cotta column

バゲットとバタールの違いは?フランスパンの種類を知ろう!

date
2021/06/28
writer
miharu
category
パン作り

フランスパンの違い、知ってる?

バゲットやバタールをはじめとしたフランスパンには、さまざまな種類があるのをご存じでしょうか。

ひとつの生地から、形や大きさの違うパンが作られており、それぞれに名前が付けられているのです。そして、同じ生地なのに、味わいもさまざま。

今回は、フランスパンの種類と特徴について解説します。

フランスパンとは

フランスパンとは、パンの基本材料である小麦粉・パン酵母・塩・水で作られた、フランスを発祥とするパンの総称。
形状・生地重量・長さによって名付けられ、棒状のものはクープの数もだいたい決まっています。

ただしこれは、フランスの決まり。日本だと、生地重量・長さ・クープの数が異なることも。

このコラムでは、フランスで標準的な生地重量・長さ・クープの数を基に、バゲットやバタールをはじめとしたフランスパンをご紹介していきます。

パン屋さんでなじみ深いバゲットとバタールの違いは?

バゲット


フランスの家庭で最も食べられているのが「バゲット」。細長い形から、「棒」や「杖」を意味する名前が付けられました。

形は棒状・生地重量は350g・長さは68cm・クープの数は7本。

クラム(中身)よりも、クラスト(外皮)の香ばしくパリッとした食感が醍醐味。クラスト好きな方におすすめです。

家庭用オーブンで長さが68cmほどあるバゲットを焼くのは難しいため、今回はベーカリーで購入してきたバゲット(長さ65cm)を撮影しています。

バタール


日本で好まれているのが「バタール」。「中間の」という意味で、「バゲット」と「ドゥ・リーヴル」の中間の太さというところから名付けられました。

形は棒状・生地重量は350g・長さは40cm・クープの数は3本。

生地重量はバゲットと同じですが、短くて太めなところが特徴。
パリっとしたクラストよりも、やわらかくモチモチとしたクラムのおいしさが味わえるので、クラム好きの方におすすめ。

写真は、バゲットと同じベーカリーで購入したバタール(長さ40cm)です。

バゲットとバタールのサイズを比較

並べてみると、生地重量が同じでも、長さと太さが違うと随分と感じが変わりますね。

バゲットとバタールを家庭用オーブンで焼いてみた

生地量を調整すれば、ご家庭でも一回り小さいバゲットとバタールが焼けますよ。

生地重量は200~250g、長さはバゲットとバタールの比率が3:2くらいを目安にすると○
クープの数はバゲット4~6本、バタール3本くらいでしょうか。
オーブンのサイズに合わせて調節してみてくださいね。

我が家のオーブンでバゲットとバタールを焼いてみました♪

参考レシピ『オートリーズで作る フランスパン「バゲット」』のレシピページはこちら

その他の棒状のフランスパン

棒状のフランスパンには、他にもさまざまな種類があります。

ドゥ・リーヴル

意味は「ドゥは2つの、リーヴルは500g=1㎏」。
生地重量1000g・長さ55cm・クープの数3本。

パリジャン

意味は「パリっ子」。
生地重量650g・長さ68cm・クープの数5本

フィセル

意味は「紐」。
生地重量150g・長さ40cm・クープの数5本

さまざまな形に成形「パン・ファンテジー」

さまざまな形に成形されたフランスパンは「パン・ファンテジー」と呼ばれ、サイズもいろいろ。
小さいものはレストランなどのお食事用に、大きなものはお店のディスプレイに使用されることもあります。

クッペ

「切られた」という意味。フットボールのような形で、クープが中央に1本。
やわらかいクラムの部分が多く、日本で人気のある形。

エピ


「麦の穂」という意味で、日本では「ベーコン・エピ」でおなじみ。
短いものから長いものまでサイズはいろいろ。カリッと香ばしく、ちぎって食べられるのが特徴。

ブール


「ボール」という意味で、「ブーランジェ(パン職人)」や「ブーランジェリー(パン屋)」の語源。
クラムのしっとりやわらかい食感がお好みの方におすすめ。

ファンデュ


「割れた、双子」という意味。真ん中の割れ目はめん棒を押し付けて作ります。
しっかりとしたクラストとやわらかいクラムの両方が楽しめるパン。

タバチェール


「たばこ入れ」という意味。丸めた生地の端を薄くのばしてフタのようにかぶせた形が似ていることからこの名前に。
カリカリのフタの部分とふんわりとしたクラムが味わえます。

シャンピニョン


「きのこ」という意味。丸めた生地に丸く薄くのばした生地をのせた姿は「きのこ」にそっくり。
かさの部分はカリカリと香ばしく、クラムはふんわりソフトな食感。

形いろいろ♪バラエティ豊かなフランスパンを楽しもう


パンの基本材料である「小麦粉・パン酵母・塩・水」で作られるフランスパン。

小麦の味や香り、パリッとしたクラストとやわらかなクラムは、形状や生地重量などを変えることにより、見た目もおいしさもバラエティ豊かに。

ぜひ、さまざまなフランスパンをお楽しみください。

date
2021/06/28
writer
miharu
category
パン作り
miharu

「楽しみながらパン作り」をモットーに、日々パンやお菓子作りに励んでいます。
パン教室主宰。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

食パンのトースト方法

どんなトーストがお好みですか? “トースト”! 言葉にしたらなんてことはないこの言葉。でも、かなり奥が深いと思うんです。 パンに適度に水分が残っていてパサついていないこと、それでいて香ばしいこと。これが私の思うおいしいト...

パウンド型で焼くワンローフ食パンのレシピ

パウンド型を使ってパンを焼いてみよう! ケーキ型でおなじみの「パウンド型」を使って、小さなサイズの食パンを焼いてみませんか? 今回は「ワンローフ」と呼ばれている成形で、ふんわり軽い食感の食パンが作れるレシピをご紹介します...