5,900円以上ご購入で送料無料! - 3/1(金)16:00まで

cotta column

お菓子・パン作りの知的好奇心を満たす情報メディア

スイスロールのレシピ・作り方

date
2022/12/06
writer
Ordinaire
category
お菓子作り

みんな大好き!スイスロールをおうちで作ろう

昔からおなじみの、厚みのあるスポンジ生地でバタークリームを巻いた優しい雰囲気のスイスロール♪

今回のコラムでは、オーブン付属の天板でロール生地を焼き、ハンドミキサーでホイップするだけの簡単バタークリームで、懐かしのスイスロールが再現できるレシピをご紹介します。

スイスロールとは

スイスロールとは、薄く焼いたスポンジ生地でクリームやジャムを巻き込んだお菓子。

スイスの「ルーラード」というお菓子をもとにして作られ、「スイスロール」と名付けられたといわれています。

スイスロールのレシピ(長さ35cm程度のもの1本分)

バタークリームはすべりにくいので、ロールケーキ初心者の方でも巻きやすくておすすめです。

共立てロール生地を作る(36cm×26cm程度のオーブン天板1枚分)

ご自宅のオーブン天板の大きさにあわせて、分量の調整を。
レシピのものより小さな天板の場合は、卵を5個→4個に変更し、他材料も卵に合わせた分量で作ってくださいね。

材料

  • 卵(Mサイズ)…5個分(約260g)
  • 細目グラニュー糖…110g
  • 薄力粉(バイオレット)…110g
  • 無塩バター…20g
  • 牛乳…25g

下準備

  • 薄力粉をふるっておく。

  • オーブン天板の底の大きさに合わせてカットした紙を敷き、その上に天板よりも少し高くなるように紙2枚を少しずらして敷き込み、四隅に斜めに切り込みを入れてサイドを立たせておく。

    *今回は底面が表に出るように巻くので、焼き色が付きにくいように底に紙を敷いて調整します。

  • 無塩バターと牛乳を同じボウルに計量しておく。

  • フライパンに湯煎用のお湯を準備する。

  • オーブンは実測で200℃程度になるように予熱しておく。
    オーブン用温度計などを使用すると良い。

作り方

  1. 大きめのボウルに全卵と細目グラニュー糖を入れ、泡立て器でなじむまで混ぜる。
    卵が常温(20℃台)になるまで、混ぜながら湯煎にあてる。

  2. 卵が常温になったら湯煎から外し、代わりにバターと牛乳のボウルを湯煎しておく。

  3. 卵のボウルをハンドミキサーの強でしっかり泡立てる。

    羽根に一瞬生地がとどまり、生地で書いた「の」の字がしばらく残るくらいまで、もったりとした生地にする。

  4. 薄力粉をもう一度ふるいながら入れる。
    泡立て器で手早く粉気がなくなるまで混ぜたら、ツヤが出るまで、さらに50回程度よく混ぜる。

  5. 温めておいたバターと牛乳のボウルに、4の生地をひとすくい入れる。

    泡立て器でなじむまでよく混ぜたら、4のボウルに戻し入れる。ゴムベラに持ち替え、なじむまで10回ほど混ぜる。

  6. 準備しておいた天板に生地を入れ、表面を平らに整える。

  7. 天板を数回落として余分な気泡を抜き、予熱しておいたオーブンに入れる。
    200℃で、10~15分間焼成。

  8. 竹串を刺して何もついてこなくなったら取り出し、紙を付けたままアミにのせる。

    底に敷いていた紙をかぶせ、全体にラップをかけて乾燥しないように冷ます。

バタークリームを作る

バタークリームが重く感じる方は、2/3程度の量でお作りになるのも良いと思います。
クリームの量は、お好みでOK!

材料

  • 無塩バター…180g
  • 粉砂糖…60g
  • 牛乳…大さじ3(45g)
  • バニラエクストラクト…小さじ1/2

下準備

  • 無塩バターと牛乳を常温に戻す。

作り方

  1. やわらかくしておいた無塩バターをゴムベラでほぐし、粉砂糖をふるい入れる。
    牛乳の約半分とバニラエクストラクトも入れ、全体をなじませる。

  2. ハンドミキサーの強で約3分間泡立てたら、残りの牛乳も入れる。
    ふわっとするまで、さらに3分間程度よく泡立てる。

クリームを巻いて仕上げる

作り方

  1. 生地が完全に冷めたら、そのままそっと裏返して紙を丁寧に剥がす。

  2. 上からきれいな紙(クッキングシートなど)をかぶせ、滑り止めのためにシルパット(あれば)をのせてひっくり返す。

  3. ラップと紙を外し、上部の生地を波刃ナイフで斜めにスライスする。
    *生地を切り落としておくことで、巻き終わりの座りがよくなります。

  4. 全体にバタークリームを塗り広げる。
    *巻き始めの部分は、ほんの少し厚めに塗るのがコツ。

  5. 巻き始めに芯を作るようにそっと生地を折り曲げる。
    生地を押さえながら、しっかりと巻いていく。

  6. 巻き終わったらカードで生地を締め、隙間ができないようにする。

  7. サイドのクリームをゴムベラにきれいにしたら紙で全体を巻き、乾燥しないようラップをかぶせて1時間以上冷蔵庫に入れる。

  8. 熱湯をかけて拭いた波刃ナイフで、そっと両端をカットする。

  9. 完成。

おいしい食べ方

今回のレシピは、バタークリームの質感にあわせてある程度しっかりとした生地にしています。

そのため、召し上がるときは1時間ほど常温に戻してからがおすすめ。
全体がなじんで、やわらかくなっておいしいですよ。

レシピのポイント

ロールケーキは、生地の状態が最大のポイント!しっとりきめ細かい生地を作りましょう。

ポイント1.粉をしっかり混ぜる

きめ細かいロールケーキ生地を作るのに大切なのは、粉をしっかりと混ぜ合わせること。

気泡は油脂が入るまでは消えにくいので、ツヤが出るまでしっかりと混ぜましょう!

ポイント2.乾燥させない

焼けた生地は、乾燥させないように注意!
乾燥すると、巻くときに割れてしまいます。

紙とラップで、しっかりカバーしてくださいね。

アレンジするなら

生地をココア味や抹茶味にしたり、クリームにコーヒー液を入れたりすると、大人向けのデザートに。

ビュッシュドノエル(ブッシュドノエル)の土台にするのも◎

懐かしい味を思い出しながら、おうちベーキング♪

しっとりきめ細かなロールケーキ生地に、バターの風味豊かなクリームを巻き込んだスイスロール。

工程に沿ってきっちり仕上げれば、きれいな断面が楽しめますよ!
バタークリームは混ぜるだけと簡単なので、ぜひおいしいバターで作ってくださいね♪

【おすすめの特集】ロールケーキレシピロールケーキレシピの特集はこちら

date
2022/12/06
writer
Ordinaire
category
お菓子作り
注:記事内容やレシピ・画像の転用・掲載などの二次利用はお断りしております。

図画工作の延長で製菓学校に入学、卒業後はお菓子教室主催。 本格スイーツも“おうちで作ってみたい“を叶えられるシンプルなレシピを考えています!

コメント

この記事にコメントを書く

コメント

ニックネーム

※ コメント反映までにお時間をいただきます。コラム内容に関係のないコメントや、個人的なご相談などは公開を控えさせていただく場合がございます。

おすすめのコラム

TAPICOで作る、冷たいチェーレシピ

暑い夏にぴったりの冷たいチェーチェーはベトナムのスイーツ。ベトナムは南北に長い国のため、食べる場所によってチェーもスタイルが変わってきます。以前、【TAPICOで作る、ベトナムスイーツ「チェー」】のコラム記事で、北部の温...

【失敗なし!】チョコロールケーキのレシピ

人気スイーツ・チョコロールケーキが失敗しないコツ、教えます!ココア入りの生地は気泡がつぶれやすかったり、膨らみづらかったりと、プレーンな生地より少し難易度が高いですよね。今回のコラムでは、ちょっとしたコツでチョコロールケ...

家飲みにも◎ おつまみお菓子レシピ4選

おつまみお菓子とお酒でリフレッシュタイムを♪頑張った一日のご褒美に、おうちで晩酌をするひととき…。そんな至福の時間に欠かせないのが、やっぱりおいしい「おつまみ」。そこで今回は、おつまみにぴったりなお菓子のレシピをご紹介し...

シースケーキのレシピ、パウンド型で長崎名物を作ろう!

長崎県のご当地菓子・シースケーキ長崎名物「シースケーキ」をご存じでしょうか?ふわふわスポンジにカスタードクリームをサンドし、生クリームと缶詰めフルーツを飾った素朴な味わいのケーキ。今回のコラムでは、パウンド型を使用したシ...

ホットケーキミックスで作るザッハトルテ

手軽にザッハトルテを作ってみませんか?オーストリア・ウィーンの伝統的なチョコレートケーキ、“ザッハトルテ”。チョコレートの入ったバターケーキ生地の間にアプリコットジャムを塗り、表面をチョコレート入りのフォンダンでコーティ...

おすすめ PICK UP!

スイスロールのレシピ・作り方