

シュー生地を作る

材料

  • 水…120
  • 無塩バター…15g
  • 太白ごま油…35g
  • 塩…ひとつまみ
  • 薄力粉…55g
  • 全卵…2~3個

下準備

  • 薄力粉はふるっておく。
  • 全卵は常温に戻しておく。

作り方

  1. 鍋に水・無塩バター・太白ごま油・塩を入れ、火にかける。
  2. ぶくぶく泡が立つほど沸いたら火を止める。

  3. ふるった薄力粉を一度に加え、ダマが残らないよう手早く混ぜる。
  4. ひとかたまりになったら中火にかけ、1~2分間ヘラでしっかり混ぜて、粉に完全に火を通す。
  5. 火から下ろしてボウルに移す。
  6. 別のボウルで卵を溶き、少しずつ加えて混ぜる。

  7. 卵2個分まではどんどん加えて混ぜ、最後の1個分は、生地のかたさを見ながら少しずつ加えていく。
  8.  
    *目安は、ヘラですくうとゆっくり落ち、最後はヘラに残った生地が三角形状になる程度。

  9. 丸口金を付けた絞り袋に生地を入れ、シルパンを敷いた天板に絞る。
  10.  
    *1個あたり約6cmの大きさに。
    焼くと膨らむので、間隔を広めに取って絞ってください。

  11. きれいに洗った指先に水を付け、絞り終わりのツノをつぶして平らにする。
  12. 残った生地は別の天板に小さく絞り、プチシューに。
  13. 200℃に予熱したオーブンを190℃に下げ、25分間。
  14. 170℃に下げてさらに20分間焼成(プチシューは5分早めに出す)。

  15. 焼き上がったら、網の上で冷ます。

クリームを作る

材料

  • 牛乳…300g
  • 卵黄…3個
  • グラニュー糖…75g
  • 薄力粉…25g
  • 生クリーム(35%のもの) …150g
  • バニラペースト…小さじ1/2(なくても可)

作り方

  1. 鍋に牛乳を入れ、温めておく。
  2. ボウルに卵黄・グラニュー糖・薄力粉を入れ、ホイッパーで混ぜる。

  3. 卵黄のボウルに温めた牛乳を2回に分けて入れ、ホイッパーで混ぜる。
  4. 茶こしでこしながら、牛乳を温めた鍋に戻す。
  5. 中火にかけ、ホイッパーで絶えず混ぜながら炊いていく。

  6. 徐々にかたくなってもったりとしてくるが、火を止めず、混ぜながら炊き続ける。
  7. もったりとかたかったクリームが、とろっとやわらかくなったら、カスタードクリームの炊き上がり。
  8. 火から下ろす。

  9. 清潔なバットに広げ、ピタッとラップをする。
  10.  
    氷水の入ったビニール袋を上に置いて、急冷。ある程度冷えたら、氷水をのせたまま冷蔵庫へ移し、中まで完全に冷やす。

  11. 網とカードを使い一度裏ごしたものをボウルに移し、ハンドミキサーの羽を1本だけ付けて、練り直す。
  12.  
    *とろとろのクリームにしたいので、ここでしっかりと練り直すのがポイント!

  13. 別のボウルで生クリームをかため(10分立て)に泡立てる。
  14. カスタードと生クリーム(好みでバニラペーストも)を合わせ、ゴムベラでしっかりと混ぜ合わせる。
  15. *ツヤがあってとろりとするまで混ぜてください。

仕上げ

作り方

  1. シュー皮に菜箸で穴を開ける。
  2. *なるべく目立たない場所に開けましょう。

  3. シュー用口金を付けた絞り袋にクリームを入れ、穴からたっぷり絞り入れる。
  4. 粉糖(分量外)を軽く振れば、やわらかシュークリームの出来上がり!

サクッと軽くやわらかい生地にたっぷり詰めた、クリームのとろ~り感が伝わりますか?

「とろけるカスタードの柔らかシュークリーム」の詳しいレシピページはこちら

やわらかシュークリームを作るポイント

シュー皮

植物油を使う

バターの代わりに植物油を使用すると、軽くあっさりした風味のシュー皮に。

今回はバターの香りも楽しめる、サクッと軽い食感を目指して作りました。

水分は水のみ、粉は薄力粉のみを使う

水と薄力粉を使って作ると、やわらかな食感のシュー皮に。

牛乳や、薄力粉よりタンパク質の多い強力粉を使用すると、フランス流のザクッパリッとした濃い焼き色の生地になります。やわらかなシュー皮を目指すなら不使用で!

カスタードクリーム

薄力粉の量を少なめに

薄力粉をやや少なくして炊き上げると、粘度の低いカスタードに。

しっかりと練り戻し、乳脂肪低めの生クリームと合わせる

コシを切るようにしっかり練り戻すと、とろりとしたクリームに仕上がります。
乳脂肪低めの軽い生クリームと合わせると、よりとろける食感のクリームの出来上がり♪

クリームを注入して一晩置くと、クリームの水分がなじんで、シュー皮がよりやわらかく。コンビニやスーパーで売っている、袋入りの「あの食感」に近くなりますよ。

どこか懐かしい味わいのシュークリーム♪


ひとくち頬張れば、誰しもにっこり笑顔になれるやわらかなシュークリーム。
このレシピでエクレアを作ってもおいしいですよ。

やわらかシュークリームが恋しくなったら、ぜひ作ってみてくださいね☆

【おすすめの特集】シュークリームレシピシュークリームレシピの特集はこちら
date
2021/02/19
writer
nyonta
category
お菓子作り

製菓学校卒業後、ホテルやケーキ屋さんで働いていた経験を活かして、毎日楽しくお菓子作りしています。旬の食材で作る季節感のあるお菓子が大好きです!

この記事にコメントを書く

コメントを残す

かくれんぼパウンドケーキの作り方

目でも楽しめるかくれんぼケーキ 数年前から人気の「かくれんぼケーキ」。 かくれんぼケーキとは、その名前の通り、中に何かが隠れているケーキのことです。 一見普通のケーキなのに、切り分けるとフルーツやお菓子がごろごろと出てき...

簡単焼き菓子で作るおうちパフェレシピ

おうち時間を楽しむオリジナルパフェを作ろう フルーツやクリームなど、いろんな食材をグラスに重ねて作るパフェ。 カフェなどで定番のスイーツですね♪ パフェは、フランス語の「パルフェ(parfait)」が語源といわれています...

line

line

line

line

sugar

cottalicense

cottalicense

公式SNSをフォローしておすすめ情報を受け取ろう♪

cotta columnでは、お菓子・パンづくりが大好きな人達が役立つ情報を配信しています。