cotta column

イギリスのショートケーキ「ビクトリアスポンジケーキ」の作り方

date
2018/05/18
writer
chiyo
category
お菓子作り

ビクトリアスポンジケーキを知っていますか?


ビクトリアサンドイッチケーキとも呼ばれる、ビクトリアスポンジケーキ。

イギリスでは日本のショートケーキに匹敵する、メジャーな存在のケーキです。
名前は高貴なイメージですが、構造はかなりシンプル。
2枚のスポンジにラズベリーのジャムをサンドした、とってもシンプルなケーキなんです。

今回は、ビクトリアスポンジケーキの作り方をご紹介します。

イギリス流のスポンジケーキとは?

午後の紅茶のお供にこのケーキは外せない!っていうほどイギリスらしいこのケーキ。
アフタヌーンティーを好んだビクトリア女王にちなんで、この名前が付けられたとのこと。

スポンジケーキというと、私たちはフワフワでしっとりした食感を想像するかと思うのですが、イギリスではずっしり重ため。
作り方はパウンドケーキに似ています。しかし、空気を含ませて軽く仕上げるのではなく、木べらなどでざっくり材料を混ぜて焼き上げます。

木べらではなく、ハンドミキサーなどを使って作るレシピもありますが、薄力粉の成分の違いによって、日本で作るものとは出来上がりに差があります。
イギリスの小麦粉はタンパク量が多めなのでグルテンが出やすく、その分、重めの食感になります。

ビクトリアスポンジケーキの作り方


今回はホイッパーを使い、日本人好みになるよう重ためと軽めの中間の食感になるよう作りました。
分量は本場とほぼ同じですが、日本の薄力粉ですので、本場のものよりかなり軽めの仕上がりになっています。

ジャムはラズベリーではなく、いちごを使っています。
いちごジャムの作り方は、cottaコラム「ジャムを手作りしてみませんか」を参考にしてください。

材料 (12cmのラウンドのセルクル2台使用)

*セルクルを使っていますが12cmの丸型でも作れます。

  • 卵(Mサイズ)…1個
  • バター…60g
  • グラニュー糖…60g
  • 薄力粉…60g
  • ベーキングパウダー…小さじ2/3
  • いちごジャム…適量

下準備

  • バターは常温に戻しておく。
  • 卵は冷蔵庫から出して常温に置いておく。
  • 薄力粉、ベーキングパウダーを合わせてふるっておく。
  • 型に紙を敷いておく。
  • オーブンを160℃~170℃で予熱しておく。

作り方

  1. ボウルにバターを入れて、ポマード状になるまでホイッパーで混ぜる。
  2. グラニュー糖を3回に分けて加える。加えるたびにホイッパーでしっかり混ぜる。
  3. ほぐした卵を4回に分けて加えていく。加えるたびにホイッパーでしっかり混ぜる。
  4. *分離しないように、必ず4回に分けて加える。

  5. ふるった小麦粉とベーキングパウダーを2回に分けて加える。加えるたびに木べらで切るように混ぜる。
  6. 紙を敷いた型に生地を半量ずつ入れる。
  7. 160℃~170℃で予熱したオーブンに入れ、18分~20分間焼成。
  8. 焼きあがったら型を外し、紙を取り、冷ます。
  9. 1枚にいちごジャムを適量塗り、その上からもう1枚のスポンジを重ねる。
  10. 粉糖を振って、出来上がり。

  11. *2時間程置いて、ジャムがなじんでからカット。

挟む材料はジャムに限らず、いちごやクリームなど、いろんなものを試してお気に入りを見つけてください。

「ビクトリアスポンジケーキ」の詳しいレシピページはこちら

気軽なショートケーキを楽しんで

素朴で簡単に作れるスポンジケーキ。
日本のスポンジケーキとは違って、かなり簡単に作れるかと思います。

気合いを入れて作るショートケーキもいいですが、たまには肩の力を抜いて、気軽な気持ちで作るショートケーキもいいかもしれませんね。
ぜひ試してみてください。

date
2018/05/18
writer
chiyo
category
お菓子作り

口に入れた瞬間に笑顔いっぱい広がるようなお菓子やパン作りまたそれを伝えていきたいと思ってます。不定期にお菓子教室開催。

この記事にコメントを書く

コメントを残す

矢羽根模様のロールケーキレシピ

はじめまして。 お菓子レシピのブログ「型にはまったお菓子なお茶の時間」のanと申します。 タイトル通り、様々な形のお菓子の型が大好きなのですが、ブログでは定番の型を使ったお菓子や、型を使わずに作れるお菓子も多くご紹介して ...

おいしい粒あんの炊き方をお教えします

粒あんを炊いてみよう! 和菓子を作る際に欠かせない存在の「あん」。 小豆から作る出来たての新鮮なあんは格別なおいしさです。 今回は、あんの中でも一番作りやすい、基本の粒あんの作り方を解説していきます。 小豆は水に漬けてお ...